2018年09月08日

2018年(4)美人画【キャラビー】、風景画【茅葺古民家】

水彩と油彩でつづる
「石川功一 軽井沢の草花展」T−X

2018exhibit.jpg

現在、2018年度、第4期目の展示を公開中です(10月8日まで)。
季節に合わせながら5期にわたって展示替えを行っており、各期40点前後の草花図(水彩スケッチと油彩画)に加えて美人画、風景画の作品も1点づつ以上展示しています。

主な展示作品は:ユウスゲ(アサマキスゲ)、レンゲショウマ、ワレモコウ、マツムシソウ、アズマレイジンソウ、オヤマボクチ、シラネセンキュウ、ヒキオコシ、アケビ(実)、ミヤマガマズミ(実)、ナナカマド(実)、キブシ(実)等。
※ユウスゲやレンゲショウマといった代表作品の他、軽井沢の9月から10月に見られる草花や木の実を描いた作品が中心となります。

2018年4月21日(土)から11月25日(日)
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料 

以下、第4期目の展示で公開中の作品を一部を紹介します。

【油彩 美人画】
20180908museum-oil-Portrait-caraby.jpg
石川功一 油彩画 マダム・キャラビー 15号(2018年9/5から10/8まで公開の展示作品)

【油彩 風景画】
20180908museum-oil-Landscape-kominka.jpg
石川功一 油彩画 茅葺古民家(軽井沢) 6号(2018年9/5から10/8まで公開の展示作品)
posted by kusabanakan at 11:15| 展示紹介

2018年09月07日

【9/7】ヤマハギ美しく咲く

軽井沢草花館の庭で当たり前のように咲くヤマハギ。
いつもの年ならば8月中に咲き始めていましたが、今年は開花が遅れいていて、本当に咲くのか心配していました。
9月に入ってようやく咲き始めたと思っていたら、現在、あっという間に見ごろをむかえています。

20180907yamahagi01.jpg
2018年9月7日 軽井沢草花館 ヤマハギ

こんなに美しく咲いたのは初めてのことで、
今までもきれいな花だとは思っていましたが、正直ヤマハギのイメージが変りました。

20180907yamahagi02.jpg
2018年9月7日 軽井沢草花館 ヤマハギ

ヤマハギは秋の七草の一つ。
軽井沢草花館の庭にはクズとフジバカマはありませんが、(エゾ)カワラナデシコ、オミナエシ、キキョウ、ススキ、そしてこのヤマハギを育てています。
参考までに、それぞれの開花状況は、ナデシコ:咲き終わり。キキョウとオミナエシ:花期終盤。ヤマハギ:見ごろ。ススキ:これから。といったところ。
ススキに穂が出始めるのも、ヤマハギの開花と同様、今年大変遅れています。
今年は中秋の名月が9月24日なので、そのころにススキの穂が美しい姿になりそうです。
posted by kusabanakan at 16:23| 草花館日記

2018年09月06日

マツブサ日記(8)絡まっていた木の倒木後も順調な実り(9/6)

マツブサ日記、8月13日以来、24日ぶり更新です。

前回8/13に自生地を訪れた際は、絡まっていた木が倒れて、3分の2くらいのツルがダメになってしまいました。
残り3分の1のツルに付いていた実がどうなっているのか心配していましたが、状態良く育っているのが確認できて安心しました。下の写真が本日撮影したマツブサの実です。

20180906matsubusa02.jpg
2018年9月6日 軽井沢 マツブサの房(実)

下は前回撮影した同じ房の写真です。
ほとんど変化していないのがわかります。
また、葉が枯れることもなく、ツル自身も元気に成長を続けていました。

20180813matsubusa02.jpg
2018年8月13日 軽井沢 マツブサの房(実)

この自生地のマツブサはとても大きな株のようです。
ツルが分岐していて、前回倒れてしまった木とは違う木にも絡まっています(下写真)。
人の背丈をはるかに上回る高さにまでツルが伸びていて、ナラの木(幹)が見えなくなるほどです。

20180906matsubusa03.jpg
2018年9月6日 軽井沢 マツブサのツル

もう少しすると、実が熟成してくると思われます。
観察を続けます。
posted by kusabanakan at 15:45| マツブサ日記

2018年09月05日

【9/5】ノコンギク、アサマフウロ開花

台風明け、青空が広がりました。
軽井沢草花館は本日から第4期目の展示が始まりました。

さて、9月に入って、晩夏から初秋の草花が咲きはじめています。
現在、軽井沢草花館の小さな庭に咲いている草花5種を以下に紹介します。

20180905nokongiku01.jpg
2018年9月5日 軽井沢草花館 ノコンギク これからが旬の草花です。

20180905asamafuro01.jpg
2018年9月5日 軽井沢草花館 アサマフウロ 9月に入ってから咲きはじめました。

20180905shirobanamizuhiki01.jpg
2018年9月5日 軽井沢草花館 ギンミズヒキ(シロバナミズヒキ) 赤いミズヒキも咲いています

20180905waremoko01.jpg
2018年9月5日 軽井沢草花館 ワレモコウ (見ごろをむかえています)

20180905matsumushiso01.jpg
2018年9月5日 軽井沢草花館 マツムシソウ (花期も終盤ですがきれいに咲いています)
posted by kusabanakan at 15:00| 草花館日記

2018年09月03日

ブナ日記(105)冬芽の成長つづく&幹直径修正(9/3)

(2014年春に種から発芽したブナの生長記録です)

8月27日以来、1週間ぶりの更新です。
前回に続き、冬芽の成長が見られました。
※前回の測定で幹の直径が0.5_太くなったとしましたが、変化がなかったに訂正します。詳細は以下に記します。

【ブナ 崇さん 実生5年目】

20180903buna_su_5y_01.jpg
2018年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目

樹高は32aで、前回(8/27)より0.5a低くなりました。樹高が縮んだ訳ではなく、前回鉢の土を1aくらい補充したことが影響しているのかもしれません。

20180827buna_su_5y_01.jpg
2018年8月27日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目

下の写真は上方から見た様子です。
前回(8/27)から比べて、大きな変化は見られません。
※半分くらいの枝が枯死していて、その枝(昨年芽吹いた)には、まだ枯れ葉が残っています。

20180903buna_su_5y_02.jpg
2018年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目

20180827buna_su_5y_02.jpg
2018年8月27日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目

20180903buna_su_5y_06.jpg
2018年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 葉の表と裏

(下写真)前回のブログで8月20日から27日の間に幹の直径が9.0_から9.5_へと0.5_太くなったとレポートしましたが、今回そくていしてみると幹の直径がどうみても9.0_しかありませんでした。
前回9.5_としたのが誤りで、前回の9.5_を9.0_に訂正させていただきます。大変失礼しました。

20180903buna_su_5y_03.jpg
2018年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 幹直径9.0_

20180827buna_su_5y_03.jpg
2018年8月27日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 幹直径9.5_→9.0_(修正)

冬芽の長さは、この1週間で8_から8.5_へと0.5_長くなりました(下写真)。
※測定した冬芽は、一番上の枝についた先端の冬芽です。

20180903buna_su_5y_04.jpg
2018年9月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ8.5_

20180827buna_su_5y_04.jpg
2018年8月27日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ8_

20180820buna_su_5y_04.jpg
2018年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ7_

20180813buna_su_5y_04.jpg
2018年8月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ6_

20180806bunaA_5y_04.jpg
2018年8月6日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ5_

20180723bunaA_5y_03.jpg
2018年7月23日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生5年目 枝に付いた冬芽 長さ3_

【成長記録】

【樹高】2018年8月27日から9月3日までの1週間でブナ(崇さん)の樹高は325_から320_へと5_低くなりました。但し、前回(8/27)に鉢の中に土を1a分ほど補充したので、そのことが多少影響しているかもしれません。実質的な変化はないようです。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_

【冬芽】2018年8月27日から9月3日までの間に冬芽が0.5o長くなりました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_

【幹直径】2018年8月27日から9月3日までの1週間でブナ(崇さん)の幹直径に変化はありませんでした。※8/27に測定した直径9.5_を9.0_に訂正します。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_

以上、観察を続けます
posted by kusabanakan at 11:21| ブナ日記

2018年09月02日

イヌブナ日記(162)冬芽の成長つづく(9/2)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

8月26日以来、1週間ぶりの更新です。この間、2株とも冬芽に成長が見られました。
8月5日から1週間おきに冬芽の長さを測っていますが、1週間で1~2oづつ長くなり続けています。

まずは、全体的な姿です(下写真)。

20180902inubuna7y_an_dan_01.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ×2株(共に実生から7年目)

以下、安さんと檀さんの詳細です。

【イヌブナ安さん(実生7年目)】

安さんの樹高は60a、横幅は枝から枝迄約140aでした。
樹高は前回(8/19)の62aから2a低くなっていますが、昨夜から小雨が続いていて、濡れた葉っぱの重みで枝がたわんだことが原因で低くなっているだけで、実際には変化がないと思われます。

20180902inubuna_7y_an_01.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 樹高:約60a 幅:約140a

20180902inubuna_7y_an_02.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 樹高:約60a 幅:約140a

前回(8/26)から部分的ではありますが葉の褐色化が顕著です。但し、葉の裏側は白っぽくて、表のような変化は見られません(下写真)。

20180902inubuna_7y_an_03.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 安さん 葉の表と裏

幹の直径は13.5_で、前回(8/26)から変化がありませんでした(下写真)。

20180902inubuna_7y_an_04.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 安さん  幹直径13.5_

20180902inubuna_7y_an_05.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 安さん  冬芽の長さ 14_

冬芽の長さは14_で前回(下写真:8/26)よりも2_伸びました。
8月5日の測定以降
8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_
という具合に、大きくなり続けています。

20180826inubuna_7y_an_04.jpg
2018年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 安さん  冬芽の長さ 12_

【イヌブナ壇さん(実生7年目)】

壇さんの樹高は27a、巾は49aで、前回(8/26)の時から変化がありません。

20180902inubuna_7y_dan_01.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん

20180902inubuna_7y_dan_02.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん

20180902inubuna_7y_dan_03.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生7年目 壇さん 葉の表と裏

幹の直径は10.5_で、前回(8/26)と同じでした(下写真)。

20180902inubuna_7y_dan_04.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん  幹直径10.5_

20180902inubuna_7y_dan_05.jpg
2018年9月2日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん  冬芽の長さ 16_

冬芽の長さは16_で前回(下写真:8/26)よりも2_伸びました。
8月5日の測定以降
8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_
安さんと同じように大きくなり続けています。

20180826inubuna_7y_dan_04.jpg
2018年8月26日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生7年目 壇さん  冬芽の長さ 14_

【成長記録】

樹高:2018年8月26日から2018年9月2日の間、(実質的な)樹高の変化は見られませんでした。

 A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a

冬芽:。一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2018年8月26日から2018年9月2日の間、安さんは12から14
_、檀さんは14から16_へとそれぞれ2oづつ伸びました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_

幹サイズ(直径):2018年8月26日から9月2日の間で、幹サイズ(直径)に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)
posted by kusabanakan at 14:34| イヌブナ日記

2018年09月01日

【9/1】カエデの様子

残暑の厳しい8月下旬でしたが、9月初日の今日は少々肌寒く感じるくらいの一日となりました(最高気温23.5度)。
紅葉の気配が感じられるのではないかと、軽井沢草花館の前のイロハモミジの様子を写真に収めてみましたが、1か月前とほとんど変わっていませんでした。

20180901momiji01.jpg
2018年9月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20180805momiji02.jpg
2018年8月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

posted by kusabanakan at 21:08| 草花館日記