2011年08月19日

【展示紹介】ツリフネソウ&キツリフネ

 石川功一が描いた草花油彩画の初期作品で、ツリフネソウとキツリフネの2種の花が描かれています。
 日本画のような独特の雰囲気を持つ油彩画法の特徴がよく表れた作品で、背景は同じトーンの色彩でありながらも、微妙な色の変化が見られます。

0819tsurifune01.jpg
石川功一 《ツリフネソウとキツリフネ》 油彩 10号 1989年

 主題である赤いツリフネソウと黄色いキツリフネの花が背景から浮かび上がるようにさりげなく存在感を見せ、野草の持つ楚々とした魅力を感じさせます。

 小さな美術館軽井沢草花館にて9月5日(月)まで公開中で、さらに9月7日〜10月10日次期展示期間も引き続き公開予定です。

詳しくは小さな美術館軽井沢草花館ホームページ http://www.kusabana.net

posted by kusabanakan at 21:54| 展示紹介

8/19ユウスゲ開花40→42開花

 30度を超える昨日の暑さから一転。今日は朝から雨が降り、気温も上がりません。
 日中の気温は20度にも満たず、涼しさを通り越して寒いです。

 15:30現在、軽井沢草花館のユウスゲは、
 40ほどつぼみが膨らんでいますが、開きかけたものは数個です。   ↓
  18:45 42輪開花しました。

0819yusuge01.jpg
2011年8月19日 15:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 今日のように気温の低い曇天日は、夕方になってもなかなか開花しないことがあり、すっかり日が暮れた後に花がを開くかも知れません。
 雨露に濡れたゆうすげのつぼみが、いつ咲けばよいのかタイミングを計っているのかのようです。

0819yusuge02.jpg
2011年8月19日 18:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 18:45を過ぎて、42の花が咲いていました。

 20日くらいまで、ユウスゲの花が見れるのではないかと予想していましたが、もう少しの延びそうです。
 天気予報ではしばらく気温が低くなりそうで、残っているつぼみが一気に咲き切ってしまうようなことはなさそうです。開花数は減っていくでしょうけれど、あと4〜5日はきれいな状態で咲いてくれそうです。

posted by kusabanakan at 15:52| ゆうすげ日記

可愛いヒメミカンソウ(4)

 軽井沢草花館ではヒメミカンソウ(姫蜜柑草)を育てています。

0819mikan03.jpg
2011年8月19日 軽井沢草花館 ヒメミカンソウ(姫蜜柑草) 

0819mikan01.jpg
2011年8月19日 軽井沢草花館 ヒメミカンソウ(姫蜜柑草) 上からの写真

 前回8月9日に様子をお伝えした時よりも大きくなっているようです。

 花はほとんど終わっています。
 少し斜めに傾いた茎。
 そこに、小さな果実が一列にぶら下がっています(下写真)。

0819mikan02.jpg
2011年8月19日 軽井沢草花館 ヒメミカンソウ(姫蜜柑草) 

実は直径2_程度しかないので、よく見ないと分かりませんが、
小さなお姫様のように可愛いミカンソウ。
風でゆらゆらと揺れるさまがとてもさわやかで癒されます。

現在、果実は緑色ですが、熟していくにつれて褐色化していきます。
また、ご報告させていただきます。



posted by kusabanakan at 10:10| 草花館日記