2012年05月20日

緑のカーテン2012(2)ネットの設置

5月10日にはプランターや路地(デッキ下)から次々と芽が出てきたことをお伝えしましたが、順調に生長しています。
蔓の背丈もぐんぐん伸びてきたので、昨日になって急きょ緑のカーテンのためのネットを設置しました。

20120520midori03.jpg
2012年5月20日 軽井沢草花館 緑のカーテンのネット

まだ植物が絡まっていないので、上の写真のネットも分かりづらいかも知れませんが、とりあえず2か所に設けてみました。1カ所は上写真で一番右の60cm幅程度の小さなカーテンネット。そしてもう1カ所は中央の柱から左へ1間分(180cm)ほどのカーテンネットです。
※ネットは昨年ホームセンターで購入。本来は「いのしし」侵入防止ネットとして売られていたものです

20120520midori01.jpg


デッキの下からは、昨年植えておいたウチワドコロやジネンジョらしき芽が次々と出てきていて、デッキの床レベルよりも高くなるものも出てきました。

昨年は、プランターに植えたものと、路地植えのものを一緒に育てて、カーテンづくりをしていましたが、今年は路地植えの株だけで十分カーテンが出来そうです。

というのも、昨年路地植えしたものが、土中で増えたのと、前回(5月10日)このブログでご報告したプランターの株も増えたので、株分けしてデッキ下に移植したからです。

20120520midori02.jpg


上の写真はプランターから芽を出したウチワドコロかジネンジョ?らしき苗ですが、取り出してみると根が横に伸びて、数か所から新たな芽がでています。根はとてももろく、ちょっと力を加えただけで折れてしまいます。ですから株分けが大変簡単です。

根は比較的浅いところで横に伸び、範囲をぐんぐんと広げるようです。繁殖力が旺盛のようなので、むやみに路地に植え付けると株がどんどん増えていって、一帯が蔓だらけになり、他の植物が育たなくなったりするでしょうから、毎年の管理に自信がない場合は路地植えせず、プランターで育てたほうが良いでしょう。
山の林道端などで見るウチワドコロやオニドコロも他の植物に覆いかぶさるように生えているので、要注意です。

20100810uchiwadokoro.jpg
2010年8月10日 シダに覆いかぶさる自生のウチワドコロ


次回につづく

posted by kusabanakan at 11:56| 緑のカーテン