2016年07月26日

2016(45)天候不順でユウスゲ開花数がわからず 

今日のユウスゲ開花数は、はっきりとした開花数がわかりませんでした。
というのも、今日一日気温の低い状態と雨が続き(16:00現在、最低気温16.8度、最高気温18.3度)、昨日咲いたユウスゲがきれいな状態で残っていて、夕方の時点では今日咲いたものなのか、昨日咲いたものなのかの区別が付かないのです。

20160726yusuge02-1617.jpg
2016年7月26日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

暫定的に数えてみようと思いましたが、数え方の違いで、開花数20〜45と幅がでてしまい、数えるのを断念しました。
明日の朝、もう一度確認しようと思います。

20160726yusuge01-1620.jpg
2016年7月26日 16:20 軽井沢草花館  雨に打たれながら咲くユウスゲ

また、ユウスゲに咲く小さな庭の一角でトモエソウが咲き始めました(下写真)。

20160726tomoeso.jpg
2016年7月26日 軽井沢草花館 トモエソウ
posted by kusabanakan at 17:21| ゆうすげ日記

【展示紹介】ユウスゲ(アサマキスゲ)

2016年度 軽井沢草花館20周年記念 特別企画展

==================
草花スケッチ×草木染による染色見本
「軽井沢の草絵染展T−X」より(V)

7/6から9/5まで
==================

石川功一の描いた軽井沢の草花スケッチと、山崎青樹をはじめとした草木染の染色工芸家の染めた染色見本のコラボレーション企画を開催しています(T〜X)。
7月6日から始まっている第V期目の展示ですが、7月中旬に数点の作品を展示替えしました。現在(7月25日)石川功一の草花図(水彩スケッチ+油彩画で41点)と草木染による染色見本28種(山崎青樹11点、山崎和樹11点、浅沼真知1点、三浦由紀4点、大林治子1点)が公開されています(9/5まで)。

主な展示作品はワレモコウ、ヤマハギ、ヤマウルシ、ウシノシッペイ、ウワミズザクラ、クズ、アサマフウロ、ハナヒョウタンボク等、夏に描かれた作品が中心となっています。

以下、展示作品の中よりユウスゲを紹介します。
石川功一の代表作ともいえるユウスゲの作品の中から、本展では油彩画5点と水彩スケッチ1点を公開中です。
そして、草木染では三浦由紀、大林治子両氏によって染められた染色見本を石川功一の作品に並べて展示しています。

yusuge01.jpg
石川功一 水彩スケッチ ユウスゲ(アサマキスゲ) 1989年8月31日

yusuge_miura_colour.jpg
三浦由紀 草木染 ユウスゲ 2016年7月

上は、群馬県上野村で制作活動されている三浦先生によるユウスゲの草木染です。
軽井沢草花館のユウスゲの苗(花茎がまだ出ていない5月中旬)を根っこごと乾燥させ、根の部分で染めた染色見本となります。
ほかにも、乾燥葉で染めた作品など、計3パターンの(ユウスゲ)染色見本を展示しております。

yusuge02.jpg
石川功一 油彩画50号 ユウスゲ(アサマキスゲ) 2004年

yusuge_ohbayashi_colour.jpg
大林治子 草木染 ユウスゲ 2004年

上は、鎌倉市で制作活動されている大林先生によるユウスゲの草木染です。
こちらも軽井沢草花館のユウスゲ苗から染めていただきましたが、三浦先生の染めとは異なり、
生の葉っぱと根を染めたものです。
ユウスゲの花の色のような淡い色に染まっています。

展示の詳細は小さな美術館軽井沢草花館のHPをご覧ください
※本日、7/26(火)は定休日です。ただし、8月は無休。
posted by kusabanakan at 12:00| 展示紹介