2018年07月22日

2018(35)ユウスゲ18輪、マツムシソウ咲き始め(7/22)

この暑さはいつまで続くのでしょう?
日中31.5度まで気温が上がり、6日連続、7月に入って計7度目の真夏日となりました。

それでも、夕方になるとユウスゲが咲き始め、
美しい姿を見せてくれました(花の数は計18輪)。
また、この夏最初のマツムシソウも咲きました。

20180722yusuge01_1723.jpg

2018年7月22日 17:25 軽井沢草花館 ユウスゲ

20180722matsumushiso.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 マツムシソウ

20180722yusuge02_1603.jpg
2018年7月22日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ

20180722yusuge03_1604.jpg
2018年7月22日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 20:01| ゆうすげ日記

緑のカーテン2018(13)イケマに実がつき始める(7/22)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で8年目のシーズン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて緑のカーテンを作り、それらを観察しています。
※チョウセンゴミシとツルガシワは今年、蔓がネットに絡みつきませんでした。

7月15日以来、1週間ぶりの更新です。
この間、ほぼ毎日気温30度を超える真夏日となり、暑い日が続いています。
緑のカーテンは厚みのある上々の仕上がりで、涼しさを演出してくれています。

20180722midori_01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20180722midori_02.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は緑のカーテンの一部分ですが、4種類の野草が混生してネットに絡みついています。
現在、ウチワドコロが全体の7〜8割くらいを占め、その他、ノブドウ、ヤマノイモ、イケマの3種で残り2〜3割といったところ。
ウチワドコロの勢力が依然として圧倒的ですが、7月に入ってから、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモのツルが猛追して蔓を伸ばしています。
すぐに蔓が天井に達してしまうので、毎日の手入れが欠かせません。また、毎晩プランター(ノブドウ)の水やりをしています。

20180722midori_03.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

ウチワドコロが花盛りです(下写真)。
とっても地味な花ですが、緑のカーテンの中で上品に溶け込んでいて、とてもいい感じです。
ウチワドコロのツルは伸びていくものが少なくなってきているので、成長が終わりに近づいているようです。

20180722midori_uchiwadokoro.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花

イケマは花芽が付き始めました(下写真)。
昨年は花を咲かせなかったので。開花が楽しみです。
イケマのツルは今もなお、伸び続けていて、放っておくとすぐに天井まで達してしまうので、毎日の世話が欠かせません。

20180722midori_ikema01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマのつぼみ

ヤマノイモ(ジネンジョ)もイケマと同様、成長期です。
わずかな隙間を探り当てて、ツルを伸ばし続けています(下写真)。

20180722midori_yamanoimo01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの葉の隙間から出てきたヤマノイモのツル

以上
つづく
posted by kusabanakan at 19:31| 緑のカーテン

イヌブナ日記(157)幹周りの成長続く(7/22)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

7月13日以来、9日ぶりの更新です。

20180722inubuna7y_an_dan_01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 イヌブナ×2株

この間、そして今もなお、軽井沢は連日30度前後まで気温が上がり、暑い日が続いています。
ブナにとっては過酷な環境かも知れませんが、元気に成長しているようです。
水やりは毎日夕方に欠かさずしているのと、半日蔭の場所においています。
9日間という、わずかな期間ですが、幹の直径が太くなったのと、イヌブナ安さんの樹高が高くなっていました。
以下、安さん(実生7年目)、檀さん(実生7年目)の詳細です。

【イヌブナ安さん(実生7年目)】

安さんの樹高は64a、横幅は枝から枝迄約130a。
前回(7/13)から比べて樹高が8aも高くなっていました!?
9日間で8aとは、何かの間違いではないかと思いましたが、確かに樹高が高くなっています。
横に伸びていた枝が上に立ち上がってきたからだろうと思いますが、急激な変化に驚きです。
この暑さが成長には良かったのでしょうか?

20180722inubuna_7y_an_01.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 樹高:約64a 幅:約130a

下は前回(7/13)の写真ですが、樹高は56aでした。

20180713inubuna_7y_an_01.jpg
2018年7月13日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 樹高:約56a 幅:約130a

幹の直径も太くなっていました(下写真)。

20180722inubuna_7y_an_03.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 安さん  幹直径13.5_

5月30日までは直径が12.0_でしたので、2か月近くで1.5_も太くなりました。
下は5月30日の時の写真。

20180530inubuna_7y_an_06.jpg
2018年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 安さん  幹直径12_

【イヌブナ壇さん(実生7年目)】

壇さんの樹高は26a。
樹高は前回(7/13)の時から1a低くなりましたが、測定誤差の範囲だろうと思います。
6/14:24.5_ → 6/29:25a → 7/13:27a → 7/22:26a

20180722inubuna_7y_dan_03.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん 樹高:26a 巾:約45a

安さん同様、幹の太さに変化が見られました(下写真)。
前回(7/13)から0.5_太くなって直径10.5_になりました

20180722inubuna_7y_dan_02.jpg
2018年7月22日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん  幹直径10.5_

【成長記録】

樹高:2018年7月13日から2018年7月22日の間、安さんの樹高が8a高くなりました。逆に檀さんの樹高は1a低くなりました。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a

冬芽:冬芽はまだ出ていません。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2018年7月13日から7月22日の間で、幹サイズ(直径)が太くなりました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)
posted by kusabanakan at 16:51| イヌブナ日記

カラスvsアスター(129)

カラスvsアスター(129)

カラス&アスター183ブログ用.jpg
第183(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター