2011年08月10日

【展示紹介】フシグロ&シロガネ

 軽井沢草花館で展示中の作品紹介です。
 石川功一の描いたナデシコ科の2種、フシグロセンノウ(節黒仙翁)とシロガネセンノウ(白金仙翁)が展示公開中です

0810sennou01.jpg
軽井沢草花館 石川功一スケッチ フシグロセンノウ(左)とシロガネセンノウ(右)

 フシグロセンノウは夏の軽井沢では人気の花
野草とは思えないほど鮮やかな橙色の花が、山地の樹林下などではとても目立ち、エレガントな印象です。節の部分が黒いのでその名が付いています。

 一方、シロガネセンノウは、フシグロセンノウの白花で、軽井沢では元軽井沢町植物園園長だった故・佐藤邦雄先生が「軽井沢町内で採取した標本を基本標本として…※1」とあります。
 自生しているものはとても少なく、山で見ることのほとんどない花ですが、出会った時には気品のある姿に魅了されます。

※1引用:佐藤邦雄監修 軽井沢町教育委員会編集, 軽井沢町植物園の花,ほおずき出版

2つの作品は9月5日まで小さな美術館軽井沢草花館で展示公開中です。

詳しくは、小さな美術館軽井沢草花館ホームページ http://www.kusabana.net


タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 16:57| 展示紹介

今日も盛花8/10のユウスゲ

 今日は軽井沢でも晴れ30度を超える暑さとなりました。 ここ数日続いている昼過ぎの雨もなく、15時を過ぎてもまだ暑さが残っています。

 この暑さにも負けず、軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲは、いつものようにやさしく花を咲かせ始めています。

 15時を過ぎた時点で40輪以上が咲き始めています。

0810yusuge01.jpg
2011年8月10日 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 少なくても、今週いっぱいくらいまでは見ごろが続きそうですが、来週以降は徐々に開花数が少なくなっていきそうです。花の最盛期であるこの時期に是非ご来館ください。
 ※作品のユウスゲはいつでもきれいに咲いております。

※ユウスゲは夕方から咲いて、翌朝の日差しでしぼんでしまう一日花です。花の鑑賞は15時以降か、午前の早い時間帯(開館時間の10時過ぎ)がお勧めです。

軽井沢草花館ホームページ http://www.kusabana.net

posted by kusabanakan at 15:46| ゆうすげ日記

珈琲ポットのアシナガバチ(6)16日目の様子

 今日の軽井沢は30度前後にまで気温が上がる見通し。

 珈琲ポットの中で飼っているアシナガバチが暑さで弱ってしまわないか心配です。
 いつも、直接日差しの届かない涼しい所にポットを置いてはいるものの、風通しの悪いポットの中は良い環境とは言えません。

0810hachi01.jpg
2011年8月10日 軽井沢草花館 珈琲ポットのアシナガバチ

 今朝、いつものように綿棒に付けた蜂蜜を与え、様子を観察してみましたが、今のところ弱ったようなところも見せず、元気にしています。
 但し、蜂蜜だけではダメなようで、巣の中で成長中の「蜂の子」がいつの間にか少しずつ減っていっています。

ポットで飼い始めて16日目。

3匹目の蜂誕生となる日が訪れるのでしょうか?

 更に観察を続けます。

※昨日60輪咲いた軽井沢草花館のユウスゲ、今日も夕方からたくさんの花を咲かせそうです。




posted by kusabanakan at 11:55| アシナガバチ