2011年08月14日

8/14ユウスゲ40→50輪以上咲き始めました

 軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 一昨日の81輪から少し減少気味ですが、
 15:00現在、40輪ほどのつぼみが開き始めました。 としましたが、
 15:30になって、50輪以上に増えました。
 16:00になって、60輪近くにまで増えました。

 時間の経過と共に開花数が増えてきました。今日もたくさんの花を観賞できそうです。


0814yusuge06.jpg
2011年8月14日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ) 


0814yusuge05.jpg
2011年8月14日 16:00 軽井沢草花館 開花を始めたユウスゲ(アサマキスゲ)

0814yusuge04.jpg
2011年8月14日 15:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ) 

 ユウスゲのほか、オミナエシ、マツムシソウ、キキョウ、フシグロセンノウの花も今が花盛りです。


posted by kusabanakan at 15:09| ゆうすげ日記

ユウスゲの実が付きはじめました

 軽井沢草花館の小さな庭に咲くユウスゲも最盛期。
 残りのつぼみの数から考えると、ユウスゲの花期の折り返し時期と言えましょう。
 これから徐々に開花数も少なくなっていき、1週間後くらいからは開花数も一桁台に減るのではないかと予想しています。

 一昨日 81輪
 昨日 67輪

 さて、7月に咲き始めた花が、早くも実を付け始めています。

0814yusuge01.jpg
2011年8月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)の実 
 
 上の写真は、まだ熟していないので緑色をしていますが、これか秋にかけて褐色化していきます(下写真参考)。

0814yusuge02.jpg
軽井沢草花館 展示中の「ゆうすげの実」

 実の中には黒い種子(下写真)がたくさん(10~30程度)入っていて、こぼれた種がまた芽を出して子孫を残していきます。

0814yusuge03.jpg
2010年に採取したユウスゲの種子

 軽井沢草花館では、毎年秋に採取した種をプランターに撒いて育てています。(発芽から3~4年で花を咲かせるようになります)


posted by kusabanakan at 10:57| ゆうすげ日記

珈琲ポットのアシナガバチ(10)3,4匹目羽化できず

 残念なお知らせをしなければなりません。 巣穴から羽化しようとして白い膜を破り、なんとか頭を出したアシナガバチ。
 ところが、完全に外の世界に出るところまでには至らず、そのまま命を落としてしまいました。
 3日前にも同じような状況で、蜂の子が羽化できずに命を落としています。

0814hachi01.jpg
8月14日 コーヒーポットのアシナガバチ 巣穴の2匹は羽化出来ずに命を落としてしまいました。

 今日で飼育環境20日目となります。最初に誕生した2匹の蜂はたくましく生き抜いております。このような過酷(人工的)な環境で生き延びる強い生命力に感服します。

 さらに観察を続けます。



【珈琲ポットのアシナガバチの軌跡】

 ・7月25日、軽井沢草花館の外壁で発見
 ・7月25日、捕獲してタッパーに入れておいたところ、その日に1匹目が誕生
 ・5日目(7月30日)2匹目誕生
 ・6日目(7月31日)飼育環境改善のため珈琲ポットに引っ越し
 ・毎日、綿棒に付けた蜂蜜を与えながらの飼育。
 ・17
日目(8月11日)3匹目が巣穴から頭を出す。
 ・18日目(8月12日)3匹目巣から完全に出れないまま命を落とす
 ・19日目(8月13日)4匹目が巣穴から頭を出す。
 ・20日目(8月14日)4匹目巣から完全に出れないまま命を落とす



posted by kusabanakan at 08:42| アシナガバチ