2017年10月02日

イヌブナ日記(139)葉っぱにクモの巣、黄葉始まる(10/2)

(2012年5月、および2014年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

9月11日以来、3週間ぶりの更新です。
この3週間で、軽井沢はすっかり秋らしくなりました。
朝晩の冷え込みも厳しくなり、イヌブナの葉っぱがほんのりと黄色味を帯びてきました。

20171002inubuna_4&6y_an_dan_son_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ×3株

【イヌブナ安さん(実生6年目)】

安さんの樹高は前回9/11から2a高く、54aありました。
実際に伸びたわけではなく、”定規のあて方の違い”だろうと思われます。今回は54aということで記録します。

20171002inubuna_6y_an_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 樹高54a

20171002inubuna_6y_an_02.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 上からの写真(幅約120a)

幹の直径は7/3の測定から約12_で変化ありません。

20171002inubuna_6y_an_05.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  幹直径12_

冬芽の長さは前回(9/11)よりも3_伸びて21_になりました。

20171002inubuna_6y_an_06.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  枝の先端の冬芽(21_)

なお、安さんの葉っぱの一部に赤茶色系のシミがつきました(下写真)。檀さんと孫さんにはこのようなシミはできていません。
そして、そのうちの一枚の葉っぱが不自然に折れ曲がっているのに気が付きました(下写真の矢印)。

20171002inubuna_6y_an_03kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん 

虫が卵でも産んでいるのかと思って、葉っぱの裏側を観察すると、葉っぱが丸められて、その内部に糸で巣ができて、クモらしき虫がいました(下写真)。
ブナの葉っぱは春先まで枝に付いたまま残っていたりするので、このまま冬越しするのでしょうか?観察していきたいと思います。

20171002inubuna_6y_an_04kumo.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 安さん  葉っぱの裏ににクモらしき虫

【イヌブナ壇さん(実生6年目)】

前々回(8/26)の測定では樹高24a、前回(9/11)は27aでした。
そして今回は前々回と同じ24aに。
安さんと同様、定規のあて方の違いによるものと思われますが、今回は再び24aということで記録します。

20171002inubuna_6y_dan_01.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 樹高24a

上部の葉っぱだけがきれいに落ちました(下写真)。

20171002inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

下は前回(9/11)の時の状態です。

20170911inubuna_6y_dan_02.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん 上からの写真

幹の直径は7/24の測定(9.5_)から変化がありません。

20171002inubuna_6y_dan_03.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  幹直径9.5_

冬芽の長さは前回(9/11)の18_から3_伸びて21_に成長しました。

20171002inubuna_6y_dan_04.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生6年目 壇さん  枝の先端の冬芽(21_)

【イヌブナ孫さん(実生4年目)】

9/11から10/2までの期間、イヌブナ孫さんの樹高に変化はありませんでした。

20171002inubuna_4y_son_01.jpg
2017年9月11日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 樹高21a

20171002inubuna_4y_son_02re.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん 上からの写真

幹の直径は8/14の測定から変わらず6.5_でした。

20171002inubuna_4y_son_03.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  幹直径6.5_

冬芽の長さは前回(9/11)の15_から6.0_伸びて21_に成長しました。

20171002inubuna_4y_son_04.jpg
2017年10月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生4年目 孫さん  枝の先端の冬芽(21_)

【成長記録】

樹高:安さんの樹高は52aから54aになりましたが、定規のあて方の違いによるものと思われます。
また、壇さんの樹高は前回の27aから前々回の24aに戻りました。こちらも安さんと同様に定規のあて方の違いによるものと思います。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)

 C:孫さん 2015.5/1:115_、5/9:120_、5/28:125_、6/12:125_、6/28:133_、7/12:133_、7/22:133_、8/10:133_、9/5:130_、9/18:133_、10/5:130_、10/24:130_、11/12:130_、11/29:130_、12/30:130_、2016.4/1:132_、4/23:132_、5/1:135_、5/8:140_、5/20:155_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:190_、8/5:190_、8/25:190_、9/7:190_、9/24:190_、10/13:190_、10/27:190_、11/15:190_、11/28:190_、12/25:190_、2017.4/26:190_、5/28:19a、6//16:20a、7/3:20a、7/13:20a、7/24:20a、8/2:20a、8/14:20a、8/26:21a、9/11:21a、10/2:21a

冬芽:9/11から10/2の3週間で、安さん、壇さん、孫さん共に冬芽の長さが伸びました。実生6年目の安さんと檀さんは3_の伸び、実生4年目の孫さんは6_の大きな伸びを記録しました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_

 C:孫さん 2015.9/5:21_、9/18:25_、10/5:27_、10/24:27_、11/12:27_、11/12:27_、11/29:27_、12/30:27_、2016.4/1:27_、4/23:35_、4/29:芽吹きはじめ、8/5:9.5_、8/25:14.0_、9/7:18.5_、9/24:23.5_、10/13:24.5_、10/27:24.5_、11/15:25.0_、11/28:25_、12/25:25_、2017.4/26:25_、8/14:7.0_、8/26:9.5_、9/11:15_、10/2:21_

幹サイズ(直径):9/11から10/2にかけて、幹の直径に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)

 C:孫さん 2016.5/1:φ4.0_、6/5:φ4.0_、7/4:φ4.5_、7/17:φ4.5_、8/5:4.5_、8/25:φ4.5_、9/7:φ5.0_、9/24:φ5.5_、10/13:φ5.5_、10/27:φ5.5_、11/15:Φ5.5_、11/28:Φ5.5_、12/25:Φ5.5_、2017.4/26:Φ5.5_→5.5_(5/28)→6.0_(6/16)→6.0_(7/3)→6.0_(7/13)→6.0_(7/24)→6.0_(8/2)→6.5_(8/14)→6.5_(8/26)、6.5_(9/11)、6.5_(10/2)

つづく
posted by kusabanakan at 17:51| イヌブナ日記