2011年11月07日

大きなカマキリが… 

昨日の夕方、テラスの壁(屋外)に大きなカマキリが1匹。
壁にとまってじ~っとしていました。

1106kamakiri.jpg
2011年11月6日夕方 軽井沢草花館のテラスの壁のカマキリ

 ずいぶん大きなカマキリで、頭から尾の先まで10aほど。お腹が妙に膨らんでいたので、卵を持っている雌なのでしょう。 近くによってもカメラでフラッシュをつけて撮影しても微動だにしません。じ~っとしています。

 軽井沢草花館の小さな庭では7月頃に小さなカマキリをたくさん見かけたので、それが大きくなったのか? あるいは違う種類のカマキリなのか? チンプンカンプンではありますが、軽井沢草花館はカマキリにとって住みやすい環境にあるのかもしれません。 
  【参考】7月24日記事 カマキリがいっぱい

そして今朝、テラスの壁に目をやると、いました~!

1107kamakiri.jpg
2011年11月7日 軽井沢草花館のテラスの壁のカマキリ

 少し場所を移動して、ポスターを貼っているコルクボードにとまっていました! 写真で見る限り昨日のカマキリと同じカマキリのようです。
 (軽井沢草花館から小一時間ほどの場所にある)高峰高原のパンフレットを見ているかのような体勢。写真の草花が恋しかったのか、カフェのメニューに興味があったのか? 
 
 一時間ほどしてから再び確認したところ、姿はありませんでした。もう雪が降ってもおかしくない季節。お腹の大きなカマキリが産卵場所を求めてやってきたのかもしれません。
 軽井沢は明日から平年並みの冷え込みになりそうです。近くで、よい産卵場所を見つけていてくれていれば良いのですが。



posted by kusabanakan at 16:02| 草花館日記

草花館の緑のカーテン(16)

 軽井沢草花館の緑のカーテンは今年の役割を終えて、静かに姿を消しそうです。
 今年は11月に入って暖かな日が続いているとはいえ、緑のカーテンの葉は次々と散っていき、7日現在、残りは1割程度です。
 ノブドウ、ジネンジョ、ウチワドコロ、オニドコロと軽井沢に自生している4種のつる性植物をネットに絡ませて作った緑のカーテン。暑さ対策になったかは微妙なところですが… 少なくても、心理的に清涼感を与える効果はあったのではないかと思います。
 これら4種のつる性植物は、緑のカーテンとしてよく使われるゴーヤや朝顔と一緒で、秋になって落葉すると、蔓の部分も枯れてきれいになくなります。
 水さえきちんと与えていれば、特別な世話は必要ありませんでした。また、(特にノブドウに)虫が付くのではないかという心配もありましたが、問題ありませんでした。
 また、来年も緑のカーテンを作ってみようと思います。
 
1103midori.jpg
2011年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

1107midori.jpg
2011年11月7日 軽井沢草花館 緑のカーテン



posted by kusabanakan at 15:28| 緑のカーテン