2016年07月16日

2016(35)ユウスゲ16輪、キキョウ開花一輪

まず、昨日のブログでユウスゲが9輪咲いたと書きましたが、
今朝になって、もう一輪増えていたので、(7/15)9輪→(7/15)10輪に訂正します。
というのも、鉢植えのユウスゲが夜になってから咲いたため、昨日の夕方の時点では開花数にカウントしていなかったためです。
下の写真の鉢植えが日が暮れてから咲いた鉢植えのユウスゲです。

20160716yusuge_pot01_0918-0715kaika.jpg
2016年7月16日 9:20 軽井沢草花館 ユウスゲ鉢植え7年目(昨夜開花)

勝手にヤスゲ(夜菅)と呼んでいる夜に咲くユウスゲと思われるもので、色は普通のユウスゲよりも濃く、夜咲いて、普通のユウスゲのように次の日の日中にはしぼまず、24時間以上咲き続けます。下の写真は夕方になってから撮影したものですが、まだきれいに咲いています。

20160716yusuge_pot02_1651-0715kaika.jpg
2016年7月16日 17:10 軽井沢草花館 ユウスゲ鉢植え7年目(昨夜開花)

今日(7/16)の夕方に咲いたユウスゲ比べてみると、色の濃さが少しばかし違って見えます(下写真)。

20160716yusuge_pot03_1710-0715kaika.jpg
2016年7月16日 軽井沢草花館 ユウスゲ

また、鉢植えユウスゲの葉っぱには斑点がついています(7月8日のユウスゲ日記にも記録)。

20160716yusuge_pot_leaf01.jpg
2016年7月16日 軽井沢草花館 鉢植え7年目のユウスゲ 斑点の付いたの葉

14日まで、地植のユウスゲの一株が夕方ではなく、夜に咲いていたのですが(下写真)、
その株のつぼみがすべて咲き切ったのと入れ替えに、今度は鉢植えのユウスゲが咲き始めました。
今後も開花を注意深く観察していくつもりです。

20160715yusuge_roji01_0647-0714kaika.jpg
2016年7月15日 6:47 昨夜開花分のユウスゲ 最後の1輪

さて、ここから今日の開花状況です。
本日のユウスゲは16輪。
今日は曇天で気温も低い一日でしたが、たくさんの花が咲きました。
入口前にも一輪咲いてくれました。

20160716yusuge01.jpg
2016年7月16日 17:00 軽井沢草花館 入口前のユウスゲ

看板の前ではキキョウも咲き始めました(下写真)。

20160716kikyo.jpg
2016年7月16日 軽井沢草花館 今年最初に咲いたキキョウ

つづく
posted by kusabanakan at 18:29| ゆうすげ日記

2016年07月15日

2016(34)2006-2015年ユウスゲ開花数のグラフ

小さな美術館軽井沢草花館で最初にユウスゲが咲いた年は2006年のことでした。
昨年2015年のユウスゲ開花シーズンが終わった段階でちょうど10年。
毎日、記録していた開花数のデータをグラフにしてみました。

2006-2015yusuge01.jpg
グラフ:小さな美術館軽井沢草花館で咲いたユウスゲの開花数(縦軸:開花数、横軸:日にち)
※開花数は2006年から2015年までの合計

とてもきれいな放物線を描いたグラフとなり、我ながら感心!
年によって開花時期が早かったり、遅かったりしますが、10年間でまとめてみると、平均化されていることが分かります。
これをみると、軽井沢草花館では8月1日から8月11日頃がユウスゲの開花数が多い時期で、8月6日前後がピークと言えそうです。
今年(2016年)は例年になく早いスピードで開花が進んでいて、今後ピークも少し早くに訪れるのか?
それとも違う結果になるのか? 最終的な結果も楽しみです。

20080810yusuge01.jpg
2008年8月10日 軽井沢草花館 ユウスゲ この日は160輪のユウスゲが咲きました

注意:あくまでも軽井沢草花館の敷地内で咲いたユウスゲの開花数の記録です。
posted by kusabanakan at 21:47| ゆうすげ日記

2016(33)ユウスゲ9輪、マツムシソウ、ヤブカンゾウ開花

今日のユウスゲは昨日と同様9輪咲きました。
朝から雨が降ったり止んだりの天気、気温も上がらず最高気温22.3度、
少し肌寒い一日となりました。

昨年は最初のユウスゲが咲いたのが、ちょうど一年前の7月15日でした。
今年は7月3日に最初の一輪が咲き、昨日14日までに39輪咲いています。
例年に比べてだいぶ速いペースで開花が進んでいますが、これから暑くなってくると、開花のペースもさらにアップしてきそうです。

20160715yusuge-yabukanzo-1810.jpg
2016年7月15日 18:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(左)とヤブカンゾウ(右)

ヤブカンゾウが咲き始めました。
夕方にユウスゲと並んで咲いているところを写真に収めました(上写真)。

20160715yabukanzo01.jpg
2016年7月15日 軽井沢草花館 ヤブカンゾウの花

ほかにも、マツムシソウが咲き始めました。

20160715matsumushiso01.jpg
2016年7月15日 軽井沢草花館 マツムシソウ

キキョウ、オミナエシもつぼみがでて、開花寸前です(下写真)。

20160715kikyo01.jpg
2016年7月15日 軽井沢草花館 キキョウ(つぼみ)

20160715ominaeshi01.jpg
2016年7月15日 軽井沢草花館 オミナエシ
posted by kusabanakan at 20:21| ゆうすげ日記

改訂増補版「軽井沢花だより」7月21日に販売開始予定

新刊本の紹介です。

石川功一画・著 改訂増補版「軽井沢花だより」2,376円(税込)
2016年7月21日より「小さな美術館軽井沢草花館」にて販売開始

草花散策ガイドとして1994年に初版発行した「軽井沢花だより」から22年。1990年代前半の軽井沢の草花にまつわる記憶を綴ったスケッチ&エッセー集として生まれ変わりました。

自主出版書籍につき、基本的に一般の書店では取り扱いがございません。
販売は小さな美術館軽井沢草花館にて行います。詳しくはお問い合わせください。

201607book-info.jpg
201607book-info_text.jpg
小さな美術館軽井沢草花館 HP

posted by kusabanakan at 17:26| 草花館日記

2016年07月14日

2016(32)ユウスゲ9輪、アカバナシモツケソウも開花

午前中は晴天だったものの、午後からは曇天となり、雨が降ったりやんだりの天気となりました。

今日のユウスゲは9輪(夕方16:30現在8輪開花、夜に咲きそうなつぼみが1輪)。
7月3日の初開花以降、じわりじわりと開花数が増えてきています。
平年よりもだいぶ速いペースで開花が進んでいて、
明日以降、二ケタ開花になっていきそうです。
(ちなみに昨年の2015年は最初の一輪が7月15日でした)

20160714yusuge_roji01_1546.jpg
2016年7月14日 15:46 軽井沢草花館 ユウスゲ

また、小さな庭ではアカバナシモツケそうが咲き始めました。
優しいピンク色が加わり、にぎやかになってきました。

20160714akabanashimotsukesou.jpg
2016年7月14日 軽井沢草花館 アカバナシモツケソウ

【小さな鉢植えにも花茎】

20160714yusuge_pot01.jpg
2016年7月14日 軽井沢草花館 鉢植えのユウスゲ(種まき時期不明) 花茎22a

何となしに鉢に植え替えられていたユウスゲに花茎が出ていました。
小さな鉢から出た花茎の高さは22a。
こんなに小さくても花茎がしっかり出ているので、
花も咲くのではないかと思います。
種を撒いたのは、4年くらい前ではないかと思うのですが、
記録はなく、種から発芽して何年目のユウスゲだかわかりませんが、
成長を楽しみに観察しようと思います。


posted by kusabanakan at 16:54| ゆうすげ日記

2016年07月13日

2016(31)ユウスゲ8輪、花茎は75本

今日は朝から雨が降ったり止んだり、霧がまったり、おさまったりと梅雨時らしい天気の一日となりました。ユウスゲは15時くらいから咲きはじめ、16時半くらいにはほぼ全開。
17時現在7輪開花していますが、ヤスゲ(日が暮れてから咲き出すユウスゲの株があり、勝手のヤスゲと呼んでいます)が日が暮れた後に一輪咲きそうです。
7輪は固まって咲いているわけではなく、軽井沢草花館の小さな庭の中でぽつりぽつりと分散して咲いています。
なお、現在軽井沢草花館の敷地内で育てているユウスゲの花茎は確認できた範囲で75本ありました(プランターや鉢植えを含む)。今後大幅に増加していくことはないと思われますが、若干は増えるのではないかと思います。

20160713yusuge_roji01_1625.jpg
2016年7月13日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 17:04| ゆうすげ日記

2016年07月12日

2016(30)ユウスゲ2輪開花

今日は控えめで2輪の開花となりました。
1輪はユウスゲ、そしてもう一輪はヤスゲ(日が暮れてから咲き始めるので勝手にそう呼んでいるユウスゲの一株)です。

下の写真はユウスゲ。夕方咲いて、夜も美しい姿です。

20160712yusuge_roji01_1931.jpg
2016年7月12日 19:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

下の写真は朝7時に撮影したもので、咲いているのは昨夜に咲いた花です。

20160712yusuge_roji01_0658-0711kaika.jpg
2016年7月12日 7:00 軽井沢草花館 ユウスゲ(ヤスゲ) 昨夜に開花したもの

下の写真は、19:30に上の写真と同じ位置から撮影したものです。
昨夜咲いたユウスゲがきれいにそのまま咲き続け、その上にもう一輪咲き始めています(これが本日開花分)。

本来のユウスゲであれば、昨夜咲いたユウスゲはすでに(今日)しぼんでいて、
本日開花するユウスゲはすでに咲ききっている時間帯です。
開花時間が遅く、昨日と今日に咲き始めたユウスゲが一緒に並んで咲いているという不思議な絵です。

20160712yusuge_roji01_1930-0711&0712kaika.jpg
2016年7月12日 19:30 軽井沢草花館 ユウスゲ(ヤスゲ)
下:昨夜に開花したもの、上:本日夜開花分(半開き)

つづく
posted by kusabanakan at 21:31| ゆうすげ日記

2016年07月11日

2016(29)ユウスゲ6輪開花

今日のユウスゲは6輪開花です。
(昨日と同様、日の暮れるころまでに5輪、今夜1輪)

20160711yusuge_roji01_1643.jpg
2016年7月11日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ 2つ一緒に開花

上の写真のユウスゲは同じ花茎から2つ一緒に咲きました。
咲いたばかりの状態で、上品な色がとてもきれいです。
ユウスゲの花には、ほのかで上品な香りがしますが、咲きたユウスゲからは特にそれを感じます。
下の写真は別のユウスゲ、横から撮影しました。

20160711yusuge_roji02_1644.jpg
2016年7月11日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ

さて、下の写真は朝6:45に撮影したものです。
その中の左の1輪は昨日の夕方咲いたユウスゲ。
そして、右は1輪は昨夜の日没後になってから咲き始めたユウスゲで、ここではヤスゲ(夜菅)と勝手に呼んで分けています。
ヤスゲの花の色は普通のユウスゲよりも濃く、下の写真のように並べて写真に納まると、その違いが少しでも分かっていただけるのではないかと思います。

20160711yusuge_roji01_0652-0710kaika.jpg
2016年7月11日 朝6:50 軽井沢草花館 左:昨日の夕方咲いたユウスゲ、右:昨日の夜咲いたユウスゲ

上の写真は朝に撮影したものなので、どちらも花がしぼんでいませんが、一番気温が高くなる時間帯に撮影した写真(下)で見てみると、昨日夕に咲いたユウスゲはすっかりしぼんでしまっています。
ユウスゲは一日花で、夕方咲いて、翌日の日差しでしぼんでしまうのが通例。
日中もしっかり美しい状態で咲き続けているユウスゲ(ヤスゲ)は、ちょっとした変わり者です。

20160711yusuge_roji01_1403-0710kaika.jpg
2016年7月11日 14:00 軽井沢草花館 左:昨日の夕方咲いたユウスゲ、右:昨日の夜咲いたユウスゲ

ユウスゲの花期はあと1か月くらい続きます。
今後、さらに開花数を増やしていきながら、毎夕楽しませてくれそうです。

つづく
posted by kusabanakan at 20:16| ゆうすげ日記

緑のカーテン2016(10)ウチワドコロ開花

2011年から始めた緑のカーテンの観察日記です。

7月6日以来、5日ぶりの更新です。
数日前から、ウチワドコロに花が咲き始めました。
他、昨年まではこの時期に花を咲かせていたノブドウやイケマには花芽がついておらず、今年は花が咲きそうにありません。

20160711midori00.jpg
2016年7月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は5日前の状態です。
パッとみて比べてみて、大きな差は感じられません。
しかし、期間が短いものの、ウチワドコロ、ジネンジョ、イケマ、ノブドウ、チョウセンゴミシの蔓が日々伸びてきており、緑のカーテンとしての効果を着実に増加させてくれています。

20160706midori00.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真はウチワドコロの花です。

20160711midori-uchiwa01.jpg
2016年7月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロノの花

