2019年05月12日

矢ヶ崎公園ヤエザクラ満開! カツラ並木も若葉広がる(2019.5.12)

3日前は、まだ咲き始めて間もない状態の八重桜でしたが、日中が20度を超える日が続き、足早に満開をむかえました。ピンク色が濃いので、遠くからでも鮮やかに見えてきれいです。
今後の天候にもよりますが、見ごろが続くのは1週間以内だろうと思います。

20190512yagasaki-yae-sakura01.jpg
2019年5月12日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場西の八重桜 満開です

20190512yagasaki-yae-sakura02.jpg
2019年5月12日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場西の八重桜

下の写真は3日前に撮影したものですが、まだ1分咲程度。
暖かな日が続き、あっという間に満開になりました。

20190509yagasaki-yae-sakura01.jpg
2019年5月9日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場西の八重桜

現在、北側遊歩道沿いのオオヤマザクラは完全に散ってしまい、花の時期は終了。
大賀ホールの周りのシダレザクラも散ってしまいました。
八重桜が終わると、矢ヶ崎公園内の桜はすべて終了です。

(下写真)カツラ並木が若葉の季節をむかえています。淡い緑が広がってとてもきれいです。

20190512yagasaki-park01.jpg
2019年5月12日 軽井沢 矢ヶ崎公園 カツラ並木 芽吹き始めています
posted by kusabanakan at 21:31| オオヤマザクラ

2019(8)プランター4年目のユウスゲを地植えに植え替え(5/12)

今日は、プランターで育てているユウスゲを地植えに植え替えしました。
植え替えしたのは下の写真にあるプランターのユウスゲで、種から育てて4年目のものです。
毎年、ユウスゲの種をプランターにまいては、数年育ててから地植えにしています。

20190512yusuge_planter_4y-uekae01re.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ 4年目の苗(2016年5月16日種まき)

20190512yusuge_planter_4y-uekae02.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ 4年目の苗(2016年5月16日種まき)

大きさは草丈15〜20aくらい、根は思ったほど大きくありませんでした。
下が根を含めた苗の拡大写真です。

20190512yusuge_planter_4y-uekae03.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ 4年目の苗(2016年5月16日種まき)

以前、ユウスゲはユリ科の植物として図鑑に紹介されていましたが、昨今、植物分類がAPGと呼ばれる分類に代わり、その際にユウスゲ、ニッコウキスゲ、ヤブカンソウなどはユリ科からススキノキ科に変更されています。
咲いた花はユリそのものに見えますが、根を見ると、現在もユリ科として分類されているヤマユリやコオニユリから採れる”ゆり根”とは形状が違います。

プランターから掘り出したユウスゲは軽井沢草花館の小さな庭に植え替えてやりました(下写真)。
上手く根ついてくれるか分かりませんが、毎年少しづつ、地植えにして更新するようにしています。

20190512yusuge_planter_4y-uekae04.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランターで育てた4年目の苗を地植えに
posted by kusabanakan at 16:41| ゆうすげ日記

ウリハダカエデの美しい芽吹き

軽井沢では、この数日の暖かさで木々の芽吹きが一斉に始まっています。
軽井沢草花館の庭に生えているウリハダカエデも昨日から今日にかけて芽吹きをはじめました。

20190512museum-urihadakaede02.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ウリハダカエデの芽吹き

冬芽が膨らんで、中から若葉が出てきたところ、なんとも美しい瞬間です。
下の写真はウリハダカエデの全体像。
イロハモミジの下に生えていて、現在樹高2.5mくらい。
毎年、高く伸びすぎないように剪定しています。

20190512museum-urihadakaede01.jpg
2019年5月12日 軽井沢草花館 ウリハダカエデ

秋には黄葉して、イロハモミジの赤い紅葉を引き立ててくれています(下写真)。

 20131103museum01.jpg
2013年11月3日 紅く紅葉したイロハモミジの下で黄葉しているのがウリハダカエデ

尚、一昨日、軽井沢町内の山に出かけた際、同じようにウリハダカエデの芽吹きに出会いました(下写真)。
自生地のウリハダカエデは冬芽の中から葉っぱと花が両方出てきていました!
ウリハダカエデの花は見たことがありましたが、こうした芽吹きの瞬間を見たのは初めてのこと。
きれいで感動しました。
軽井沢草花館のウリハダカエデは一度も花を咲かせたことがありません。
来年以降、花咲く時が楽しみです。

20190510urihadakaede01.jpg
2019年5月10日 軽井沢 自生地のウリハダカエデ

posted by kusabanakan at 16:03| 草花館日記

カラスvsアスター(149)

カラスvsアスター(149)

カラス&アスター193ブログ用.jpg
第193(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新。
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター