2014年08月17日

2014(55)晩夏の趣き ユウスゲ31輪

曇り空で、涼しい一日となりました(最高気温22.2度)。
ユウスゲは31の花がオミナエシやキキョウと一緒に咲いています。
季節はすっかり晩夏といったところです。

20140817yusuge.jpg
2014年8月17日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)
posted by kusabanakan at 16:54| ゆうすげ日記

2014年08月16日

2014(54)矢ヶ崎花火大会 ユウスゲ40輪

ぐずついた天気の一日となりました。
昼過ぎには、雷を伴う豪雨。
30分ほどで雨はおさまったものの、その後は降ったり止んだりの繰り返し。
雨の中ですが、ユウスゲは40輪咲きました。

20140816yusuge01.jpg
2014年8月16日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

20140816yusuge02.jpg
2014年8月16日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

尚、18時ころになると雨も上がり、予定されていた矢ヶ崎公園の花火大会が開催されました。
今年も美しい花火が夜空に舞いました。
posted by kusabanakan at 21:48| ゆうすげ日記

2014年08月15日

2014(53)ユウスゲ30輪

最高気温は29.4度まで上がり、蒸し暑い一日となりました。
今日のユウスゲは30輪。
ユウスゲの開花数は減ってきましたが、見ごろをむかえているキキョウ、オミナエシ、マツムシソウなどと一緒に美しく咲いています。
20140815yusuge01.jpg
2014年8月15日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)
posted by kusabanakan at 20:44| ゆうすげ日記

緑のカーテン2014(14)ウチワドコロの実がたくさん

1週間ぶりの更新となります。
ウチワドコロにイケマ、そしてノブドウの葉がうっすらと黄色くなり、多少の落葉も始まっていますが、緑のカーテンは涼しげに日差しを遮ってくれています。

20140815midori01.jpg
2014年8月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

昨年の同じ時期には大部分の葉が落ちてしまっていました(下写真)
葉の生長が悪く、病気だったのかもしれません。
今年は長い期間、緑のカーテンとして役割を果たしてくれています。

20130814midori01.jpg
2013年8月14日 軽井沢草花館 緑のカーテン

また、今年は立派な実が付いています(下写真)。
ウチワドコロは昨年までの経験値よりも実の数が多く、これから実になるものも出てきそうなので、楽しみなところです。
実の時の状態も涼しげです。

20140815midori02.jpg
2014年8月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの実

また、イケマの実も数は多くありませんが、立派なものが出来ています(下写真)。

20140815midori03.jpg
2014年8月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマの実

今年はまだジネンジョ、ノブドウの花が咲きません。このまま咲かずに終わるのでしょうか?

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 17:45| 緑のカーテン

2014年08月14日

2014(52)ユウスゲ39輪 鉢植6年目&プランター1年目のその後

ぐずついた空模様でしたが、気温が低く、過ごしやすい一日となりました。

今日のユウスゲは39輪開花
開花時期も後半になっていますが、美しい花を咲かせてくれています。

20140814yusuge00.jpg
2014年8月14日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

さて、しばらく更新していませんでしたが、7月7日以来となる、今年種まきしたユウスゲと鉢植え6年目の苗の状況を記します。
まず、今年の4月11日、プランターに種まきしたユウスゲです(下写真)。
ヒメミカンソウやジシバリなど一般的には雑草と言われる草が同じプランター内に生えて、ユウスゲと混生状態です。

20140814yusuge01.jpg
2014年8月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目(2014.4.11種まき)

ユウスゲの草丈は大きなもので22aほど。前回7月7日に測った時には大きな苗で20aをわずかに超える程度でしたので、わずかにですが伸びていました。

20140814yusuge02.jpg
2014年8月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目(2014.4.11種まき)

次に、鉢植え6年目のユウスゲです(下写真)。
草丈は約70aで、前回7月7日のとき変わっていませんでした。

20140814yusuge05.jpg
2014年8月14日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植6年目

下写真は7月7日の時の様子。

20140707yusuge03.jpg
2014年7月7日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植6年目

しかし、7月7日以降に花茎が出ることは無く、今年は花が咲きませんでした。
昨年5年目の時には花茎が出て花も咲かせたので、今年も咲くであろうと思っていましたが、必ずしも毎年咲くわけでもないようです。

ちなみに昨年は8月3日に花が咲いて、作品と競演をはたしています。

posted by kusabanakan at 19:00| ゆうすげ日記

2014年08月13日

2014(51) ゆうすげ62輪 ススキには穂が出始める

台風が明け、天気が回復してからユウスゲの開花数が増えてきました。
今日は62輪もの花がきれいに咲いています(昨日は44輪)。

20140813yusuge01.jpg
2014年8月13日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

マツムシソウ、オミナエシ、キキョウと共に晩夏の趣きが色濃くなってきました。
数日前からはススキに穂も出てきました。
posted by kusabanakan at 16:28| ゆうすげ日記

ブナ日記(11)生長過程 実生1年目の側脈数は少ない?

7月16日以来の更新となります。

今年の5月から育て始めたブナとイヌブナの観察記録をつづっていますが、簡単におさらいしてみると

・2014年5月4日 発芽したてのブナ実生×2 鉢植えで育て始める
・2014年5月8日 発芽したてのイヌブナ実生×2 (5/4のブナ×2と一緒にプランターで育て始める)
 この時点でブナ×2 + イヌブナ×2の実生
・2014年5月後半 イヌブナ実生×1が枯れる
 この時点でブナ×2 + イヌブナ×1の実生

現在は下写真のようにブナ×2 + イヌブナ×1の実生がプランターで元気に育っています。
ブナ&イヌブナの周り一面にはジシバリ(イワニガナ)の葉が覆い尽くしていますが、土の乾燥を防ぐため、そのままにしています。ジシバリの他にも、ツメクサ、カタバミといった草が、ブナたちの生長の邪魔にならない程度に生えています。


20140813buna&inubuna01.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生1年目

では、現在の様子を一つずつ見ていくと

【ブナA】
葉っぱの枚数:7枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
側脈の数:4〜9
樹高:115_(前回7/16と変わらず)

20140813bunaA01.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約70_(下写真)。前回(7/16)と変わらず。

20140813bunaA02.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目
【ブナB】
葉っぱの枚数:6枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
側脈の数:7〜8
樹高:105_(前回7/16と変わらず)

20140813bunaB01.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約55_(下写真)。前回(7/16)と変わらず。

20140813bunaB02.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目

【イヌブナ実生】
葉っぱの枚数:5枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
側脈の数:5〜9
樹高:100_(前回7/16の95_から5_伸びる)
一番大きな葉っぱの長さ:約45_(下写真)。前回未測定

20140813inubuna01.jpg
2014年8月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生1年目

【考察】

葉っぱの数は前回と変わらず。
大きさは前回とほぼ同じでしたが、イヌブナだけ樹高が5_伸びました。

また、今回はすべての株で葉っぱの側脈を数えてみました。

sokumyaku.jpg

側脈を数えようにも、不明確な脈が存在するので、多少の誤差がありそうですが、まとめるとおおよそ以下の様になりました。

ブナA:4〜9対
ブナB:7〜8対
イヌブナ:5〜9対

一般的に図鑑などで記されている側脈の数は

ブナの側脈:7〜11対
イヌブナの側脈:10〜14対

となっています。
今回の測定では、実生1年目のブナとイヌブナのおいては、既定の範囲よりも側脈数が少ない結果となりました。
特にイヌブナの実生においては、既定の範囲内のものが1枚もありませんでした。