つづく
posted by kusabanakan at 19:39| 緑のカーテン

2016年07月10日

2016(28)ユウスゲ5輪開花

今日のユウスゲは5輪開花です。

20160710yusuge_roji01_1640.jpg
2016年7月10日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ

といっても、夕方17:30現在咲いているのは4輪で、もう1輪は日が暮れた後になってから咲きそうなユウスゲです。
下の写真の左端のつぼみがその、今晩開花しそうな1輪です。
この株は7月3日から咲き出していますが、開花時間が遅く、日暮れ以降に咲いて次の日の日中も咲き続けています。
中央で咲いているのは昨晩(7/9)開花した一輪ですが、日中しぼむことなく咲き続けています。
また、上の写真のユウスゲと比べてもわかるように黄色がとても濃いです。

20160710yusuge_rojiB01_0616_0709kaika.jpg
2016年7月10日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ 左つぼみ:今晩開花(予想)、中央:昨晩開花
posted by kusabanakan at 17:47| ゆうすげ日記

カラスvsアスター(80)

カラスvsアスター(80)

20160701karasu-aster131.jpg
第131話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2016年07月09日

2016(27)ユウスゲ4輪開花

今シーズン初めて複数のユウスゲが咲きました。
現在(20:00時)、開花しているユウスゲは3輪、そしてもう少しで開花しそうなユウスゲ(ヤスゲ:昨日の日記参照)が1輪で合計4輪です。

下2枚の写真は17時半に撮影したものです。
朝から続いた雨もようやく夕方になって止み、咲いたばかりのユウスゲには雨粒がついていました。

20160709yusuge_roji01_1732.jpg
2016年7月9日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

20160709yusuge_roji02_1732.jpg
2016年7月9日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

つづく
posted by kusabanakan at 20:41| ゆうすげ日記

2016年07月08日

2016(26)ヤスゲ(夜菅)? 他、ユウスゲ1年目から8年目

ユウスゲ一輪、開花しました。

20160708yusuge_rojiB01_1943.jpg
2016年7月8日 19:43 軽井沢草花館 ユウスゲ

今日咲いたユウスゲは7月3日に咲き始めたユウスゲと同じ株からです。
本来のユウスゲであれば夕暮れ時に開花しているはずですが、
どういうわけかこの株のユウスゲは完全に日が暮れてからでないと花が開いてこないのです。
下の写真は今日の16:41に撮影したものです。
本来のユウスゲであれば花が咲いているか、もしくは少し咲き始めているころですが、
まだ、つぼみの先端がわずかに割れてきた程度です。

20160708yusuge_rojiB01_1641.jpg
2016年7月8日 16:41 軽井沢草花館 ユウスゲ

写真ではわかりにくいのですが、花の色もほかのユウスゲよりも黄色味が濃く、
また、草花館で咲くユウスゲの中では花茎の高さが非常に低いです。
さらには、夜に咲き始めた花は翌日の日中にも咲き続け、サービス精神旺盛です。
そうなると、別種のようにも思えてきますが、夕方以降に咲き始めているので、少なくてもニッコウキスゲやカンゾウでないのは明らかです。
ほかの植物と交配したものなのかもしれませんが、そこまで追求しても正直よくわかりません。
個性の強いユウスゲだろうと思うので、
普通のユウスゲと区別するため、ここでは仮に「ヤスゲ(夜菅)」と呼ぶことにします。

以下、種から育てている1年目から8年目までのユウスゲの苗の状態を記します。

【1年目 プランター】

下の写真は種まきの時期が約1か月違う1年目の苗です。
どちらも順調に大きくなってきていますが、やはり先行して種まきした苗のほうが葉高が高く立派です。

20160708yusuge_1y_planter_01_20160412_0518.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目
上段:5月18日種まき、下段4月12日種まき

【2年目 プランター】

2年目の苗は最も葉高の高いもので25a。2年目ということもあって、花茎はまだ出ませんが、
立派に成長しています。

20160708yusuge_2y_planter_01_20150414.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター2年目 2015年4月14日種まき

【3年目 プランター】

3年目の苗は最も葉高の高いもので35a。2年目よりも高いく、また葉っぱの幅も太く成長しています。
花茎は出てきていません。

20160708yusuge_3y_planter_01_20140411.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目 2014年4月23日種まき

【4年目 プランター】

すでに葉っぱが折れ曲がってしまっているので、参考程度ですが、葉高は49aありました。
4年目ですが、まだ花茎は出てきていません。

20160708yusuge_5y_planter_01_20130423.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター4年目 2013年4月23日種まき

【7年目 鉢植え その1】

鉢植えで育てて7年目になるユウスゲはすでに花茎が2本出ています。
葉高は49a(すでに折れ曲がっていますが)、花茎は89aに達し、
花茎の上部には2本ともつぼみが付き始めています。

20160708yusuge_pot_7y_A04.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え7年目

また、この鉢のユウスゲは葉っぱに斑点が付いています(下写真)。
これは今年に限ったことではなく、何年も前から同じように斑点が出ていた記憶です。
病気なのかもしれませんが、花茎が出てつぼみも出ていて、
他に変わったところは見られません。

20160708yusuge_pot_7y_A02.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え7年目 葉っぱについた斑点

【7年目 鉢植え その2】

上と同様で鉢植え7年目のユウスゲです。
1本だけですが、花茎が出てきています。
葉高75aに対して花茎はまだ49a。これからまだまだ伸びていきそうです。

20160708yusuge_pot_7y_B01.jpg

【8年目 プランター その1】

プランターで8年目のユウスゲですが、まだ花茎は出てきていません。
葉っぱの量はとても多いのですが、プランターの大きさに対してユウスゲの苗の間隔が過密すぎるのかもしれません。
葉っぱは折れ曲がっていますが、一番高いところで46aありました。

20160708yusuge_8y_planter_A01.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目 葉高46a

【8年目 プランター その2】

こちらの8年目(プランター)には花茎が5本出ています。
プランターのサイズも大きく、地植えのユウスゲにの劣らない立派なサイズに成長しています。

20160708yusuge_8y_planter_B01.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

花茎の高さは127aと立派。
昨年の枯れた花茎の高さが121なので、昨年よりも高く成長しています。
つぼみも付き始めていて、7月中旬ころには咲き始めそうです。

20160708yusuge_8y_planter_B02.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

【地植え 小さな庭のユウスゲ】

敷地全体、ざっくり数えたところ、花茎の数は70本でした。
花茎の一番高くなったもので150a。
つぼみを付けたものも多数あり、おそらく7月10日過ぎあたりから毎夕、開花が見られそうです。

20160708yusuge_roji01.jpg
2016年7月8日 軽井沢草花館 小さな庭に地植えしたユウスゲ

【地植え 看板前のユウスゲ】

今日の開花はありませんでした。
下の写真は昨日の夕方咲いたユウスゲです。

ユウスゲは夕方から咲き始めて、翌朝にしぼんでしまう一日花。
日差しの出る朝の時間帯には下の写真のようにしぼんでしまいます。
※文頭に記したユウスゲ(ヤスゲ)は朝になってもしぼまず、一日中咲き続けています。

20160708yusuge_rojiC01_0615-0707kaika.jpg
2016年7月8日 朝6時15分 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ

以上、長い日記となりました。
つづく
posted by kusabanakan at 18:05| ゆうすげ日記

2016年07月07日

2016(25)ユウスゲ一輪開花

昨日、今日と2日続けて真夏日(30度以上)となりました。
2日前は気温が低く寒いくらいだっただけに体にこたえる、気候の変化です。

さて、昨日の夜に一輪、そして今日の夕方には、看板前のユウスゲが一輪花を咲かせました。

まず、今日の夕方に咲いたユウスゲです(下写真)。
夕暮れ時にやさしいイエローの花。大変美しいです。

20160707yusuge_rojiC03_1745.jpg
2016年7月7日 17:45 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ(この株の最初の一輪)

花茎の高さは117aで、7月2日から変わりません。

20160707yusuge_rojiC02_1654.jpg
2016年7月7日 16:55 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ 花茎117a

昨年から、この看板前のユウスゲの花茎高さを毎日記録しています。
グラフ(下)にしてみたところ、興味深い考察ができました。

2015-2016看板前ユウスゲ花茎グラフ.jpg
グラフ:軽井沢草花館 看板前のユウスゲ 花茎の高さの変化

グラフは横軸に日付、縦軸に花茎高さを示しています。
昨年は7月11日まで花茎を伸ばし続け(132a)、その後花茎の高さに変化はなかったもの、つぼみが膨らんできて7月16日に開花しました。
今年は、花茎の出る時期が早く、そのままの勢いで成長。7月2日には花茎が117aとなり、さらに昨年記録した132aまで花茎が伸びるのではないかと予測していましたが、昨年よりも15a低い117aのまま開花となりました。

