2013年09月08日

タマアジサイ日記(35)装飾花がお疲れ気味

昨日にも増して気温が下がりました。最高気温19.5度は9月下旬並み。暖房器具の出番が近い季節になってきました。

さて、今日も雨に打たれたタマアジサイ。装飾花の中央にある花らしいものは、昨日とほとんど変わらず姿。

20130908tama04.jpg
2013年9月8日 装飾花の中央に咲くタマアジサイの花

昨日の状態 ↓

20130907tama01.jpg
2013年9月7日 装飾花の中央に咲くタマアジサイの花

全体の様子は

20130908tama01.jpg
2013年9月8日 軽井沢草花館 タマアジサイの花(外径83_)

まだ、部分的に花が咲いています。
変化が見られるのは、昨日から装飾花がうな垂れ始め、今日はさらにぐったりしてきたところ。写真の撮影角度、あるいは雨の影響もあると思いますが、今後の観察ポイントにしたいと思います。

昨日の状態は↓
 
20130907tama02.jpg
2013年9月7日 軽井沢草花館 タマアジサイの花(外径83_)

20130908tama02.jpg
2013年9月8日 軽井沢草花館 タマアジサイの測定(外径83_)

20130908tama03.jpg
2013年9月8日 軽井沢草花館 タマアジサイ

不定期につづく
posted by kusabanakan at 19:16| タマアジサイ日記

イヌブナ日記(39)葉は出ず、芽が出た

前回8月20日のイヌブナ日記(38)から少し期間が空きました。19日ぶりの更新です。

20130908inubuna01.jpg
2013年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生2年目

イヌブナ実生2年目の4鉢はいずれも元気です。9月に入ってからは日照時間が少なく、曇り、あるいは雨の降っている時間が多くなっています。今日も朝から雨が続き、イヌブナの葉っぱもつやつやと濡れています。

一番気になるのは、8月10日のイヌブナ日記(35)からレポートしている”葉っぱのようなもの”のこと。

20130908inubuna04.jpg
2013年9月8日 イヌブナ実生2年目 

一カ月ほど前に先端部から芽のようなものが出てきた(下写真)

20130810inubuna01.jpg
2013年8月10日 イヌブナ実生2年目 先端に芽?が出てきた

2日後 ↓ 芽ではなさそうだ

20130812inubuna04.jpg
2013年8月12日 イヌブナ実生2年目 先端に出た葉っぱのようなもの

2日後 ↓ 形が葉っぱらしくなる

20130814inubuna01.jpg
2013年8月14日 イヌブナ実生2年目 先端に出た葉っぱのようなもの

6日後 ↓ 褐色化してしまった

20130820inubuna02.jpg
8月20日 イヌブナ実生2年目 葉っぱのようなものが褐色化

8月20日以降、茎の上部に付いた葉っぱのようなものは、褐色化して消えてしまいました結局のところ何だったのか分からないままですが、記録として残しておくことにします。何か分かれば、レポートさせていただきます。

9月8日現在、茎の先端にはしっかりとした芽が付いています。おそらく来年の春に芽吹くのでしょう。

20130908inubuna05.jpg
9月8日 イヌブナ実生2年目 葉っぱのようなものが取れて芽が付く

9月に入って気温も下がり、すっかり秋らしい気候になっています。もうじきすると、黄葉、そして落葉の季節です。

他の3鉢についても生長の様子をレポートします。

まず、一番大きくなった苗

20130908inubuna02.jpg
9月8日 イヌブナ実生2年目 4つの内、一番大きな苗

茎が太くなり、直径5_に。まだ”木の幹”と呼ばずに茎と言ってしまいます。
木肌は茶色で、白い斑点がたくさん付いています。白っぽい木肌のブナの木とは異なります。

20130908inubuna03.jpg
9月8日 イヌブナ実生2年目 4つの内、一番大きな苗の木肌

次は一番小さな苗

20130908inubuna06.jpg
9月8日 イヌブナ実生2年目 4つの内、一番小さな苗

小さいながら、葉っぱにはつやがあり、状態はとてもよさそうです。わずかながら葉っぱが黄色くなり始めています。また、来年に備えた芽が3つ出ています。

最後に残りの一鉢

こちらは、何者(虫)かによって、葉っぱの一部がかじられました。

20130908inubuna07.jpg
9月8日 イヌブナ実生2年目 葉っぱを虫にかじられたらしい苗

特に下部にあった葉はほとんど食べられてしまっています。それでも残った葉は元気で、(写真では分かりづらいですが)芽が5つ出ています。

つづく
posted by kusabanakan at 18:05| イヌブナ日記

カラスvsアスター(11)

カラスvsアスター(11)
karasu&aster195.jpg
第195話

第2、第4日曜日に再連載
 
※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター