2019年05月06日

ド根性イタドリに出会いました

道路のアスファルトの隙間からたくましく生える植物のことを、ド根性○○などと呼びますが、本日「ド根性イタドリ」に出会いました。
丁度、早朝散歩で雲場池に行った際、芽が出て間もないイタドリを見つけて写真に収めたばかりでしたので、この対比も面白く、合わせて紹介します。

まずは朝、雲場池でみたイタドリです。夏ころまでには遊歩道の通行を妨げるほどにまで大きくなるので、そのうち刈られてしまいますが、この時期は可愛い姿です。

20190506kumoba-itadori01.jpg
2019年5月6日 軽井沢 雲場池 イタドリ

そして、町内の国道沿いで見たド根性イタドリがこれです(下写真)。

20190506dokonjyo-itadori01.jpg
2019年5月6日 軽井沢町内 国道沿いの歩道 ド根性イタドリ

拡大すると

20190506dokonjyo-itadori02.jpg
2019年5月6日 軽井沢町内 国道沿いの歩道 ド根性イタドリ

上から見ると

20190506dokonjyo-itadori03.jpg
2019年5月6日 軽井沢町内 国道沿いの歩道 ド根性イタドリ

よくもまあ、こんなに密集して生えてきたものだと感心しました。
わずかなアスファルトの隙間から生えてきたものだと思いますが、亀裂が大きくなって、割れ目が盛り上がっていました。
植物の持つ力に驚きです。
これからどこまで成長するのか分かりませんが、人に踏まれてしまうか、邪魔なので刈られていく運命でしょう。
posted by kusabanakan at 17:11| 草花館日記

緑のカーテン2019(2)ノブドウに芽(5/6)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回(4/28)から8日ぶりの更新。
本日、ノブドウに芽が出ているのを確認しました。全部で5個ありましたが、今後更に芽が出てきそうです。

20190506midori04nobudo.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウの芽(約7_)

ノブドウは木本(樹木)の蔓植物。根が広がりすぎるのも心配だったので、プランターで育てています(下写真)。

20190506midori03nobudo.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

また、前回(4/28)芽を出していたウチワドコロとチョウセンゴミシもこの8日間で順調に蔓を伸ばしています。

20190506midori02.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)の蔓

下の写真は全体を撮影したものですが、まだネットに絡みついていないのでスケスケ。
これから徐々に緑のカーテンらしくなっていきます。

20190506midori01.jpg
2019年5月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 16:49| 緑のカーテン