2012年05月18日

【展示紹介】スミレ2種

軽井沢の町は若葉色ですっぽりと包まれていて、まさに新緑シーズン真っ盛りです。
さて、現在小さな美術館軽井沢草花館で公開中の展示作品紹介です。



ishikawa_kouichi_sumire.jpg
石川功一スケッチ 上:キバナノコマノツメ(黄花駒爪) 下:エイザンスミレ(叡山菫)

エイザンスミレは葉っぱのギザギザが特徴。軽井沢では4月下旬から5月にかけてが花期となります。
花期もそろそろ終わりに近づいているかな、という感じのスミレです。

一方、キバナノコマノツメはこれから咲き出すスミレ。鮮やかな黄色い花を咲かせ、気品のあるスミレです。
石川功一がこの作品をスケッチしたのは2001年6月28日。標高2,000m付近の(お隣小諸市の)高峰山周辺で描いています。

同じスミレでも、咲く環境や時期には大きな違いがあるようですね。作品は6月11日まで軽井沢草花館で展示公開中です。

 詳細は軽井沢草花館HPをご覧下さい↓
 http://www.kusabana.net
タグ:展示紹介
posted by kusabanakan at 11:00| 展示紹介