但し、今年3年目をむかえているイヌブナの実生の観察記録を振り返ると、確かに1年目は同じように側脈数が少なかったのですが、2年目、3年目になるにつれて、側脈数が10を超えるものの率が増えていき、3年目になると、ほとんどの葉の側脈が10以上になっています。
これはイヌブナの例ですが、イヌブナもブナも若い実生の時には側脈数が少ないのだろうと思います。

参考ブログ

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 15:10| ブナ日記

2014年08月12日

2014(50)ユウスゲ44輪、マツムシソウ、オミナエシ、ヒヨドリバナ見ごろ

4日前の87輪をピークに開花数は減少傾向
昨日は25輪しか開花しませんでしたが、今日は44輪が咲きました。

20140812yusuge01.jpg
2014年8月12日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

以下、軽井沢草花館の小さな庭で咲いている草花を写真となります。

秋の七草のひとつ、オミナエシにが
20140812yusuge03ominaeshi.jpg
2014年8月12日 軽井沢草花館 オミナエシ
マツムシソウには緑のカーテンとして育てているジネンジョ(ヤマノイモ科)の蔓が絡まってしまた。

20140812yusuge04matsumishi.jpg
2014年8月12日 軽井沢草花館 マツムシソウ

20140812yusuge02hiyodori.jpg
2014年8月12日 軽井沢草花館 ヒヨドリバナ
posted by kusabanakan at 22:33| ゆうすげ日記

2014年08月11日

2014(49)ユウスゲ開花数減、ワレモコウ咲きはじめる

台風明けとなりましたが、午前中は雲のかかったはっきりとしない天気。
午後からようやく青空の広がる天気となりました。

今日のユウスゲは25輪
3日前の87輪をピークに、2日前82輪、1日前57輪と開花数が減ってきました。
つぼみはまだ多く残っているので、今週一杯くらいまでは、それなりにたくさんの花が咲いてくれそうです。

20140811yusuge00.jpg
2014年8月11日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

20140811yusuge01.jpg
2014年8月11日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

ユウスゲは、開花数が減ってきましたが、入れ替わるようにワレモコウが咲き始めました。

20140811yusuge03waremo.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 ワレモコウ

今年は、ワレモコウに付く虫が多く、例年以上に茎の部分を喰い荒らされてしまったため、開花の時期が少し遅れました。
これから開花が楽しみな草花です。

20140811yusuge02waremo.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 看板の前で咲きはじめたワレモコウ
posted by kusabanakan at 16:53| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(69)自生地イヌブナ

7月24日以来、18日ぶりの更新です。
その間、これといった変化は見られません。

20140811inubuna01.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(上:A、下B)

まずはイヌブナAの様子です。

20140811inubuna02.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 イヌブナA実生3年目

イヌブナAの樹高は約20a、前回と変わりません。

20140811inubuna04.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 イヌブナA実生3年目 葉っぱの表

20140811inubuna03.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 イヌブナA実生3年目 葉っぱの裏

次にイヌブナBの様子です。

20140811inubuna05.jpg
2014年8月11日 軽井沢草花館 イヌブナB実生3年目

イヌブナBの樹高は約10.5a。こちらも前回と同じです。

最後に1週間前に見てきた自生地のイヌブナです。

20140804inubuna-jiseichi.jpg
2014年8月4日撮影 軽井沢 自生地のイヌブナ

暑い最中、葉っぱは青々と茂っていました。

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 14:48| イヌブナ日記

2014年08月10日

2014(48)台風の中でユウスゲ57輪

今朝、四国に上陸した台風11号はゆっくりとした速度で北上し、広い範囲で強風や大雨の被害をもたらせました。
軽井沢においては、断続的に雨が降りましたが、幸い大きな災害にはならなかったようです。

台風の中、草花館のユウスゲは57輪の花を咲かせました。

20140810yusuge01.jpg
2014年8月10日 16:10 ユウスゲ(アサマキスゲ)

2日前の87輪をピークに昨日は82輪、そして今日は57輪と開花数が減ってきました。
7月14日に今年最初のユウスゲが咲いてから約4週間、ユウスゲの花期は後半に入ったようです。

