2017年05月10日

2017(6)乾燥の日々から久しぶりの雨

ようやく、雨が降りました。
4月18日に15.5_の降水量を記録してからまとまった降水がなく、乾燥した日々が続いていました。
昨日の夜から降り始めた雨は小雨か霧雨といった降り方で、雨量としては少ないかもしれませんが、ほぼ終日薄い霧が立ち、潤いのある一日でした。

草花館の庭のユウスゲも、この雨で生き生きしているように見えました。

20170510kusabanakan_niwa02.jpg
2017年5月10日 軽井沢草花館 霧雨の中のユウスゲ苗

プランター、鉢植え、そして地植えのユウスゲも順調に成長しています(上下写真)

主なユウスゲの草丈(最大値)
・地植え:25a
・鉢植え(9年目):35a
・プランター(9年目):40a
・プランター(2年目):9.5a
・プランター(1年目):0(まだ発芽せず)

20170510kusabanakan_niwa01.jpg
2017年5月10日 軽井沢草花館 霧雨の中のユウスゲ苗

ユウスゲ以外にも、ワレモコウ、アカバナシモツケソウ、オミナエシ、アヤメ、ヤマホタルブクロなどの若芽が順調に大きく成長しています。特にアカバナシモツケソウが増えてユウスゲの成長を脅かすほどになったので、根を間引いて株分けしました。

20170510kusabanakan_niwa03.jpg
2017年5月10日 軽井沢草花館 ユウスゲやその他、植物の若芽
posted by kusabanakan at 16:30| ゆうすげ日記

篠原良子さんのパンフラワー作品

現在、館内で展示している篠原良子さんのパンフラワーアート作品の紹介です。

20170510shinohara_ryouko_fukinotou_matsumushisou.jpg
2017年5月4日 軽井沢草花館 受付にディスプレイした2作品
(左:マツムシソウ、右:フキノトウ) 

上の写真で受け付け台に活けてあるマツムシソウとフキノトウ。
とても自然なたたずまいで咲いていますが、両方とも樹脂粘土で作られたパンフラワーアート作品、つまり造花です。

作者の篠原さんが趣味で作った作品とのことで、これを草花館のお客様として昨年見せていただいたときに、あまりにもすばらしかったので、昨年の秋からお借りをして今年度いっぱいの予定で展示させていただいています。
これを見てびっくりされるお客様が多く、ついつい手で触れてしまうことがしばしば(お手を触れませんように…)。
樹脂粘土で作られたものだと分かると、感動していかれます。

下はフキノトウ作品を拡大して撮影したもの。
質感や色がとてもリアルで、植物の息吹が感じられそうです。
作るときには実際の植物を見ながら作るそうで、植物の細部にわたって作り込まれています。

20170510shinohara_ryouko_fukinotou.jpg
「フキノトウ」 篠原良子 2015年 樹脂粘土 

その他、シラネセンキュウとキツリフネ、そしてヒメオドリコソウとオオイヌノフグリの合わせて4点を館内でご覧いただけるようにしています(下写真)。

20161105篠原良子4作品加工.jpg

今年の11月23日までの展示予定ですが、他の作品との入れ替えや展示場所の変更などを予告なしで行うことがあります。あらかじめご了承ください。
posted by kusabanakan at 15:27| 草花館日記

三浦由紀先生の草木染ストール&ネックウォーマー

現在、軽井沢草花館において販売している草木染工芸作家・三浦由紀先生のストールの紹介です。

20170510kusabanakan_miura_kusakisome.jpg
2017年5月10日 軽井沢草花館 三浦由紀先生の草木染ストール

三浦先生は、群馬県上野村で草木染工房・紬樹の雫(ゆきのしずく)を主宰。
自身の畑でコブナグサや藍などの染料になる植物を育て、また上野村の地域に自生する植物から恵みをいただき、美しい草木染作品を作り続けています。

詳しいプロフィールや作品については紬樹の雫(ゆきのしずく)ホームページをご覧ください

三浦先生は数年前から毎夏、旧軽井沢銀座通りにある観光会館で上野村の紹介をする展示即売会を開催しており、それがご縁で、昨年から作品を置かせていただいています。

現在(5/10)、12種類のストール(4,320から7,560円)と5種類のネックウォーマー(2,700円)を販売中。※共に税込

【ストール:例】

コブナグサ(絹・アルミ媒染):5,400円(税込み)、アサマフウロ(絹・鉄媒染):5,400円(税込み)、さくら(絹・灰):5,400円(税込み)など

【ネックウォーマー】

筒状になった生地に草木染したもので、頭からすっぽり被るかたちで使います。
首周りを暖かく、そしておしゃれに彩ります。
ストールよりも小さいものですが、携帯性がよく、カバンに忍ばせておくこともできるので便利です。

20170510kusabanakan_miura_kusakisome02.jpg
2017年5月10日 軽井沢草花館 三浦由紀先生の草木染(絹)ネックウォーマー(各2,700円)

全て一点物の作品ですので売れ切り次第終了です。
在庫については軽井沢草花館までお問い合わせ下さい。→ http://www.kusabana.net
posted by kusabanakan at 11:42| 草花館日記