2014年07月24日

2014(31)ユウスゲ8輪 マツムシソウ開花寸前

今日のユウスゲは8輪、にぎやかになってきました。
7月14日に開花を始めてから、じわじわと開花数を増やしてきています。
今日は雲の多い一日で、ユウスゲの開花時間も早め。
15:30にはきれいに花が開いていました。

20140724yusuge01.jpg
2014年7月24日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

一輪だけですが、マツムシソウのつぼみが紫色をおびてきました。

20140724yusuge02matsumushi.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 マツムシソウ

ちなみに、中央の小さなツブツブは花のつぼみ、
そして周りにある装飾花のようなヒラヒラも花の花びらなんだそうです。
図鑑にもそう記述がありました。
外周には大きな花
中央には小さな花
マツムシソウには2つのタイプの花が混在して咲いているのです。
周りについているのはアジサイのような装飾花だと思っていたので、目からうろこでした。
満開になったら、”しべ”の付き方などよく観察してみようと思います。

つづく

posted by kusabanakan at 16:41| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(68)3年目の幹の直径を測定

7月12日以来12日ぶりの更新です。2つの苗は共に元気です。
今日は、樹高の他、幹の直径を測定してみました。

20140724inubuna01.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(上がA、下がB)

まずはイヌブナAの樹高です。前回と変わらず約20aでした。

20140724inubuna02.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(A) 樹高測定

そして、幹の直径を測ってみると

20140724inubuna03.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(A) 幹直径測定

幹の直径は約8_ありました。木肌の色や突起状の粒々もイヌブナらしいものになっています。

次にイヌブナBの測定です。樹高は約10.5aで、5月の時から変化は見られません。

20140724inubuna04.jpg
 2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(B) 樹高測定

幹の直径は3_。イヌブナ実生3年目(A)の8_と比べると半分以下ですが、(A)同様にイヌブナの特徴が見られます。

20140724inubuna05.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(B) 幹直径測定

最後にイヌブナの葉の表/裏側を観察しました。葉の表面にもうぶ毛がわずかに残っていますが、裏側にはたくさんのうぶ毛が付いています。

20140724inubuna07.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(B) 葉の表側(わずかにうぶ毛)

20140724inubuna06.jpg
2014年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(B) 葉の裏側(うぶ毛たくさん)

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 13:44| イヌブナ日記