2012年07月08日

緑のカーテン2012(8)ウチワドコロvsノブドウ

軽井沢草花館の緑のカーテンは7月に入ってから、ノブドウの葉が立派になってきました。

uchiwa06-20120708.jpg
虫喰いの葉がノブドウ、細長いハート形がジネンジョ、それ以外はウチワドコロ

それまでは、ウチワドコロの葉っぱが緑のカーテンの面積の大半を占めていました。
しかし、もともとノブドウの方が葉が大きく、また蔓が分岐する頻度も高いようで、生長が進むにつ入れて、ノブドウの勢力範囲がウチワドコロをしのぐほどになってきました。

uchiwa05-20120708.jpg
2012年7月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

もうじき梅雨も明け、本格的な夏に向かいます。
ウチワドコロvsノブドウの競争が、カーテン密度の上昇につながれば、省エネ効果にもつながると期待しています。

※忘れてはいけませんがジネンジョも健在です。他の蔓よりも遅いようですが、しっかりネットに絡み付いてきていて、これからの生長に期待しているところです。
posted by kusabanakan at 16:15| 緑のカーテン