2011年09月28日

バライチゴが咲きました

夏の残暑も9月の下旬から急に秋めいてきました。
朝晩の気温も低くなり、いつの間にか日中の日差しがまぶしく感じるようになっています。

当館の小さな庭の植物は花も少なくなり、ユウスゲやキキョウの実が目立つようになりました。
そんな中で、小さな庭とは建物を挟んで反対側(建物の北側)の駐車スペースにきれいな花が咲きました。

0928baraichigo02.jpg
2011年9月28日 軽井沢草花館 バライチゴ


バライチゴの花です。

0928baraichigo01.jpg
2011年9月28日 軽井沢草花館 駐車スペースと建物の間に生えたバライチゴ

花は8月から咲いていましたが、この時期になっても咲くとはちょっとビックリです。
バライチゴはこの場所で(上写真:草花館駐車スペース)昨年自然発生したもので、今年は株がずいぶん横に広がりました。
茎にトゲがあるので増えすぎると厄介ですが、砂利敷きのままよりも緑があってきれいですし、建物を守ってくれているようにも感じられるのでそのまま生長を見守っています。


posted by kusabanakan at 12:39| 草花館日記

2011年09月24日

【展示紹介】ハキダメギク

3連休に入った途端に朝晩の気温が下がり、秋の深まりを感じます。
それでも日中は天気が良く、何をするにも気持ちの良さそうなお出かけ日和です。

さて、前回に引き続き、軽井沢草花館で展示中の作品を紹介します。

0921hakidame01.jpg
石川功一 《ハキダメギク》 水彩スケッチ 1987.7.16

小さいながら、よく見ると可愛い花です。
それなのに、漢字で書くと”掃溜め菊”。
ゴミを掃き溜めたような場所で… というような意味に受け止めるほかなく、何とも気の毒な名前が付いています。

「改訂増補牧野新日本植物圖鑑」の中で「掃溜菊の意で著者の命名」と記述されているように、命名したのは、著者である植物学者の故・牧野富太郎博士。

北米が原産の帰化植物ですが、道端など国内のいたるところに広まっています。
軽井沢草花館でも、駐車スペースの砂利の隙間からしぶとく生えています。
作品のハキダメギクは軽井沢で7月16日に描いていますが、花期が長く、9月下旬となった現在でも軽井沢草花館の駐車スペースで咲いています。

作品の公開は、10月10日(月)までとなっております。
汚名返上ではありませんが、きれいに額装した可愛いハキダメギクを御覧にお出かけください。
タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 14:30| 展示紹介

2011年09月21日

【展示紹介】美人画《ペアの姉妹》

 今月7日より開催中の、「軽井沢の草花油彩展 第4期 初秋編」では、特別展示として、石川功一の美人画3点を展示しています。
 
0921bijin02.jpg
石川功一 《ペアの姉妹》 油彩 60号 1981年

 (上写真の中央)60号の油彩画「ペアの姉妹」は1981年に軽井沢のりんどう画廊で個展をした時に発表したもので、ペアの衣装をまとった姉妹の表情が魅惑的な作品です。

 この個展の会期中に軽井沢のいたるところで咲く草花が目にとまり、興味を持ったことが後に草花画への道に進むきかっけとなりました。
 この作品は、10月10日まで展示公開予定です。



開館15周年記念 石川功一 軽井沢の草花スケッチ油彩展 第4期 初秋編 10月10日まで
0809yusuge_chirashi.jpg
小さな美術館軽井沢草花館 ホームページ http://www.kusabana.net

タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 14:12| 展示紹介

2011年09月19日

ゲンノショウコ

軽井沢草花館の小さな庭に咲く草花

 9月16日でユウスゲの花期も終了。
 それでも、現在ワレモコウやマツムシソウを中心に、いくつかの草花が咲いています。
 その中の一つに、ゲンノショウコがあります。

0919gennoshouko01.jpg
2011年9月19日 軽井沢草花館 ゲンノショウコ(白と紅色)

 もともと、小さな庭には白いゲンノショウコしかありませんでしたが、4年ほど前に知人が庭で咲いていたという紅花ゲンノショウコを持ってきました。
 敷地の片隅にその紅花ゲンノショウコを植えてみたところ、わずか4年であっという間に広がり、今や白と紅が同数くらいにまで増えました。

 薬草としても良く知られ、乾燥させた葉は整腸の薬として利用されています。すぐに効き目があることから名が「現の証拠」になったと言われますが、草花館では試してみたことがありません。
 繁殖力旺盛で、時々除草の対象としています。

posted by kusabanakan at 14:10| 草花館日記

2011年09月17日

ユウスゲの種子収穫

 軽井沢草花館の小さな庭では、昨日で最後のユウスゲが咲き終わりました。
 2か月以上もの期間、花が咲き続けていたので、ちょっとさみしい気もしますが、また来年の開花を楽しみに待つことにしましょう。
 現在はユウスゲに替わって、マツムシソウとワレモコウが元気に咲いています。

 ユウスゲの花は終わりましたが、最初の時期に咲き始めたものは、すでに実が生って、種子のできたものがあります。

0917yusuge00.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 熟す前のユウスゲの実 2011年9月17日

実が熟すと、殻が割れて中から種子がたくさんこぼれます(下写真参照)

0917yusuge01.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの実が熟したところ 2011年9月17日

実がこげ茶色になって、上部が裂けてきたら、
中の種子を収穫します。

0917yusuge02.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 収穫したユウスゲの実 2011年9月17日

今日は、6つの実を収穫です!

0917yusuge03.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの実を割ったところ 2011年9月17日

実は、上の写真のように簡単に縦方向に割ることができます。
そうすると中ならたくさんの種子が!

0917yusuge04.jpg
軽井沢草花館の小さな庭 ユウスゲの種子を並べたところ 2011年9月17日

今日の収穫分を数えてみたところ
6つの実の中から138もの種子が採れました。

1つの実から平均23粒の種子が採れたことになります。

これを来春にプランターに撒いて、育てます。

種子から育てると、花が咲くまで3~4年。
気の長い話に感じるかもしれませんが、
大切に育てて、咲いた時のよろこびは格別です。

ユウスゲは多年草の植物なので、
同じ株が何年も続けて花を咲かせます。
軽井沢草花館で一番古い株のユウスゲは
2003年に種を撒いたものですので、今年で8年目。

とはいえ、ユウスゲにも寿命があるはずです。
根から株が増えている様子もないので、
毎年、種を撒き、新しい株を加えるようにしています。

posted by kusabanakan at 15:26| ゆうすげ日記

2011年09月16日

軽井沢草花館、今年最後のユウスゲが咲きました!

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

咲きました!
9月16日、15:50
今年最後のつぼみが開花しました。

0916yusuge03.jpg
2011年9月16日 15:50 軽井沢草花館 今年最後のユウスゲ(アサマキスゲ)

0916yusuge04.jpg
2011年9月16日 16:30 軽井沢草花館 今年最後のユウスゲ(アサマキスゲ)


 7月10日に咲き始めたゆうすげは2か月以上にわたって花期が続き、毎夕のように美しい姿を見せてくれました。開花数は合計して1,400輪あまり。
 2006年からこの小さな庭でユウスゲを咲かせていて、開花数からすると、最も多かった2008年の半分くらいと少なくなりました。
 それでも2008年当時とは違い、アカバナシモツケソウ、マツムシソウ、ワレモコウ等その他の花がしっかり根づいてきて、全体のにぎやかさから見ると、今年の方が見ごたえがあったように感じます。
 これから種の収穫です。毎年春になると、種をプランターに植えて、苗を育てています。

 来年もたくさんの花が咲きますように。また、撒いた種から芽が出ますように。
posted by kusabanakan at 16:08| ゆうすげ日記

9/16ユウスゲつぼみが開き始めました

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 予想通りに、最後のつぼみが開花し始めました。
 つぼみの咲きが裂けてきたので、あと1時間くらいで開花するのではないかと思います。

0916yusuge02.jpg
2011年9月16日 15:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 開花後にまた写真をアップする予定です。

posted by kusabanakan at 15:06| ゆうすげ日記

今年最後のユウスゲが今夕、咲きそうです!