去年と今年のユウスゲ花茎に共通するのは「ある高さにまで成長すると、6日間は花茎の高さに変化がなく、6日目に開花する」というもの。花茎の出はじめた時期や、高さに差は出ましたが、花茎の高さの推移はとても似ているものでした。

【夜咲きのユウスゲ 昨晩一輪】

夕方ではなく、夜間に花を咲かせているユウスゲ?
昨日の夜も一輪咲いたようで、翌朝(今朝)初めてわかりました。
下の写真は朝の7時前に撮影したもの。

20160707yusuge_rojiB01_0657-0706kaika.jpg
2016年7月7日 6:57 軽井沢草花館 ユウスゲ

下の写真は夕方撮影したもの。日中は30度を超える暑い一日でしたが、昨日の夜に咲き始めたユウスゲがきれいな状態で咲き続けていました。(写真の左隅にあるユウスゲが今にも開きそうです)

20160707yusuge_rojiB02_1645-0706kaika.jpg
2016年7月7日 16:45 軽井沢草花館 ユウスゲ

つづく
posted by kusabanakan at 19:14| ゆうすげ日記

2016年07月06日

2016(24)夜咲きユウスゲ昨夜一輪、今夜も1輪

気温の低かった昨日(7/5)、夕方になってもユウスゲの開花数はゼロでした。
ところが、今朝起きてみると、一輪咲いていました。
3日の夜に咲いたのと同じ株のユウスゲです。
下の写真は朝7時5分に撮影したもので、昨夜咲いたユウスゲです。
まだ瑞々しい姿を保っています。

20160706yusuge_rojiB01_0705_0705kaika.jpg
2016年7月6日 7:05 軽井沢草花館 昨日(7/5)の夜咲き始めたユウスゲ

やはり、色も濃いですし、咲き初めの時間帯が遅いので、
ほかの通常のユウスゲとは違う個性を持ったユウスゲなんだろうと思います。
しぼんでいる花びらは、3日の夜に咲き始めたユウスゲ。
一日花のユウスゲが、およそ3日間も花弁を落さずにいるのは珍しいことかもしれません。

下の写真は横から撮影した写真です。

20160706yusuge_rojiB02_0705_0705kaika.jpg
2016年7月6日 7:05 軽井沢草花館 昨日(7/5)の夜咲き始めたユウスゲ

そして、今日の夕方に様子を見てみると、昨日の夜に咲き始めたユウスゲはまだきれいな状態でした。
他のつぼみも膨らんでいるものがあり、何時咲くだろうと、のんきに思っていました。

20160706yusuge_rojiB03_1627_0705kaika.jpg
2016年7月6日 16:27 軽井沢草花館 昨日(7/5)の夜咲き始めたユウスゲ

ところが、18時半を過ぎたころにもう一度見てみると、なんと新たに一輪咲いていました(下写真)。

20160706yusuge_rojiB04_1843.jpg
2016年7月6日 18:42 軽井沢草花館
左:今日咲き始めたユウスゲ、右:昨日(7/5)の夜咲き始めたユウスゲ

なんだか、どれがいつ咲いた花なのか、わからなくなりそうなので
下のように、整理してみました。

20160706yusuge_rojiB05_1843.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 7/3から7/6に開花したユウスゲ

3輪とも、夕方の時間帯に咲き始めるのではなく、夜になってから咲き始めています。
こうなると、夕方に咲く「ユウスゲ(夕菅)」ではなく、夜に咲く「ヤスゲ(夜菅)」と呼びたくなります。

同じ株にはつぼみがたくさん残っているので、残りの花もどの時間帯に咲くのか、注意深く観察していこうと思います。

【看板前のユウスゲ】

看板前のユウスゲは、花茎の117aで以下のような状態です。
つぼみがだいぶ膨らんできているので、一両日中に咲き始めるのではないかと思っています。

20160706yusuge_rojiC01.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ 花茎117a

20160706yusuge_rojiC02.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 看板前のユウスゲ つぼみ65_

つづく
posted by kusabanakan at 19:29| ゆうすげ日記

緑のカーテン2016(9)イケマ、ノブドウおとなしく

2011年から始めた緑のカーテンの観察日記です。

6月29日以来、1週間ぶりの更新です。

20160706midori00.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は1週間前の状態です。
一見、大きな差があるようには見えませんが、
つる(特にウチワドコロ)の成長が止まることなく続いていて、
ネットに絡みついた葉っぱの数などは増え続けています。
ウチワドコロには

20160629midori00.jpg
2016年6月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は10日前の状態です。
見比べると、それほど劇的に変わった感じはしませんが、着実に蔓が伸びていて、葉っぱの量も増えています。
というのも、毎日、伸びすぎて天井にまで達した蔓を一度ほぐして、下向きに巻き直しする作業が続いているからです。
今後もさらに成長が続きそうです。

下は違う角度からみたカーテンの様子です。
今年の特徴は
ウチワドコロとジネンジョの蔓がひときわ元気なこと。
軽井沢草花館の緑のカーテンでは現在、
ウチワドコロ、ジネンジョ、ノブドウ、イケマ、チョウセンゴミシの5種類がネットに絡みついて緑のカーテンを形成していますが、今年の割合は、現在のところウチワドコロ75%、ジネンジョ14%、ノブドウ、5%、イケマ5%、チョウセンゴミシ1%くらいな感じです(目測で)。
ノブドウやイケマもネットに絡みついていますが、昨年までの勢いはなく、つぼみもなく、おとなしくしている感じです。

20160706midori01.jpg
2016年7月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 18:02| 緑のカーテン

2016年07月04日

2016(23)今年最初のユウスゲ(3)日中も咲き続ける

昨日の夜から咲き始めたユウスゲは、朝には満開となりました。
ユウスゲは夕方から咲き始めて、夜間咲き続け、次の日の日差しでしぼんでしまう一日花なのですが、
今年最初に咲いたユウスゲは、日中も咲き続け、とうとう夕方になっても何とかきれいな状態を保ちました。
今日は一日曇りで、時々日差しが差し込んでくるような天気でしたが、
まるで日中に咲くニッコウキスゲのような咲き方で楽しませてくれました。
ただし、ちょっと変わったユウスゲなんだろうと思います。

下の写真は夕方15時55分に撮影したものです。
近くで見ると、花びらが痛んでいるのが分かりますが、遠目から見る分には今咲いたばかりの花のようです。

20160704yusuge_rojiB06_1555.jpg
2016年7月4日 15:55 軽井沢草花館 昨日の夜咲き始めたユウスゲ

※今日のところは新たにユウスゲの開花はありませんでし。次に咲くとしたら、このユウスゲの他のつぼみが開花するのが一番可能性として高いように思います。

下の写真は15時16分に撮影したものですが、花の蜜を吸いに虫がやってきていました。
普通のユウスゲであれば、この時間帯からぼちぼちつぼみが膨らみ始めて、開花を始める頃です。

20160704yusuge_rojiB05_1516.jpg
2016年7月4日 15:16 軽井沢草花館 昨日の夜咲き始めたユウスゲ

下の写真は午前中に撮影したもの。
まだとてもきれいな状態でした。

20160704yusuge_rojiB06_1555.jpg
2016年7月4日 10:28 軽井沢草花館 昨日の夜咲き始めたユウスゲ
posted by kusabanakan at 16:26| ゆうすげ日記

ブナ日記(54)ブナ変わらず、イヌブナ幹太く

(2014年春に種から発芽したブナとイヌブナの生長記録です)
6月22日以来、12日ぶりの更新です。

その間に大きな変化は見られませんでしたが、記録として日記に収めます。
(イヌブナの幹直径がわずかに太くなりました)

20160704buna&inubana01.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

20160704buna&inubana02.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナ&イヌブナ実生3年

以下は、各々の樹高測定結果です。

【ブナA(スーさん)】

20160704banaA01.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 樹高19a

20160704banaA02.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 上からの撮影

20160704banaA03.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナA(スーさん)実生3年目 幹直径5.0_

幹の根元部分にはウリのような緑色っぽい筋が縦に入っている。兄弟のブナB(タンさん)には見られない。

【ブナB(タンさん)】

20160704banaB01.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 樹高21a

20160704banaB02.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 上からの撮影

20160704banaB03.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 ブナB(タンさん)実生3年目 幹直径4.0_

兄弟ブナA(スーさん)には幹の根元部分に縦の筋があったが、このブナB(タンさん)には見られない。

【イヌブナ(ソンさん)】

20160704inubana01.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 樹高19a

20160704inubana02.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)実生3年目 上からの撮影

