2011年08月09日

草花館ユウスゲ最盛期です!

本日2度目のブログ投稿となります。軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ。

0809yusuge03.jpg
2011年8月9日 17:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

およそ60輪の月色花が品よく並んで咲いています。

0809yusuge02.jpg
2011年8月9日 17:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

開花数では今年最も多く、見ごろの最盛期と言ってよいでしょう。

 まだつぼみが多く残っているので、少なくとも今週いっぱいくらいまでは見ごろが続きそうです。

 天候にもよりますが、夕方3時ころからつぼみが開いてきますので、その時間以降にご来館いただくと美しいユウスゲの姿がご覧いただけるかと思います。

 もちろん館内には石川功一のユウスゲ作品も多く展示されていますので、ユウスゲの開花時間でなくとも、作品のユウスゲはご覧いただけます。

0809yusuge_chirashi.jpg
上の画像をクリックすると軽井沢草花館のホームページが表示されます。ご来館の参考にご覧ください。



posted by kusabanakan at 18:23| ゆうすげ日記

8/9ユウスゲ60輪近く開花!

 今日も、一番気温の高くなる午後2時半ころになって激しい雨が降り、一気にクールダウン。涼しくなっています。
 16:00現在、軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲは60輪近いつぼみが開きかけています。

0809yusuge01.jpg
2011年8月9日 16:00 軽井沢草花館のユウスゲ(アサマキスゲ) 

この夏、一番の開花数となりそうです。

ユウスゲの作品(水彩スケッチと油彩画)と共に鑑賞にご来館ください。17時まで入館可能です。
軽井沢草花館HP http://www.kusabana.net


posted by kusabanakan at 16:09| ゆうすげ日記

可愛いヒメミカンソウ(3)睡眠運動

 昨年プランターに入れて鑑賞していた一株のヒメミカンソウ

 今年になってプランターいっぱいに増えました。

0808mikan01.jpg
プランターいっぱいに増えたヒメミカンソウ

 一株で鑑賞していた時よりもはるかに可愛いらしく、また微風にゆらゆらと揺れる風情がとても気に入っているところです。

 この草をよく観察するようになってから、おもしろいことに気が付きました。
 日が暮れたり、雨が降って周辺が薄暗くなると、葉っぱをたたんでしまうのです。

0807mikan02.jpg
暗くなって、葉っぱをたたんでしまったヒメミカンソウ

これまた可愛らしいではありませんか

 調べてみると、これは植物の睡眠運動」、あるいは「就眠運動」と呼ばれる習性だそうです。
 どういう意味を持つのかまで調べきれませんでしたが、そういえば軽井沢草花館の駐車場にたくさん生えているカタバミの葉っぱもも同じように閉じているのを見かけます。ヒメミカンソウだけの習性ではないようです。

0807mikan01.jpg
閉じた葉っぱの隙間から見える実がキュート

 「何故、葉っぱを閉じているの?」と聞いてみたくなりますね。

 似たような行動で、花を閉じる植物もあるようです。タンポポがその一つで、暗くなると花を閉じて、明るくなると花が開くのだそうです。
 つぼみの時とはちょっと違うかな? と思うような花が閉じている状態のタンポポを見たことがありますが、これは睡眠運動で一時的に閉じていたのでしょうか。 今度タンポポを見たときには気を付けて見てみようと思います。

P.S.
昨日、軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲは52輪開花しました。本日も40輪前後の開花が期待できそうです。15時過ぎから花が開き始めます。



posted by kusabanakan at 11:42| 草花館日記