2019年06月06日

2019(15)今年種まきした3番目のユウスゲに芽が出ました(6/6)

昨日(6/5)に続いての更新です。

本日、今年3番目にまいたユウスゲの種から芽が出ました。

20190606yusuge_planter_1y_2018seed_20190513start_01re.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月13日種まき分)

今年は4日に分けてユウスゲの種まきを行っており、1回目の種まき分は6月1日に発芽、2回目の種まき分は昨日6月5日に発芽、そして3回目に種まきした分のユウスゲが本日発芽しました。

========================
【1回目】
 2019年5月2日 2018年収穫の種:86粒 → 2019年6月1日に発芽
【2回目】
 2019年5月10日 2018年収穫分の種:50粒 → 2019年6月5日発芽
 2019年5月10日 2017年収穫分の種:16粒 → 2019年6月6日現在、芽は出ていない
【3回目】
 2019年5月13日 2018年収穫分の種:56粒 → 2019年6月6日発芽
【4回目】
 2019年5月14日 2018年収穫分の種:56粒 → 2019年6月6日現在、芽は出ていない
========================

本日、確認できた芽の数は3本。
朝、確認した時には芽が出ていませんでしたが、夕方5時半ころ確認したところ、3カ所から芽が出ていました。(下写真)。
草丈はわずか7_でした。

20190606yusuge_planter_1y_2018seed_20190513start_02.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月13日種まき分)

種蒔きした日から発芽するまでの期間は24日間(5/13から6月6日)で、過去の記録と比べて早めの発芽となりました。

2012〜2019年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2019年 5月13日、6月6日、24日間
2019年 5月10日、6月5日、26日間
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================

つづく
posted by kusabanakan at 20:42| ゆうすげ日記

イヌブナ日記(179) 新緑から夏の緑へ(6/6)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

前回(5/22)から15日ぶりの更新です。
その間、安さん、檀さん共に、ふわふわしていた新録の葉っぱから、しっかりと弾力ある夏の葉っぱに変化しました。
以下、詳細です。

【イヌブナ安さん(実生8年目)】

20190606inubuna8y_an_01.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 樹高:約67a 巾:約140a

樹高も全体の幅も前回(5/22)と同じでした。
違いを感じたのは葉っぱのやわらかさ。
前回の時はまだ、ふわふわとしていた葉っぱが今回ふわふわ感がなくなって、しっかりと弾力のある葉っぱに変わっていました。また、葉っぱ一枚一枚の大きさが少し増したようです。

****************
5月からの樹高と巾の変化(安さん)
2019年6月6日 樹高:67cm 巾:140cm
2019年5月22日 樹高:67cm 巾:140cm
2019年5月11日 樹高:72cm 巾:130cm
2019年5月5日 樹高:82cm 巾:120cm
2019年5月1日 樹高:84cm 巾:120cm
****************

下の写真は真上から見た安さんです。

20190606inubuna8y_an_02.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 樹高:約67a 巾:約140a

下の写真は幹の付け根に生えたキノコです。毎年この時期になると生えてきます。
昨日の夕方から夜にかけて雷雨があり、キノコの生えやすい温湿度になったからでしょう。
イヌブナ安さんの成長を妨げないよう、この写真の撮影後、取り除きました。

20190606inubuna8y_an_03.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 幹の付け根に生えたキノコ

(下写真)葉っぱの裏と表を同時に撮影しました。
部分的に虫に喰われたりしています。
前回とは違って、イヌブナの葉の裏表はふわふわしておらず、硬くなっていました。

20190606inubuna8y_an_05.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん

下の写真は前回(5/22)撮影したもの。
この時は葉っぱの裏表がふわふわしていました。

20190522inubuna8y_an_05.jpg
2019年5月22日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 葉っぱの裏と表

幹の直径は13.5_で昨年から変化がありません。

20190606inubuna8y_an_04.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 幹直径13.5_