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

今日になって、つぼみがふっくら膨らんできました!
今日の夕方に今年最後のつぼみが開花しそうです。

0916yusuge01.jpg
2011年9月16日 10:30 軽井沢草花館 今年最後のユウスゲ(アサマキスゲ)つぼみ

下の写真は昨日の夕方の状態なので、明らかにつぼみが膨らんでいることが分かります。

0915yusuge01.jpg
2011年9月15日 16:30 軽井沢草花館 今年最後のユウスゲ(アサマキスゲ)つぼみ


 7月10日に最初のユウスゲが咲いてから2カ月以上もの期間、開花を楽しませてくれたユウスゲたち。
今年最後のユウスゲをしっかりと愛でたいと思います。


posted by kusabanakan at 10:45| ゆうすげ日記

2011年09月15日

9/15ユウスゲ開花なし

 軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 今日も開花はありませんが、残り最後のつぼみが順調に生長しています。
9月に入ってからも毎日開花していましたが、5日に2輪咲いた後は1週間おいた12日に1輪、というふうに、だんだんと少なくなっていき、とうとう最後のつぼみの開花を待つのみとなっています。

0915yusuge01.jpg
2011年9月15日 16:30 軽井沢草花館 今年最後のユウスゲつぼみ(アサマキスゲ)

 残暑が厳しく、今日の軽井沢は最高気温26.9℃、最低気温18.6℃。
この数字は、軽井沢としては8月の一番暑い時期と変わらぬ気温です。
ここ1週間、同じような暑い日が続いていることも、ユウスゲが元気でいる要因になっているのかもしれません。
 あともう少しで開花しそうです!
 明日か、明後日か?
 天候が崩れないことを祈ります。








posted by kusabanakan at 17:56| ゆうすげ日記

2011年09月14日

9/14ユウスゲ開花なし

 軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 残りのつぼみもあと1つとなった軽井沢草花館のユウスゲ。
 昨日は開花せず、今日も開花はなさそうです。
 つぼみの状態は昨日から比べると、ほんの少しだけ大きななったような… 気がします。

0914yusuge01.jpg
2011年9月14日 15:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)つぼみ

0913yusuge01.jpg
2011年9月13日 17:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)つぼみ

 残暑が続いてくれているおかげなのか、つぼみも青々として元気です。開花がいつになるのか楽しみです。

posted by kusabanakan at 16:43| ゆうすげ日記

2011年09月13日

9/13ユウスゲ開花なし

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 中秋の名月だった昨夕、一輪のユウスゲがきれいに開花しました。
 まるで同じような色をした月の明かりとユウスゲの花。
 夕方から咲き始め、ひっそりと暗闇で咲くユウスゲには月明かりが似合います。

 今日の開花はありませんが、最後の一つとなったつぼみがまだ残っています。

0913yusuge01.jpg
2011年9月13日 17:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ


 9月も中旬となり、冷え込みが厳しくなると開花も危ぶまれますが、ここのところ残暑が続いているので、天気が崩れなければ、数日後には開花が期待できそうです。

posted by kusabanakan at 17:30| ゆうすげ日記

2011年09月12日

9/12ユウスゲ1輪開花しました!

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

1週間ぶりにユウスゲが咲きました!
わずか1輪ですが、残り2つとなっていたつぼみのうちの一つが開花しました。
月の色を連想させる上品な黄色。これから夜空にあらわれる中秋の名月と共にゆっくり愛でたいと思います。

0912yusuge02.jpg
2011年9月12日 16:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 もう一つ、最後のつぼみが残っていますが、咲いてくれるかどうか?
 軽井沢としては真夏並みの気温がここ数日続いており、さらに残暑が続きそうなので、ユウスゲの生長にとっては良い環境となりそうです。観察を続けます。

posted by kusabanakan at 16:36| ゆうすげ日記

9/12ユウスゲ1輪開花始めました!

軽井沢草花館の小さな庭に咲くユウスゲ

 結局昨日も開花せず、6日間連続で開花なしの日が続いていましたが、残っていた2つのつぼみの内、1つが花を咲かせ始めました!
 
