2014年12月31日

イヌブナ日記(78)

11月30日以来、約1か月ぶりの更新です。

20141231inubuna_A&B01.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(上:A、下:B)

12月中に何度か雪が降り、本日大みそかの時点で10a以上の雪が残っています。
イヌブナ実生(3年目)は、1か月前から目立った変化は見られませんでした。
昨年(2年目)同様、この時期になっても落葉は見られません。
以下に詳細を記します。

20141231inubuna_A&B02.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナ実生3年目(上:A、下:B)

【イヌブナA】

20141231nubuna_A01.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生3年目 
イヌブナAの樹高は約20aで6月13日に測定した時から変化はありません。
幹の直径は約8_で9月14日の測定から変化は見られませんでした。
冬芽(鱗芽)においても、10月18日の時と変わらず、長さにして21_でした(下写真)。

20141231nubuna_A03.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナA 実生3年目 冬芽の大きさ(約21_)

【イヌブナB】

20141231nubuna_B01.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生3年目

イヌブナBの樹高は約10.5aでAと同様、6月13日の時から変化はありません。

幹の直径も約3.5_で、9月14日の測定時から変化は見られませんでした。
冬芽(芽鱗)の大きさも長さにして20_と前々回(10月18日)の時から変化は見られませんでした(下写真)。

20141231nubuna_B02.jpg
2014年12月31日 軽井沢草花館 イヌブナB 実生3年目 冬芽の大きさ(約20_)

【考察】

10月18日以降、樹高や幹の直径、葉っぱの大きさ、また冬芽の大きさに変化は見られませんでした。
 空気が乾燥していたため、A、B共に葉っぱは丸まっていました。

イヌブナ実生3年目の冬芽の長さ
 A:10/18 21_ → 10/30 21_ → 11/8 21_ → 11/16 21_ → 11/30 21_ → 12/31 21_(変化なし)
 B:10/18 20_ → 10/30 20_ → 11/8 20_ → 11/16 20_ → 11/30 20_ → 12/31 20_(変化なし)

来年も観察を続けます。
posted by kusabanakan at 21:11| イヌブナ日記

2014年12月28日

カラスvsアスター(41)

カラスvsアスター(41)
karasu&aster210.jpg
第210話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2014年12月15日

ブナ日記(20)雪の季節を迎えた1年目の実生

(2014年春に種から発芽したブナとイヌブナの生長記録です)
12月1日以来、約2週間ぶりの更新となります。

13日夜から14日朝にかけて、10センチほどの雪が降りました。
まとまった量の積雪があったのは今シーズン初めてのことです。
ブナ(とイヌブナ)の1年目実生は初めての雪をかぶり、寒い冬を耐えているかのようです。

20141214buna&inubana001.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生1年目(左:イヌブナ、中央ブナA、右ブナB)

20141214buna&inubana002.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生1年目(左:イヌブナ、中央ブナA、右ブナB)

【ブナA実生】

葉っぱの枚数:7枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
樹高:115_(9/28から変化なし)

20141214banaA01.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約70_。9/28から変わらず。
冬芽の大きさは長さにして9.5_(下写真)、10/25から変化はありません。

20141214banaA02.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目

【ブナB実生】

葉っぱは前回から変わらず褐色したままです。
葉っぱの枚数:5枚(子葉2枚と葉っぱ1枚がすでに枯れて落ちた)
樹高:105_(9/28から変わらず)

20141214banaB01.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約55_で9/28から変わらず。
冬芽の大きさは長さにして約7.0_(下写真)、12/1から変化はありません。

20141214banaB02.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目 冬芽 約7.0_

【イヌブナ実生】

葉っぱの枚数:5枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
樹高:100_(9/28から変わらず)

20141214inubana01.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約45_で9/28から変わらず。
※欠けてしまった葉っぱの先端部分を除いた値
冬芽の大きさは長さにして約17_(下写真)
9/28の時から変化は見られません。

20141201inubana02.jpg
2014年12月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生1年目

【考察 11月22日との比較】

ブナ、イヌブナとも樹高や葉っぱの大きさ、冬芽の大きさに変化は見られませんでした。
雪が降ったものの葉っぱは落ちずにしっかりとついていました。

冬芽(鱗芽)の長さは
・ブナA:9.5_(10/25から9.5_)
・ブナB:7.0_(12月1日から7.0_)
・イヌブナ:17ミリ(9/28から17_)

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 23:27| ブナ日記

2014年12月14日

カラスvsアスター(40)

カラスvsアスター(40)
karasu&aster207.jpg
第207話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2014年12月01日

ブナ日記(19)ブナB冬芽わずかに大きく

(この春、種から発芽したばかりのブナとイヌブナの生長記録です)
11月22日以来、9日ぶりの更新となります。

2つあるブナの実生(AとB)、およびイヌブナの実生のうち、ブナBの冬芽がわずか0.5_ですが、大きくなっていました。

20141201buna&inubana01.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生1年目(左:イヌブナ、中央ブナA、右ブナB)

20141201buna&inubana02.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生1年目(左:イヌブナ、中央ブナA、右ブナB)

【ブナA実生】

葉っぱの枚数:7枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
樹高:115_(9/28から変化なし)

20141201banaA01.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約70_。9/28から変わらず。
冬芽の大きさは長さにして9.5_(下写真)、10/25から変化はありません。

20141201banaA02.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナA実生1年目

【ブナB実生】

葉っぱは前回から変わらず褐色したままです。
葉っぱの枚数:5枚(子葉2枚と葉っぱ1枚がすでに枯れて落ちた)
樹高:105_(9/28から変わらず)

20141201banaB01.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約55_で9/28から変わらず。
冬芽の大きさは長さにして約7.0_(下写真)、11/22から0.5_伸びました。

20141201banaB02.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目 冬芽 約7.0_

下は9日前(11/22)の冬芽です。

20141122banaB02.jpg
2014年11月22日 軽井沢草花館 ブナB実生1年目 冬芽 約6.5_

【イヌブナ実生】

葉っぱの枚数:5枚(子葉2枚はすでに枯れて落ちた)
樹高:100_(9/28から変わらず)

20141201inubana01.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生1年目

一番大きな葉っぱの長さは約45_で9/28から変わらず。
※欠けてしまった葉っぱの先端部分を除いた値
冬芽の大きさは長さにして約17_(下写真)
9/28の時から変化は見られません。

20141201inubana02.jpg
2014年12月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生1年目

【考察 11月22日との比較】

ブナ、イヌブナとも樹高や葉っぱの大きさ、冬芽の大きさに変化は見られませんでした。
変わったのは、11月22日から12月1日までの間にブナBの冬芽が0.5_長くなっていたことです。

冬芽(鱗芽)の長さは
・ブナA:9.5_(10/25から9.5_)
・ブナB:7.0_(10/25から11月22日は6.5_、12月1日に7.0に)
・イヌブナ:17ミリ(9/28から17_)

冬芽は前回11月22日に測定したときに大きさが変わっていなかったので、そのままの大きさで冬を越すのかと思っていましたが、ブナBは0.5_長くなっていました。
また、葉っぱは天候(湿度)によって、開いたり、丸まったりするようですが、イヌブナのほうがその変化は大きく、ブナは小さな変化にとどまっているようです。

観察を続けます。
posted by kusabanakan at 14:51| ブナ日記