【イヌブナ壇さん(実生8年目)】

檀さんも安さん同様、新緑から夏の緑へと変化しました。
そして樹高が前回(5/22)からの15日間で2a高くなって30aになりました。

20190606inubuna8y_dan_01.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん 樹高:約30a 幅:約68a

5月以降における檀さんの樹高と巾の変化を以下のようにまとめてみました。

****************
5月からの樹高と巾の変化(壇さん)
2019年6月6日 樹高:30cm 巾:68cm
2019年5月22日 樹高:28cm 巾:68cm
2019年5月11日 樹高:28cm 巾:60cm
2019年5月5日 樹高:30cm 巾:55cm
2019年5月1日 樹高:30cm 巾:45cm
****************

20190606inubuna8y_dan_02.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん 樹高:約30a 幅:約68a

(下写真)葉っぱの一枚一枚はしっかりと弾力あるものに変わっています。
尚、虫によるものなのか? 部分的に葉っぱが傷んでいます。

20190606inubuna8y_dan_03.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん

20190606inubuna8y_dan_05.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん 葉っぱの裏と表

幹の直径は10.5_で昨年から変化がありません。

20190606inubuna8y_dan_04.jpg
2019年6月6日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 壇さん 幹直径10.5_

【成長記録】

樹高:2019年5月22日から2019年6月6日の間に、安さんは変化がありませんでしたが、檀さんは2a高くなりました。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2019年5月5日に芽吹きを始めました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2019年5月22日から2019年6月6日の間、安さんと檀さんの幹サイズ(直径)に変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)

以上
posted by kusabanakan at 19:47| イヌブナ日記

2019年06月05日

矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ緑美しく 遊具は撤去され、新設のため7/24まで立入禁止(2019.6.5)

5月27日以来、9日ぶりの更新です。

矢ヶ崎公園の北側歩道沿いに並んだオオヤマザクラ。
美しい葉桜の季節から、夏の緑へと変わっていきそうです。
前回(5/27)の時から実(サクランボ)が付いていましたが、9日経過した本日も同じような状態で、赤い実が見られました。

20190605yagasaki-sakura01.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ(深い緑へ)

(下写真)実のサクランボも前回(5/27)と同じような状態でついています。たくさん付いているわけではありませんが、美しい葉っぱの隙間から赤い実がよく目立ちます。
実の状態は、まだ赤くなりきれていない若い実から、すでに熟した真っ赤な実まで、様々です。

20190605yagasaki-sakura02.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラの実(さくらんぼ)

20190605yagasaki-sakura03.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラの実(さくらんぼ)

(下写真)大賀ホールの西側に植栽されているシダレザクラは緑が濃くなって、ボリュームがあります。この木の下の木陰がとても気持ちよさそうです。

20190605yagasaki-shidare-sakuraA01.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西側のシダレザクラ

(下写真)大賀ホールの西側に植栽されている別のシダレザクラも緑豊かです。

20190605yagasaki-shidare-sakuraB.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール南側のシダレザクラ

(下写真)ヤエザクラはすっかり花びらが散り、葉桜状態です。

20190605yagasaki-yae-sakuraA01.jpg
2019年6月5日 軽井沢 矢ヶ崎公園 芝生広場西の八重桜

【矢ヶ崎公園 遊具取り換え工事のため7/24まで一部立ち入り禁止】

公園内の遊具は撤去されました。
そして、今後新たに遊具が設置される旨の工事看板が立っていました。
「ゆうぐをあたらしくしています。」とひらがなで書かれ、
それに伴う立入禁止期間は”7月24日まで”となっていました。

20190605yagasaki-yugu01.jpg
2019年6月5日 矢ヶ崎公園 東側芝生広場 遊具設置のお知らせ看板

下の写真は本日撮影したもので、すでに遊具が撤去されていました。

20190605yagasaki-yugu02.jpg
2019年6月5日 矢ヶ崎公園 東側芝生広場 全景 遊具撤去後

下の写真は前回(5/27)9日前に撮影したもので、遊具を撤去する前の状態です。

20190527yagasaki-yugu02.jpg
2019年5月27日 矢ヶ崎公園 東側芝生広場 全景 遊具撤去前

つづく
posted by kusabanakan at 20:58| オオヤマザクラ

2019(14)今年種まきした2番目のユウスゲに芽が出ました(6/5)

