2012年10月04日

緑のカーテン2012(17)ウチワドコロの実

先月30日は中秋の名月でしたが、台風の影響で、お月見どころではありませんでした。幸いにも雨風とも大きな被害が出ることもなく、過ぎ去って行ってくれました。
10月1日は台風一過の晴天日で、以降暖かな日が続いています。

暖かいとはいえ、緑のカーテンは秋の深まりと共に変化を続けています。
まずは、ウチワドコロに実が付いていました!

midori1004-01.jpg
2012年10月4日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの実

実の存在に気付いたのは9月25日ですが、実が生ったのはもっと早くからのようです。
単に気が付かなかっただけです…

今年はウチワドコロの蔓が増えて、花もたくさん咲きました。ところが、8月になっても9月に入っても実が生る気配はなく、花の房が、そのまま褐色して枯れているものばかり。そんなこともあって、あきらめていたのです。
落葉が始まった9月下旬に、何気なくネットの一番上の方に目を向けた時に、緑色をした実を発見。余りにも上部に生っていたので気が付かなかったのです。

長さ2aほどの実は、横から見るとハート形(軍配型)をしていますが、上から見ると、中心から3方向に線を引いたような、ちょうどベンツ(ドイツ車)のマークのような形で、とても造形的な姿です。
自生のものでは、うんざりするほど実がたくさん付いているものを見かけますが、種が飛んで増えすぎるのも困るので、これくらい、ささやかな数だけ実を付けてくれたのは、むしろ幸いです。

次に、ノブドウの紅葉(黄葉)です。
すっかり、黄色に変化しました。

midori1004-02.jpg
2012年10月4日 緑のカーテン ノブドウの黄葉

落葉もすでに始まっていて、葉っぱが大きいので落葉が進むにつれて、緑のカーテン全体の雰囲気が変わっていきそうです。

midori1004-03.jpg
2012年10月4日 軽井沢草花館 緑のカーテン

posted by kusabanakan at 11:01| 緑のカーテン