0912yusuge01.jpg
2011年9月12日 15:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

 今日は、中秋の名月なので、満月と月色のユウスゲが一緒に見れそうです。
今年の中秋の名月が9月の前半と比較的早かったのと、ユウスゲの花期が遅くまで続いたことで、実現しました。
 ちなみに昨年の中秋の名月は9月22日、おととしは10月3日でした。

 残った最後のつぼみ(左側)は昨日の状態とほとんど変わっていないように見えます。このまま生長して咲いてくれるか微妙なところですが、しばらく残暑が続きそうなので、期待をもって観察を続けます。


posted by kusabanakan at 15:40| ゆうすげ日記

2011年09月11日

9/11ユウスゲ開花近し?

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 昨日まで、5日間続けて開花なしの日が続いています。
 残りわずか2つとなったつぼみですが、すこし黄色みがかってきたようです。
 下の写真(上:今日、下:昨日)で比べると、大きさは変わっていませんが、色が違って見えます。
 
0911yusuge01.jpg
2011年9月11日 12:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ


0910yusuge03.jpg
2011年9月11日 12:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

 もちろん、光の具合や、カメラの性能による色の違いがあると思いますが、昨日から少し変化の感じられるユウスゲは今日咲くでしょうか?


posted by kusabanakan at 13:13| ゆうすげ日記

2011年09月10日

9/10ユウスゲ、やはり開花はなさそうです

 軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 本日2回目の投稿です。今日、もしかすると花が咲くのではないだろうか?
と、にわかに期待をもって見ていたのですが15時半になっても開花の気配がなく、今日も「開花なし」となりそうです。

0910yusuge03.jpg
2011年9月10日 15:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

 (下の)正午の時の様子と比べると、「・・・」
 「まったく変わっていない」とも言えそうだし、「微妙にほんのちょっとだけ大きくなっている」とも言えそうですが、いずれにしろほとんど変化がないことだけは確かです。

0910yusuge01.jpg
2011年9月10日 12:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

 それでも、つぼみが枯れてしまっているようには見えないので、なんとか花が咲いてくれるのではないかと期待して観察を続けます。

posted by kusabanakan at 16:07| ゆうすげ日記

9/10ユウスゲ開花は?

 軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 9月6日〜9月9日の4日間は花が咲きませんでしたが、残り2つとなったつぼみがいつ咲くのか楽しみなところです。
 今日の正午の時点では下の写真のような状況です。

0910yusuge01.jpg
2011年9月10日 12:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

下の写真にある昨日の状態と比べて、ほとんど変わっていないように見えます。
今日も開花も難しそうですが、観察してまた報告いたします。

0909yusuge01.jpg
2011年9月9日 18:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ
※フラッシュを点けての撮影だったので黄色く見えますが、実際には上の写真のように緑色でした。



posted by kusabanakan at 12:30| ゆうすげ日記

2011年09月09日

9/9ユウスゲ今日も開花なし

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

 4日連続で開花なしとなりました。
 残りのつぼみが3つあったのですが、その内の1つが花を咲かす前に枯れてしまい、残りが2つとなってしまいました。
 
 (下に)今日と昨日の写真を続けて載せてみると、少〜し生長しているでしょうか?
 今日の写真はフラッシュを点けての撮影なので、実際よりも黄色く写っていますが、明日の夕方にでも咲くのではないか? と期待してしまうくらい、つぼみに筋が付いてきました。

 今朝は13.9度まで冷えましたが、日中は28.3度まで気温が上がりました。明日も今日のように気温が上がる予報なので、ユウスゲの生長にとっても良い条件となりそうです。
 開花を期待したいと思います。

0909yusuge01.jpg
2011年9月9日 18:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)


0908yusuge01.jpg
2011年9月8日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)



posted by kusabanakan at 18:57| ゆうすげ日記

2011年09月08日

9/8ユウスゲ今日も開花なし

軽井沢草花館の小さな庭のユウスゲ

一昨日から3日連続で開花なしとなりそうです。
残りのつぼみはあと3つ(2つの株)。

0908yusuge01.jpg
2011年9月8日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

0907yusuge01.jpg
2011年9月7日 15:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)のつぼみ

 上の写真(昨日と今日)で比べてみると、ほんのわずかですが昨日よりも大きくなってきているように見えます。7月から8月の暑い時期であれば、あっという間につぼみが大きくなって咲き出しそうなところですが、9月に入って気温も低くなり、日照時間、日差しの方向も変化してきています。
 無事に咲いてくれるとうれしいのですが… 観察を続けます。


posted by kusabanakan at 15:58| ゆうすげ日記

草花館の緑のカーテン(12)

 9月に入ってから台風の影響で雨が続いていましたが、6日からはすっきりとした天気となっています。朝晩も冷え込むようになり、台風を境にすっかり秋めいてまいりました。

 季節の変化に伴い、軽井沢草花館の緑のカーテンは日よけの役割よりも、癒しの効果の方に変っています。

0908midori01.jpg
2011年9月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン


 ジネンジョ(ヤマノイモ)、ノブドウ、ウチワドコロの蔓がネットにからまって生長していることは前述(1)〜(11)の通りですが、8月に入ってから、さらにオニドコロ(らしき)蔓も一緒に仲間入りしていたようです。

0908midori04.jpg
とりあえずオニドコロ…としてみましたが何の葉っぱでしょうか?

 オニドコロは、ウチワドコロとよく似ていますが、ウチワドコロのような葉っぱの切れ込みがなく、また花も異なります。それでも、なんとなく似ているもので、葉っぱだけで見分けることが難しいです。残念なことに”オニドコロらしき蔓”に花が付かなかったので、本当に「オニドコロ」でよいのかどうか自信がありません。”たぶんオニドコロ”として紹介します。

0908midori02.jpg
軽井沢草花館 緑のカーテン ジネンジョのムカゴ

 ジネンジョは生長が著しく、ネットの最上部まで蔓を伸ばした後、横へ下へと方向を変え、蔓を何重にも重ねるように伸び続けています。
 蔓の途中にはムカゴと呼ばれる、植物の栄養繁殖器官を付け始めています。どういう訳か、ムカゴが蔓の上の方に集中して付いているため、目線の高さで観察できないのが残念です。上の写真は、脚立を使っての撮影です。これから秋の深まりと共に黄葉していくのも楽しみです。

0908midori03.jpg
軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの実

 ノブドウの葉は緑のカーテンの大半の面積を占めていて、重要な存在です。
夏に付けた花から実が付いていて、だんだん大きくなってきました。まだ熟す前なので緑色をしていますが、青や紫などカラフルな色に変化していきます。普通は実の中に虫が入り込んで、中えい(虫こぶ)となることがほとんどのようなので、一見美しい色にはなりますが、食べれません。

 ウチワドコロは8月に花が咲きましたが、実が付きませんでした。特徴のある実が付くので、楽しみにしていましたが、来年に期待したいと思います。

 さらに観察を続けます。


posted by kusabanakan at 12:55| 緑のカーテン

2011年09月07日

軽井沢草花館「初秋編」に展示替え

展示のご案内です。

 本日9月7日より、「開館15周年記念 石川功一 軽井沢の草花スケッチ油彩展 第4期 初秋編の展示が始まりました。
 秋の七草(ハギ、キキョウ、オミナエシ、クズ、エゾカワラナデシコ、ヒヨドリバナ(フジバカマの代わり)、ススキ)やリンドウ、ワレモコウなど、晩夏から初秋にかけて咲く草花スケッチ30点と、代表作のユウスゲやレンゲショウマ等の油彩画作品21点、その他人物油彩画4点を展示しております。皆様のご来館をお持ちしております。
 10月10日(月)までの公開で、10月12日(水)からは「第5期 木の実編の展示に変ります。

0907tenji-rindo01.jpg
石川功一 《エゾリンドウ》 油彩 6号 2002年

美術館の詳細は以下のホームページをご覧下さい
0809yusuge_chirashi.jpg
軽井沢草花館ホームページ http://www.kusabana.net


posted by kusabanakan at 17:00| 展示紹介