2016年07月24日

2016(43)ユウスゲ暫定24輪 イモムシ花食べる

今日のユウスゲは18:30時点で暫定24輪開花です。
日中はおおむね晴れでしたが、雲の多い天気でもありました。

20160724yusuge01-1835.jpg
2016年7月24日 18:25 軽井沢草花館 ユウスゲ 左:本日開花、右:昨日開花

夕方になっても昨日咲いたユウスゲがしおれずにきれいな状態で残っていたりします。
開花数を数えようとすると、今日のユウスゲか、昨日のユウスゲか?
これから咲くつぼみなのか? 
といった調子ではっきりとした数がつかめませんでした。
明日の朝、開花数を確定します。

また、昨日のユウスゲ日記には16輪開花としましたが、今朝改めて数を数えてみると、21輪も咲いていました。
訂正します。7月23日の夕方は21輪でした。

さて、今日は面白い発見をしました。
咲き終わった後のユウスゲの花びらが落ちていたので拾おうとしたら、イモムシが一緒についてきて、よく見ると、ユウスゲの花びらを食べていたのです。
かじった跡が2aくらいあり、体の大きさからいうとかなりの量だと思いますが、夢中で食べ続けていました。
孵化するとどんな蝶々になるのでしょうか。

20160724yusuge-imomushi.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲの花びらを食べるイモムシ

以下、種から育てている1年目から8年目までのユウスゲの苗の状態を記します。

【1年目 プランター】

下の写真は種まきの時期が約1か月違う1年目の苗です。
葉高など寸法の測定は行いませんでしたが、前回(7月8日のユウスゲ日記参照)、16日前と比べて大きくなっています。
また、4月に蒔いた種と5月に蒔いた種では、4月に蒔いた種のほうが発芽も早く、成長も早く進んでいます。
その差が、縮まっていくのではないかと思ってみているのですが、今のところ差は歴然としてあります。

20160724yusuge_1y_planter_01_20160412_0518.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター1年目
上段:5月18日種まき、下段4月12日種まき

【2年目 プランター】

2年目も順調に成長しています。花茎は出ていません。

20160724yusuge_2y_planter_01_20150510.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター2年目 2015年5月10日種まき

【3年目 プランター】

こちらも葉っぱは立派になりましたが、花茎は出てきていません。

20160724yusuge_3y_planter_01_20140411.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター3年目 2014年4月11日種まき

【4年目 プランター】

4年目ですが、まだ花茎は出てきていません。葉っぱは1〜3年目のユウスゲよりも立派です。

20160724yusuge_4y_planter_01_20130423.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター4年目 2013年4月23日種まき

【7年目 鉢植え その1】

20160724yusuge_pot_7y_A01.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え7年目

鉢植えで育てて7年目になるユウスゲからは花茎が2本出て、
花が咲き始めています。
花茎は高いほうで96aあり、前回(7/8)の89aから7a伸びていました。

※この鉢植えのユウスゲは花の色が濃く、
花の開く時間帯も遅い個体だというのがわかりました。
株が2つあり、両方から1本づつ花茎がでて花が咲きましたが、
どちらも色が濃く、開花時間の遅い花が咲いています。

【7年目 鉢植え その2】

上と同様で鉢植え7年目のユウスゲです。
1本だけ出た花茎は前回(7/8)の49aから100aへと大きく伸びました。
先端には小さなつぼみが付いていて、今後花を咲かせることでしょう。

20160724yusuge_pot_7y_B01.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え7年目

【8年目 プランター その1】

プランターで8年目のユウスゲです。
葉っぱの量も多く、かなり立派ですが、花茎は出てきていません。
年数が多ければ、花茎が出て花が咲くわけではないようです。

20160724yusuge_8y_planter_A01.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

【8年目 プランター その2】

こちらの8年目(プランター)には花茎が5本出ています。
すでに何本かの花茎から花が咲きました。
一番伸びている花茎の高さは142aで、前回(7/8)の127aから15a伸びていました。

20160724yusuge_8y_planter_B01.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター8年目

【地植え 小さな庭のユウスゲ】

ほどよい数のユウスゲが毎夕咲いています。
今年は開花の始まりが早くに訪れましたので、この先の咲き具合が気になるところです。

20160724yusuge_roji01.jpg
2016年7月24日 16:30 軽井沢草花館 小さな庭に地植えしたユウスゲ

【その他 今年はアブラムシが少ない】

なぜだかわかりませんが、今年ユウスゲにつく白いアブラムシが少ないです。
いないわけではありませんが、いつもの年に比べるとたいへん少なく、世話をする身からすると助かっています。
posted by kusabanakan at 21:35| ゆうすげ日記

緑のカーテン2016(11) 黄葉始まるも成長続く

2011年から始めた緑のカーテンの観察日記です。

7月11日以来、約2週間ぶりの更新です。

20160724midori00.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は7月11日の時の様子です。
全体的に葉っぱの色が黄色味を帯び始めてきた感じもありますが、
ネットに絡んでいる蔓植物は今でも成長して伸び続けています。
(緑の鮮やかさは、おそらく7月の中旬ころがピークのようでした)

20160711midori00.jpg
2016年7月11日 軽井沢草花館 緑のカーテン

今年はウチワドコロとジネンジョの成長が著しく、ノブドウとイケマの成長は影を潜めています。
結局、ノブドウとイケマには花芽がつかず花は咲きませんでした。
2011年から始めた緑のカーテンで初めてのことです。

また、今年の特徴として、草花館の周辺に虫が少ないです。
まったくいないわけではなく、葉っぱもところどころ喰われていますが、
昨年のようにイケマの葉っぱがすべて喰われてしまうようなことがありません。
5月の中旬、下旬、6月下旬の3回、市販の花壇用殺虫剤を軽くスプレーしたので、その効果があったのか?
世話をする立場からすると大変助かりますが、少なすぎると心配になります。

殺虫剤は撒きませんが、地植えやプランターのユウスゲにアブラムシが少なかったり、
毎年6月頃から大量に発生するアリがほとんどいなかったり、
7月頃になると蜂がたくさんやってきて巣を作ったりするのに、ほとんど見かけないなど
今年は”虫”が少ないです。

20160724midori02uchiwadokoro.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 緑のカーテン 黄葉したウチワドコロの葉

20160724midori01.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 緑のカーテン テラス側より

現在、ウチワドコロの花がたくさん咲いています(下写真)。
また、ここにきて、一番成長著しいのがジネンジョです。
毎日数十a単位で蔓を伸ばしています。

20160724midori03.jpg
2016年7月24日 軽井沢草花館 緑のカーテン 厚みのあるカーテンになりました

つづく
posted by kusabanakan at 15:31| 緑のカーテン

カラスvsアスター(81)

カラスvsアスター(81)

20160702karasu-aster139.jpg
第139話(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター