2014年03月28日

2014(1)芽が出ました!

本日3月28日、プランターでユウスゲの芽が出ているのが確認できましたので、2014年度のゆうすげ日記を開始いたします。

20140328yusuge02.jpg
2014年3月28日 軽井沢草花館 3つの芽がでたユウスゲ(2012年4月18日に種まきしたプランター)

今年初めての発芽。
プランターに3本の芽が出ていて、どれも1aにも満たない大きさですが、差があります。

2年前に種まきしたプランターからのものなので、もしかすると真ん中の大きな芽と両サイドの2つの芽とでは、年齢が違うのかもしれません。

ちなみに3月の気温がとても高かった昨年(2013)は3月20日に初めて芽を確認(実際は2日くらい前に発芽)。一昨年(2012)は3月26日でした。

この冬は、記録的な大雪(2/14~15日にかけての雪で積雪深99a)で、雪解けが遅く、軽井沢草花館の庭もまだ雪が残っています。

20140328yusuge04.jpg
2014年3月28日 軽井沢草花館 小さな庭

昨年(2013)は記録的に3月が暖かかったので比較対象になりませんが、おととし(2012)と比べて、2日遅い芽吹き。雪が遅くまで残っていた影響もあるのでしょうか?

いずれにしろ、これから次々と芽が出てくると思われます。生長過程を適時、このブログで紹介していく予定です。
posted by kusabanakan at 17:31| ゆうすげ日記

2014年03月26日

イヌブナ日記(52)

前回、イヌブナ日記(51)をお伝えしたのが2月8日。
この時は雪(31a)で鉢植えがすっぽり雪に埋まってしまったので、その後は軒下に鉢を移動しておきました。
 その後、2月14日から15日にかけて、軽井沢の観測史上積雪深(99a)となる大雪が降りましたが、その際には鉢が埋まることはなく、軒下で休眠していました。イヌブナからみれば、「雪がかぶっていた方が、本来の冬ごしに近かったのに…」と言っているような気もします。

さて、3月も終わりに近づき、ネコヤナギの芽がようやくふくらんできたところ。イヌブナたちの様子をレポートします。

以下、イヌブナ日記(48)、2014年1月1日からの比較とします。


20140326inubuna01.jpg
2014年3月26日 軽井沢草花館 イヌブナ実生(2年目) 4鉢勢揃い

下は先月(1月1日)の様子です。3カ月近く、冬の寒さに耐えていたことになりますが、葉っぱはほとんど落ちておらず、これといった変化は見られません。

20140101inubuna01.jpg
2014年1月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生(2年目) 4鉢勢揃い

下写真は一番大きく生長した株です。

20140326inubuna02.jpg
2014年3月26日 イヌブナ実生2年目 その1 (高さ20a)

下は、1月1日の様子。数枚の葉っぱが落ちた程度で、その他、見た目の変化は確認できませんでした。

20140101inubuna02.jpg
2014年1月1日 イヌブナ実生2年目 その1 (高さ20a)

次は

20140326inubuna03.jpg
2014年3月26日 イヌブナ実生2年目 その2 (高さ13a)

下の1月1日時点と大きな変化は見られません。強いて言えば、一番上の葉っぱの乾燥度が増して、丸まり方が強くなったことくらいでしょうか。

20140101inubuna03.jpg
2014年1月1日 イヌブナ実生2年目 その2 (高さ13a)

次は、葉っぱが早くから落ちてしまった苗です。

20140326inubuna04.jpg
2014年3月26日 イヌブナ実生2年目 その3 (高さ13a)

下の1月1日時点と比べると、ほとんど変化は見られません。

20140101inubuna04.jpg
2014年1月1日 イヌブナ実生2年目 その3 (高さ13a)

最後、4つ目の苗
大きな変化はないように思われましたが、よく見ると、葉っぱが一枚落ちていました(右下)。

20140326inubuna05.jpg
2014年3月26日 イヌブナ実生2年目 その4 (高さ12a)

下写真は先月の状態。左下の葉っぱが一枚多いことが確認できます。

20140101inubuna05.jpg
2014年1月1日 イヌブナ実生2年目 その4 (高さ12a)

全体的(4鉢)に、葉っぱが数枚落ちていた程度で、大きな変化は見られませんでした。
昨年の同時期の日記を見ると(イヌブナ日記17)、ほぼすべての苗で葉っぱが落ちていました。
今年は、しぶとく葉っぱが残っているわけですが、これがどういうことなのかは分かりません。
あと一月ほど経つと、芽吹きの時期となります。
落葉の時期など、注意深く観察していこうと思います。

続く
posted by kusabanakan at 20:00| イヌブナ日記

2014年03月23日

2014年4月19日OPEN

2014年度の展示のご案内です。

下の画像をクリックするとA4のPDFチラシがダウンロードできます(622KB)
2014軽井沢草花館A4チラシs.jpg

4月19日(土)OPEN!(4/19、20、21は入館無料で開放します)

【展示概要】
軽井沢の自生草花を描き続けた画家石川功一の草花図(水彩・油彩)を散策メモやエッセーと共に5期にわたって展示いたします(各50点程)。

1.4/19−5/26 春の草花を中心に
2.5/28−7/7 新緑から初夏の草花を中心に
3.7/9−9/8 盛夏の草花を中心に
4.9/10−10/13 夏から初秋の草花を中心に
5.10/15−11/24 秋の草花・木の実を中心に

2014軽井沢草花館A4チラシ水彩.jpg


入館料 500円、小学生以下無料 消費税率の変更後も500円(税込)とさせていただきます
休館日 火曜日 但し、4/29、5/6、9/23の火曜日はOPEN、また8月は無休
※4月19日(土)、20日(日)、21日(月)は2014年度のOPEN記念で入館無料です
開館時間 10:00−17:00

詳しくは軽井沢草花館のホームページをご覧ください
http://www.kusabana.net
posted by kusabanakan at 01:00| 草花館日記

カラスvsアスター(23)

カラスvsアスター(23)

カラスvsアスター(23)
karasu&aster208.jpg
第208話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2014年03月09日

カラスvsアスター(22)

カラスvsアスター(22)
karasu&aster213.jpg
第213話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター