2012年06月03日

イヌブナ日記(1)

イヌブナ日記

軽井沢草花館で実生のイヌブナを鉢に植えて育て始めました。
新しいカテゴリの日記として始めます。

inubuna03.jpg
2012年6月3日 軽井沢草花館 イヌブナ(4株)


軽井沢では少ないようですが、ブナが自生していて、石川功一もスケッチを残しています。
スケッチと言っても、花でも実でも、葉っぱでもなく、小さな実生のイヌブナです。

2010年、軽井沢草花館で「軽井沢の多様な草花展」を開催した時に、”豊かな自然の象徴に”という思いで、このイヌブナの実生のスケッチを通年展示していました。
とはいえ、実際のイヌブナの実生など見たことがなかったため、探すこと3年。今年初めて実生のイヌブナに出会いました。

5月8日、沢のある山地に大きなイヌブナが点々と生えていて、日当たりがよい林道上には、イヌブナの実生がたくさん芽を出していました。

inubuna01.jpg
2012年5月8日 軽井沢 イヌブナの実生


一見すると、シロバナエンレイソウのような姿をしていますが、幅が3~4センチしかありません。
小さいので知っていないと気が付かないでしょうけれど、本当に可愛い姿をしています。
(先端のピンク色の部分はこの後、ぐんぐんと伸びていき、冒頭の写真のように葉っぱを付けるのです)

いずれ、人や作業車に踏みつけられてしまう運命でしょうから、林道にそって発芽した無数の実生のうち4株を持ち帰り、鉢で育ててみることにしました。

inubuna02.jpg
2012年5月8日 軽井沢草花館 イヌブナ


これが、持ち帰った4株。
名前はまだありません。
濃い緑色の部分が葉っぱかと思いきや、子葉(しよう)というのだそうです。
葉っぱは、記事冒頭の写真のように付きました。

うまくいくか分かりませんが、生長過程を適時更新していきます。気長のお付き合いください。
※先日のヒョウで(5月28日記事参照)、せっかく付いた葉っぱが傷んでしましました…
 http://kusabanakan.sblo.jp/article/56113063.html

石川功一が描いたイヌブナ実生のスケッチを軽井沢草花館で6月13日(水)から7月23日まで展示公開する予定です。

つづく

posted by kusabanakan at 13:55| イヌブナ日記