2012年07月01日

緑のカーテン2012(6)ノブドウの葉の虫喰い

今日から7月です。
緑のカーテンの効果が期待される季節に入りました。
6月は平年よりも気温が低く、日照の少ない月となりましたが、草花館のカーテンは少しずつ緑の面積が増えてきています。

今回は、途中経過と、ノブドウの葉についた虫について報告させていただきます。

midori20120701-01.jpg
2012年7月1日 軽井沢草花館 緑のカーテン

相変わらず大部分の範囲を占めているのはウチワドコロの葉っぱですが、6月下旬になってからはノブドウの生長も著しく、競い合うように蔓を伸ばしています。

また、上の写真でもわかるように、はじめに芽を出したウチワドコロの葉は早くもネットの最上段にまで達しています。それまでは一本の蔓がネットに絡んでいましたが、最上段に達した後は、蔓が何本かに分岐し、右に左にとさらに範囲を拡大しています。

次に、ノブドウの葉についた虫についてです。

midori20120701-03.jpg
2012年7月1日 緑のカーテン 虫に喰われたノブドウの葉

今朝、葉っぱが穴だらけになっているのに気が付きました。
葉っぱの裏側を見てみると、太さ1_位、長さ1a程度の細長くて緑色の芋虫が葉脈に沿って、5〜6匹付いていました。昨年には見られなかったもので、今年初めてです。

ウチワドコロやジネンジョの葉にも所々、虫にかじられた跡がありますが、やってくる虫の種類が違うようで、葉っぱの端が欠けていくようなかじられ方です。
他の葉にも同じ虫が付いていたので、すぐに駆除をしました。(写真を撮り忘れました!)

先月はじめから食品原料(ヤシ油、でんぷん)から作られた家庭菜園用の殺虫殺菌剤「カダンセーフ」(フマキラー)を時々まいて、予防をしていたのですが、こうした虫が付くのはある程度仕方のないことでしょう。

さらに、世話&観察をつづけます
posted by kusabanakan at 14:18| 緑のカーテン