20140810yusuge02.jpg
2014年8月10日 16:10 ユウスゲ(アサマキスゲ)
posted by kusabanakan at 20:30| ゆうすげ日記

カラスvsアスター(32)

カラスvsアスター(32)
karasu&aster225.jpg
第225話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2014年08月09日

2014(47)最高気温19.1度 ユウスゲ82輪 実も付き始め

昨日と同様に、雨が降ったり止んだりの一日となりました。
朝の最低気温は平年よりも1.1度低い15.9度、
日中になっても気温が上がらす、今日の最高気温は平年よりも7.3度低い19.1度でした。

夕方から咲きはじめるのでユウスゲ(夕菅)の名があり、曇天時には少し早めに花が咲きはじめる傾向があります。
しかし、今日は気温が低すぎたのか、花の開き始めるのが遅かったような気がします。
17:00以降につぼみの先が開き始めたものが多く、18時ころになってようやくほぼ満開の状態になりました。

20140809yusuge01.jpg
2014年8月9日 16:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

今日のユウスゲは82輪。雨で気温も低く、ユウスゲにとっては良い環境ではなかったかも知れませんが、たくさんの花が咲きました。

20140809yusuge02.jpg
2014年8月9日 18:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

また、ユウスゲに実が付き始めています(下写真)。まだ緑色をしていますが、実の先端部分が割れ始めていて、中にたくさんの種子が入っているはずです。

20140809yusuge03.jpg
2014年8月9日 18:05 軽井沢草花館 ユウスゲの実
posted by kusabanakan at 22:21| ゆうすげ日記

2014年08月08日

2014(46)雨降りの一日 ユウスゲ87輪

接近中の台風11号の影響もあり、朝から雨が降ったり止んだり。
しかし、天気にかかわらず、夕方になるとユウスゲの花は咲きはじめます。

昨日と同じ87輪もの花が雨の中、咲きました。

20140808yusuge01.jpg
2014年8月8日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

20140808yusuge00.jpg
2014年8月8日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

【お天気グラフ】

8月に入ってから昨日(7日)までは、いずれの日も29度を超えて(内4日間は30度を超える真夏日)暑い日が続いていましたが、昨日の夕方に雨が降ってからは気温も下がり、大変過ごしやすくなりました。
とはいえ、台風11号が日本列島に接近してきており、今後の台風進路が大変心配されます。

20140808weather_graph.jpg
 グラフ 軽井沢 2014年7月から8月にかけての気温の変化
posted by kusabanakan at 20:40| ゆうすげ日記

緑のカーテン2014(13)ウチワドコロ&イケマ黄葉/落葉始まる

緑のカーテン6日ぶりの更新となります。

今日は朝から雨が降ったり止んだり。
スッキリしない天気ではありますが、気温が低く8月に入ってから初めて涼しい一日となりそうです。

緑のカーテンは8月に入ってから、ウチワドコロとイケマの葉が黄色くなって落葉を始めました。

20140808midori00.jpg
2014年8月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

落葉が始まって緑のカーテンの密度は低くなってきましたが、今年はウチワドコロの花がたくさん咲いて、実が付き始めているため、葉っぱの時とは印象の違うカーテンが形成されつつあります。

20140808midori01.jpg

2014年8月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花と実

また、落葉を始めたウチワドコロやイケマに代わって、ジネンジョ(ヤマノイモ)の蔓が急生長しています。
株が少なく、カーテンに占める葉っぱの割合も少ないですが、青々した緑がきれいです。

20140808midori02.jpg
2014年8月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ジネンジョ(ヤマノイモ)の葉

