2014年07月06日

緑のカーテン2014(8)イケマ&ウチワドコロにつぼみ

20140703midori01.jpg
2014年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

緑のカーテンは虫が付いて葉をかじられたり、さび病?らしき症状で葉に斑紋が出来るなどしながらも、順調に蔓を伸ばしています。
6月下旬に見られた虫害は現在なくなっています。また、さび病らしき症状も、前回(6月22日)のブログでお伝えしたように、斑紋のたくさん出た葉を切り取ってからは、ひどくなっていません。
蔓の葉っぱを活性化させるため、ユウスゲにも噴霧している木酢液の水溶液を3日に一度くらいのペースで噴霧しています。

20140706midori05.jpg

現在、ウチワドコロ、イケマ、ノブドウの蔓がに加え、ジネンジョ(ヤマノイモ)の蔓も伸び始めました(下写真)。ノブドウの葉は、昨年からの蔓が伸びすぎていて、ネットの上部に集中して葉を付けています。

それぞれの蔓植物は、まだまだ生長しています。3日間も放置していると、蔓が天井にまで達してしまうため、伸びすぎた蔓は、途中までネットからほどき、向きを強制的に横や下きに戻したりしながら、ネットが均一に埋まるように補正しています。
そんなことからも、緑のカーテンは、さらに密度を高くしていく見通しです。

20140706midori02.jpg
2014年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

また、7月になって、ウチワドコロとイケマにつぼみが付き始めました。

20140706midori04.jpg
2014年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロのつぼみ

20140706midori03.jpg
2014年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマのつぼみ

ノブドウとジネンジョには、まだつぼみが出ていません。

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 14:01| 緑のカーテン