2013年05月31日

2013(10)発芽しました

プランターにまいたユウスゲの種が発芽しました!

0531yusuge02.jpg
2013年5月31日 軽井沢草花館 種から発芽したユウスゲ

3aくらいの細長い芽が同じプランター内に4つ出ています。
プランターに種をまいたのは4月23日でした。1ヵ月以上たっても発芽せず、もう一度やり直ししようかと思っていた矢先でした。
昨日、一昨日と雨が降ったり止んだりの天気だったので、発芽しやすい環境だったのかも知れません。

0531yusuge01.jpg
5月31日 プランター全景

現在、プランター三つ(二つは4/23、もう一つは4/30に種まき)にユウスゲの種をまいてあります。一つのプランターには70~80粒くらいの種をまいてあるので、今後、たくさん発芽してほしいと願っています。
posted by kusabanakan at 11:43| ゆうすげ日記

2013年05月30日

緑のカーテン2013(6)ノブドウ巻きひげ

軽井沢のある甲信越地方が昨日梅雨入りしたらしいと発表がありました。平年よりも10日、昨年よりも11日早いとのこと。
この2日間はぐずついた天気となっていて、緑のカーテンの植物たちは久々のまとまった雨に喜んでいることでしょう。

0530midori01.jpg
2013年5月30日 軽井沢草花館 緑のカーテン

midori0525-01.jpg
2013年5月25日 軽井沢草花館 緑のカーテン

さて、その緑のカーテンで生長中のノブドウが新たな展開を見せ始めました。
蔓からでた巻きひげが伸びてとうとうネットをつかみました!
(下の写真でいう、中央左の部分です)

0530midori02.jpg
2013年5月30日 ネットをつかんだノブドウの巻きひげ

こうして巻きひげがいろんなところをつかんでいきながら、長く伸びた蔓をしっかりと固定させていくのです。
ノブドウはプランターに植えた一株だけですが、繁殖力は旺盛で今年も緑のカーテンの主力として活躍してくれそうです。

つづく
posted by kusabanakan at 17:57| 緑のカーテン

2013年05月26日

イヌブナ日記(26)生長過程とツメクサ

イヌブナ日記(25)で虫喰いの報告をしてから10日が過ぎました。
毛虫を駆除してからは、葉っぱをかじられることもなく、順調に生長を続けています。
背丈を計測してみたところ、下写真より一番大きな実生(後方の鉢)で20a、前列3つの鉢のうち右と中央が10a、左が7aでした。

inubuna0526-01.jpg
2013年5月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生(2年目)

若葉が開きたてのころは、葉っぱがふわふわして”だらん”とうな垂れていましたが、だんだん葉っぱに強度が出てきて、シャキッとしてきたように思います。

inubuna0526-02.jpg
上から見たイヌブナ実生

また、鉢に雑草が生えてきました(下写真)。松葉のような細い葉っぱは「ツメクサ」。写真では分かりづらいですが、白い小さな花も咲きだしています。そして、スミレ、ゲンノショウコ、カタバミの葉っぱも確認できます。
こうして、草が生えていてくれた方が、土の乾燥を防いでくれそうなので、そのままにしておくことにします。

※5月はとにかく雨が少なくて日照が多いです。乾燥を防ぐのにありがたいフォローです。

inubuna0526-03.jpg
ツメクサなどの草が生え始めたイヌブナの鉢

観察を続けます
posted by kusabanakan at 16:36| イヌブナ日記

カラスvsアスター(4)

カラスvsアスター
カラス&アスター004.jpg
第4話

第2、第4日曜日に再連載
 
※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2013年05月25日

緑のカーテン2013(5)5月25日の様子

軽井沢草花館の緑のカーテンの様子です。

midori0525-01.jpg

2013年5月25日 軽井沢草花館 緑のカーテン

まだまだ、日差しを遮ってくれるような状態ではありませんが、着実に緑が増えています。ウチワドコロの蔓は6日前から比べて50a前後伸びているのではないでしょうか。一日にすると8aくらい。

0519midori01.jpg
2013年5月19日 軽井沢草花館 緑のカーテン

midori0525-03.jpg
5月25日 ウチワドコロ

midori0525-02.jpg
5月25日 ネットに絡み付くノブドウの蔓

ノブドウの生長も著しく、昨年の蔓の節から新たな蔓を出し始めました。どこまで蔓が伸びていくのか楽しみです。

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 12:56| 緑のカーテン

2013年05月24日

2013(10)日照時間長く、少雨の5月

5月はゴールデンウィークを含め、上旬の気温が低かったものの、中旬、そして下旬と気温の高い日が続いています。
また、特徴的なのは極端に雨が少ないこと。軽井沢の5月の平均降水量は110.7_ですが、今年は23日現在で28.0mmしか降っていません。週間予報をみても、今のところ5月末までにまとまった雨が降りそうな気配はなく、農作物等に影響が出なければ良いのですが…
その代りに日照時間はとても長く、23日現在ですでに211時間あり、残り8日間を残して軽井沢の5月の平均日照時間191時間を大きく上回っています。

軽井沢草花館のユウスゲは、毎日水やりを続けていることもあって、生育状況は良好です。
yusuge0524-01.jpg
2013年5月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター5年目)

プランターのユウスゲは背丈30a以上になっています(上写真)。自然に根付いたジシバリ(イワニガナ)の黄色い花がきれいです。

yusuge0524-02.jpg
5月24日 ユウスゲ(鉢植5年目)

鉢植えのユウスゲは背丈が40a以上に。

yusuge0524-03.jpg
5月24日 軽井沢草花館 地植えのユウスゲ

地植えのユウスゲも元気いっぱい。45a以上になっています。

P.S.
約1カ月前に種まきしたユウスゲは、まだ発芽していません。昨年の例だとすでに発芽して5aほどになっていました。もう少し様子を見て、場合によっては蒔き直しも検討したいと思います。

つづく
posted by kusabanakan at 12:59| ゆうすげ日記

2013年05月20日

2013(9)プランターから地植えに

種から育てて5年目か6年目になるユウスゲ(アサマキスゲ)の苗。
今日、プランターから地植えに替えました。

0520yusuge01.jpg
2013年5月20日 軽井沢草花館 種から育てて5~6年目の苗

背丈は20a以上あり、茎も立派に生長しています。これを丁寧に丁寧に掘り起こしました。

0520yusuge02.jpg
掘り起こしたユウスゲの苗

しっかりと根の張った苗が3つのかたまりとなって取れました。
ユウスゲはユリ科の植物なので、球根のような大きな塊の根が出てくるイメージがありますが、細い根が無数について、地面に根を張ります。

0520yusuge03.jpg
軽井沢草花館の庭に植え替えしたユウスゲの苗(3つのうちの1株)

上写真のように地植えにしてみても、他のユウスゲとそん色のない姿。今年は開花を期待したいです。

P.S.実はこのユウスゲの苗は、去年プランターから地植えしようとして失敗した苗で、今年2年目のチャレンジとなります。今年はうまくいきました!

詳細は関連ブログでご覧ください 2012年6月4日 ゆうすげ日記(9)根から復活

つづく

posted by kusabanakan at 16:01| ゆうすげ日記

2013年05月19日

緑のカーテン2013(4)ノブドウ葉が開く

緑のカーテンの植物は勢いよく生長を続けています。

0519midori01.jpg
2013年5月19日 軽井沢草花館 緑のカーテン

こうして(上の写真を)見ると、ネットはスケスケで、まだ何もない状態に見えます。
しかし、デッキ下の様子をみると、蔓性植物の芽がたくさん出て、ネットの下部に絡み始めているのが分かります。

軽井沢草花館の緑のカーテンは今年で3年目。植物の根っこ(地下茎)が広がって、地上に現れる株数が倍々で増えてきています。
現在、植えている蔓性の植物は、ウチワドコロ、オニドコロ、ジネンジョ(ヤマノイモ)、ノブドウ(プランターで栽培)といったところ。最初に勢いよく出てきたのはウチワドコロです(下写真)。

0519midori05.jpg
緑のカーテン ネットに絡むウチワドコロの蔓

下の写真は、ウチワドコロとは違う植物(一番右)。オニドコロ、あるいはジネンジョか? ウチワドコロよりも茎が太くて丈夫そうに見えます。葉っぱ完全に開くと、どの植物なのかがはっきりしそうです。

0519midori02.jpg
ウチワドコロ(左)とオニドコロ?(右)

また、木本植物のノブドウもぐんぐんと生長しています。ノブドウはプランターで育てていて、昨年の蔓(2.5bくらい)をそのまま残しておき、春になってから再びネットに絡めておいたところ、蔓の節の部分から芽が出てきて、そこから葉っぱが開き始めています。

0519midori03.jpg
軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの若葉

0519midori04.jpg
軽井沢草花館 緑のカーテン 節の部分から出てきたノブドウの新芽

ノブドウは木本(樹木の仲間)です。草本(草の仲間)のウチワドコロ等とは違い、昨年の蔓は冬を越して生き続け、大きくなっていきます。幹回りは昨年よりも太くなっているようです。地植えにしなかったのは、大きくなり過ぎた時にすぐに外せるように配慮したからです。

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 12:22| 緑のカーテン

2013年05月16日

イヌブナ日記(25)虫喰い

イヌブナは新緑の季節
2年目の実生も出たばかりの若葉が美しいです。

0516inubuna-03.jpg
2013年5月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生2年目

と、鑑賞に浸っていたところ、葉っぱが虫に喰われている跡を発見!

0516inubuna-02.jpg

よく見てみると、いました!(下写真)

0516inubuna-01.jpg

葉っぱの左端に何とも小さな毛虫が一匹
大きく拡大してみると(下写真)

0516inubuna-05.jpg

長さ5_程度の小さな毛虫がイヌブナの葉っぱをかじっていました…
出たばかりのイヌブナの葉は裏表共ふわふわのうぶ毛に覆われていてやわらか。きっと美味しいのでしょう。

で、この毛虫はいったい何者なのか?
分かりません…
とりあえずは、葉っぱが喰いつくされないように写真撮影後に毛虫を駆除しました。

観察を続けます
posted by kusabanakan at 20:59| イヌブナ日記

2013年05月15日

2013(8)ユウスゲの様子

ユウスゲの苗は順調に育っています。

20130515yusuge-01.jpg
2013年5月15日 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)の苗

ゴールデンウィーク明けから暖かな日が続き、苗の生長も活発です。路地植え、プランター、鉢植えとそれぞれ元気です。一番大きな苗は路地植えしてある株で高さ約33a(上写真中央)

20130515yusuge-02.jpg
5月15日 軽井沢草花館 プランター5年目のユウスゲ

プランターの苗で高さ約20a(上写真)

20130515yusuge-03.jpg
5月15日 軽井沢草花館 鉢植え5年目のユウスゲ

鉢植えは約30aにまで大きくなりました。



つづく
posted by kusabanakan at 15:52| ゆうすげ日記

2013年05月12日

イヌブナ日記(24)若葉は垂れ下がる

草花館のイヌブナ同様、自生地のブナも芽吹きを始めていました。

0512inubuna01.jpg
2013年5月12日 軽井沢のイヌブナ芽吹き

淡い緑の美しいイヌブナの葉っぱ。良く見るとだらんと下向きに垂れ下がっています。

0512inubuna02.jpg
だらんと垂れ下がったイヌブナの若葉

軽井沢草花館で育てているイヌブナの実生も、若葉が垂れ下がっています(下写真)


0510inubuna.jpg
2013年5月10日 軽井沢草花館 イヌブナ実生(2年目)

「元気がなく弱っている」わけではなく、どうやらイヌブナの若葉はだらんと垂れ下がるもののようです。
posted by kusabanakan at 20:42| イヌブナ日記

カラスvsアスター(3)

カラスvsアスター
カラス&アスター003.jpg
第3話

第2、第4日曜日に再連載
 
※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2013年05月11日

アシナガバチの巣を発見!

昨日の朝、草花館の外壁の窓枠の下に蜂が一匹

hachi0510-01.jpg
2013年5月10日 朝 軽井沢草花館 蜂?

はじめは、蜂がクモの巣に引っかかって、身動きが取れなくなっている状態だと思ったのですが、よく見てみると(下写真)

hachi0510-02.jpg

アシナガバチが巣をつくっているではありませんか!(2年前にアシナガバチを飼育した経験からすぐに分かりました)

でも、カメラを近づけてみても蜂はピクリとも動かず、じ~っとしています。死んでいるのか? そう思ったほど、微動だにせず、作り始めた巣にしがみついています。

そして、蜂をおなかの方から見てみたところ

hachi0510-03.jpg

驚いたことに、巣の中に卵が入っているのを確認。
アシナガバチは、完全に巣をつくり上げてから卵を産むのではなく、作っている最中から卵を産み付けるのだということが分かりました。

※安全のため、巣は写真撮影後に処分しました。蜂君ごめんなさい!
posted by kusabanakan at 06:00| アシナガバチ

2013年05月10日

緑のカーテン2013(3)絡まりはじめました

早くも、ウチワドコロ(らしき)の蔓がネットに絡まり始めました。

0510midori01.jpg
2013年5月10日 軽井沢草花館 緑のカーテン

昨日28.1度、今日25.1度と2日続けて夏日となりました。4月下旬から続いていた寒さが信じられないほどの暖かさ。この2日間だけで20aくらい蔓が伸びたように感じます。
デッキ下からはたくさんの(蔓性植物の)芽が出てきています。 つづく
posted by kusabanakan at 20:10| 緑のカーテン

2013年05月08日

緑のカーテン2013(2)ネット張り

前回(5月2日)のように、緑のカーテンとなるウチワドコロ(らしき)の芽が出てきたことから、それらを絡み付かせるためのネットをテラスの軒下に設置しました。

midori0508-01.jpg
2013年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテンのネット取り付け終了

ネットは昨年使ったものと同様。また、ネットを固定させるために麻ひもも使いました。

白いプランターには昨年も利用したノブドウの苗が植えられています。
ノブドウの蔓は出来上がったばかりのネットに絡み付かせてセッティングしました。

midori0508-02.jpg
2013年5月8日 軽井沢草花館 プランターのノブドウ蔓

良く見るとノブドウの芽が出てきています(下写真)。

midori0508-03.jpg
2013年5月8日 軽井沢草花館 緑のカーテンのノブドウの芽

葉っぱの落ちる冬の間はというと、下の写真のように蔓を柱にくくり付け、そのままにして置きました。

midori0502.jpg
プランターで栽培中のノブドウ(上写真)

また、ウチワドコロ(らしき)の芽もたくさん出てきています。

midori0508-04.jpg
5月8日 軽井沢草花館 ウチワドコロ??

上の写真にあるように、もう何日もたたないうちに蔓がネットに絡み付いて来そうです。

つづく
posted by kusabanakan at 20:08| 緑のカーテン

イヌブナ日記(23)1才誕生日 葉が開きました

軽井沢のある林道でイヌブナの実生と出会ったのが今からちょうど1年前。種から芽が出て間もない時で、下の写真のような姿でした。

inubuna01.jpg
2012年5月8日 軽井沢の林道で発芽していたイヌブナの実生

4つの実生を持ち帰って育てた結果、1年経って下の様な姿に生長しました。

inubuna0508-02.jpg
2013年5月8日 ちょうど1年後のイヌブナ(軽井沢草花館にて)

開いた葉っぱにはうぶ毛がいっぱい。

inubuna0508-03.jpg
2013年5月8日 もう一つの実生(一番大きく生長している株)

昨年持ち帰った4つの実生は元気に生長しています(下写真)

inubuna0508-01.jpg
2013年5月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生の4株

鉢の大きさによる違いでしょうか?
同じ実生でも1年後の様子はまちまちで個性的です。

2年目の生長でどのくらいの大きさになるのでしょうか。
観察を続けます。
posted by kusabanakan at 19:56| イヌブナ日記

2013年05月04日

2013(7)5年目のプランター&鉢植え

ユウスゲ(アサマキスゲ)の5年目苗の様子です。

0504yusuge01.jpg
2013年5月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目

プランターの苗は背丈13aほどに生長

0504yusuge02.jpg
2013年5月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え5年目

鉢植えの苗は15aほどに生長
4月の下旬から気温が低く、朝の冷え込みが氷点下になることも多かったのですが、霜にやられることなく順調に生長しています。
posted by kusabanakan at 16:07| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(22)鉢植えの葉が開きそう

芽の先端がほんのりと緑色になったのが先月の25日。
9日間かけてようやく下の写真のような状態になりました。

0504inubuna02.jpg
2013年5月4日 軽井沢草花館 鉢植えで育てたイヌブナ実生(2年目)

完全に葉が開ききるまであとわずか。
他の鉢植えもそれぞれ生長のスピードが違いますが、葉っぱが出てきています。

0504inubuna01.jpg
2013年5月4日 イヌブナ実生 4つの鉢植え 
posted by kusabanakan at 15:27| イヌブナ日記

2013年05月02日

緑のカーテン2013(1)

軽井沢草花館の緑のカーテンも今年で3年目となります。
昨日、テラスのデッキ下からウチワドコらしき蔓や芽が出ているのに気が付きました。

0502midori03.jpg
2013年5月2日 軽井沢草花館 ウチワドコロらしき蔓

0502midori02.jpg
上写真の拡大

0502midori01.jpg

上はまだ、出たばかりの芽。デッキ下にたくさん出始めています。

昨年は、このウチワドコロの他、ノブドウ、ヤマノイモ(ジネンジョ)などの蔓性植物によって、緑のカーテンが出来ました。今年も新たにネットを設けて、緑のカーテンを楽しもうと考えています。
 ※チョウセンゴミシも仲間に入れる予定で準備中です
生長の様子を適時このブログでアップしていきますので、ぜひご覧ください。

【昨年の様子】
midori0819-01.jpg
2012年8月19日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 11:41| 緑のカーテン

2013年05月01日

イヌブナ日記(21)自生地は葉が開きました

イヌブナ日記、本日2本目の投稿です。
軽井沢で自生しているイヌブナの実生(2年目)から新しい葉が開いていました!

0501inubuna01.jpg
2013年5月1日 軽井沢自生地 イヌブナ実生(2年目)

一年前にこの場所でイヌブナの実生を見つけた時は下の写真のような姿でした。

inubuna01.jpg
2012年5月8日 軽井沢自生地 イヌブナ実生(1年目)

あれから1年が経ちました。
昨年は林道沿いにたくさんの実生を確認できましたが、
今日、見つけた実生は上の写真の1株のみ。厳しい世界です。

現在、軽井沢草花館で育てているイヌブナ実生は、この場所から持ち帰った4株です。
(林道の中央に出てきた実生で、いずれ人か作業車に踏まれてしまう運命なので採取しました)
posted by kusabanakan at 22:26| イヌブナ日記