つづく
posted by kusabanakan at 15:31| 緑のカーテン

2014年08月07日

2014(45)にわか雨 雨に打たれてユウスゲ87輪

8月に入ってから早くも4日目の真夏日(30.4度)となりました。
しかし、夕方からにわか雨があり、気温は急降下。
日中の暑さもだいぶ和らぎました。

ユウスゲは87輪の開花

昨日を10輪も上回り、この夏最多の開花数となりました。

20140807yusuge00.jpg
2014年8月7日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

雨に打たれたユウスゲも、上品できれいです。

20140807yusuge01.jpg
2014年8月7日 17:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

20140807yusuge02.jpg
2014年8月7日 17:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

つづく
posted by kusabanakan at 19:21| ゆうすげ日記

【ご案内】本日の朝日新聞(長野県版)に草花館が紹介されています

8月7日、朝日新聞(長野県版)の朝刊(28面)に当館の紹介が掲載されています。

 「草花は有情」の山野に注ぐ愛情

と題されて、石川功一の生い立ちから軽井沢で草花を描くまでのこと。
また、代表作として油彩画のユウスゲが紹介されています。
(800字程度の記事です)
注意:長野県版ですので、長野県内のみでの販売です。
posted by kusabanakan at 07:32| 草花館日記

2014年08月06日

2014(44)今日も真夏日 ユウスゲ77輪 ヤマユリ14輪 ギボウシ満開

8月に入ってから3日目の真夏日、31.5度まで気温が上がりました。
ユウスゲは夏の暑さには強いようで、今日も見事に咲きました。
77輪、この夏最多の開花数です。

20140806yusuge00.jpg
2014年8月6日 17:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

20140806yusuge01.jpg
2014年8月6日 17:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

その他、満開をむかえているのはオオバギボウシ(下写真)。
元々、この敷地内に自生していた株ですが、年々大きくなっています。
今年は、特に花の咲き方が見事です。

20140806yusuge02gibo.jpg
2014年8月6日 軽井沢草花館 オオバギボウシ

また、ヤマユリも満開です(下写真)。
14ものつぼみを付けたヤマユリは7月31日に始めの一輪が咲き、今日ですべての花が咲ききりました。
2つか3つの花を咲かせているのはよく見かけますが、こんなにたくさんの花が咲くのは見たことがありません。
園芸種のユリもビックリの豪華さです。

20140806yusuge03yuri.jpg
2014年8月6日 軽井沢草花館 ヤマユリ(14輪開花)
posted by kusabanakan at 19:58| ゆうすげ日記

2014年08月05日

【ご案内】8月7日、長野県版朝日新聞「信州この逸品」掲載予定

長野県版朝日新聞、8月7日(木)朝刊

長野県内の美術館や博物館に所蔵されている特色ある作品を紹介する「信州この逸品」という連載の中で、当館(軽井沢草花館)の作品が掲載される予定です。
掲載は、長野県内で販売している朝日新聞のみとなりますので、ご注意ください。

※尚、私的に8月6日(水)とご案内した方がおりますが、8月7日(木)の誤りでした。訂正してお詫びいたします。
posted by kusabanakan at 20:09| 草花館日記

2014(43)暑い一日! 見ごろユウスゲ75輪 

今日のユウスゲは75輪。
この夏、最多の開花数となりました。
まさに見ごろの時期をむかえていて、大変きれいです。

20140805yusuge01.jpg
2014年8月5日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(アサマキスゲ)

さて、今日は気温が31度まで上がり、8月に入ってから2度目の真夏日となりました。
また、暑いのは日中だけではなく、朝の最低気温が21.2度にまでしか下がりませんでした。

20140805weather_graph.jpg

軽井沢の夏はほとんどの日で最低気温が20度を下回り、朝晩は涼しくなります。
最低気温が20度を超える日も年に数度はあるのですが、21度を超える日はほとんどなく、
22度を超えたことは気象観測開始以来一度もありません。

今日の最低気温が21.2度のまま一日が終わると、(現在18:00)、
軽井沢の気象観測史上5番目に最低気温の高い一日となります。




posted by kusabanakan at 19:52| ゆうすげ日記