20160704inubana03.jpg
2016年7月4日 軽井沢草花館 イヌブナ(ソンさん)幹直径4.5_

【成長記録】

【樹高】前回(6/22)から変化なし

ブナA(スーさん) 5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_

ブナB(タンさん) 5/1:108_、5/9:113_、5/28:113_、6/12:113_、6/28:115_、7/12:157_、7/22:157_、8/10:165_、9/5:168_、9/18:168_、10/5:168_、10/24:168_、11/12:168_、11/29:168_、12/30:168_、2016.4/1:170_、4/23:170_、5/1:170_、5/8:200_、5/20:200_、5/29:200_、6/5:200_、6/22:210_、7/4:210_

イヌブナ(ソンさん) 5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_

【冬芽】

ブナA(スーさん) 9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ

ブナB(タンさん) 9/5:7_、9/18:9_、10/5:12_、10/24:12_、11/12:12_、11/29:12_、12/30:12_、2016.4/1:12_、4/23:18_、5/1:芽吹きはじめ

イヌブナ(ソンさん)9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ

【幹直径】前回(6/22)から比べて、イヌブナの幹が0.5_太くなりました。

ブナA(スーさん) 5/1:Φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_
ブナB(タンさん) 5/1:Φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.0_
イヌブナ(ソンさん) 5/1:Φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_

つづく
posted by kusabanakan at 15:41| ブナ日記

【展示紹介】ヤマハギ

2016年度 軽井沢草花館20周年記念 特別企画展

==================
草花スケッチ×草木染による染色見本
「軽井沢の草絵染展T−X」より(V)

7/6から9/5まで
==================

石川功一の描いた軽井沢の草花スケッチと、山崎青樹をはじめとした草木染の染色工芸家の染めた染色見本のコラボレーション企画を開催しています。

あさって7月6日(水)から始まる第V期目は石川功一の草花図(水彩スケッチ+油彩画で40点)と草木染による染色見本25種(山崎青樹11点、山崎和樹11点、浅沼真知1点、三浦由紀2点)が公開予定です(9/5まで)。

主な展示作品はワレモコウ、ヤマハギ、ヤマウルシ、ウシノシッペイ、ウワミズザクラ、クズ、アサマフウロ、ハナヒョウタンボク等です。

以下、展示作品の中からヤマハギをご紹介します。
軽井沢での開花時期はおおむね8月で、秋の七草としても知られます。
※同時に七草のススキとクズ(スケッチと草木染見本)も展示します。
yamahagi.jpg
石川功一 軽井沢 草花スケッチ ヤマハギ 1990年8月19日

yamahagi_colour.jpg
山崎和樹 草木染 ヤマハギ 1983年

展示の詳細は小さな美術館軽井沢草花館のHPをご覧ください


秋の七草のひとつでもある「ヤマハギ」です。
posted by kusabanakan at 14:22| 展示紹介

2016(22)今年最初のユウスゲ(その2)

昨晩、咲き切らなかったユウスゲの花も
朝には満開になっていました。
黄色味の濃いユウスゲです。

20160704yusuge_rojiB03_0617.jpg
2016年7月4日 6:16 軽井沢草花館 ユウスゲ 今年最初の開花

早朝にひと雨降って、咲いたばかりの花には水滴がたくさんついていました。

20160704yusuge_rojiB01_0616.jpg
2016年7月4日 6:16 軽井沢草花館 ユウスゲ 今年最初の開花

下の写真は昨夜8時半に撮影したときのもので、
本来であればこの時間にもなれば、すでに満開になっているはずのユウスゲですが、
この個体に限って言えば、まだ花が開き切らない状態でした。

20160703yusuge_rojiB04_1950.jpg
2016年7月3日 20:30 軽井沢草花館 ユウスゲ 今年最初の開花

花の色も、若干黄色味が濃いと感じます。
ほかの株に比べて、ずいぶん早い時期に開花したこともあり、
変異のある個体なのかな?
と思ったりもします。

そう言えば、2年前(だったか?)から鉢植えで育てているユウスゲに同じように色の濃いものを確認しています。
特別早くに咲いたわけではありませんが、色が濃く、花びらが若干ちぢれていたように記憶しています。
今年も咲くかもしれないので、注意深く観察してみようと思います。
(写真が残っているはずなので、今度見返してみようと思います)

幸い、ほかの株の花が咲いていないので、
軽井沢草花館の庭の中で交配して種子ができることもなさそうですが、
この株の位置をきちんとマーキングして、
種子ができた時には分けて収穫し、場合によっては専用の鉢で発芽させてみようとも思います。

20160704yusuge_rojiB02_0616.jpg
2016年7月4日 6:16 軽井沢草花館 ユウスゲ 今年最初の開花 全景
posted by kusabanakan at 08:56| ゆうすげ日記