前回(6/1)以来、4日ぶりの更新です。

本日、今年2番目にまいたユウスゲの種から芽が出ました。

20190605yusuge_planter_1y_2018seed_20190510start_01.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月10日種まき分)

今年は4日に分けてユウスゲの種まきを行っており、1回目の種まき分は6月1日に発芽、今回発芽したのは2回目に種まきした分のプランターからです。

【1回目】
 2019年5月2日 2018年収穫の種:86粒 → 2019年6月1日に発芽
【2回目】
 2019年5月10日 2018年収穫分の種:50粒 → 2019年6月5日発芽
 2019年5月10日 2017年収穫分の種:16粒
【3回目】
 2019年5月13日 2018年収穫分の種:56粒 → 2019年6月5日現在、芽は出ていない
【4回目】
 2019年5月14日 2018年収穫分の種:56粒 → 2019年6月5日現在、芽は出ていない

確認できたのは1本だけですが、すでに34_の草丈です(下写真)。
もしかしたら昨日発芽していたのかもしれませんが、気が付きませんでした。

20190605yusuge_planter_1y_2018seed_20190510start_02.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月10日種まき分)

種蒔きした日から発芽するまでの期間は26日間(5/10から6月5日)で、過去の記録と比べてやや早めでした。

2012〜2019年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2019年 5月10日、6月5日、26日間
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================

その他、地植え、プランター、鉢植えともに大きく育っています。
以下に、11年目(プランターと鉢植え)、5年目(プランター)、2年目(プランター)、1年目(プランター5月2日種まき分)、および地植えのユウスゲの現況を以下に報告します。

【11年目、プランターのユウスゲ】

前回(6/1)まで、軽井沢草花館のユウスゲの中で最も草丈の高いユウスゲがこのプランター11年目の苗でしたが、本日の測定で地植えのユウスゲに草丈一番となりました。それでも、草丈は最大で72aとなり、前回から4日間で2a伸びました。

20190605yusuge_planter_11y.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 11年目(草丈:最大で72a)

【11年目、鉢植えのユウスゲ】

鉢植えのユウスゲも順調に成長しています。草丈は最大で67a。
前回(6/1)から4日間で2a高くなりました。

20190605yusuge_pot_11y.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 鉢植え ユウスゲ 11年目(草丈:最大で67a)

【5年目、プランターのユウスゲ】

5年目の苗は草丈最大で53a。前回(5/26)から10日間で13a高くなりました。

20190605yusuge_planter_5y_2014seed_20150510start.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 5年目(草丈:最大で53a)

下の写真は前回5月26日の時の状態です。

20190526yusuge_planter_5y_2014seed_20150511start.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 5年目(草丈:最大で40a)

【2年目、プランターのユウスゲ】

2年目の苗は草丈最大で31a。前回(6/1)から4日間で7a高くなりました。
今回測定した苗の中で草丈の伸びが、地植えのユウスゲに続いて2番目となりました。今までよりも成長のペースが上がってきました。

20190605yusuge_planter_2y_2017seed_20180415start.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 2年目(草丈:最大で32a)

【1年目、プランターのユウスゲ(5月2日種まき分)】

前回(6/1)に発芽したばかりの1年目ユウスゲ。
本日2本目の芽が出ていました(草丈3_)。
それでも、86粒まいた種のうち、まだ2本しか芽が出ておらずちょっと心配ですが、気長に待ちましょう。

20190605yusuge_planter_1y_2018seed_20190502start_01.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月2日種まき分)

(下写真)本日芽を出したユウスゲは草丈わずか3_でした。
前回(6/1)発芽した芽は草丈48_で、この4日間で4aちかく伸びました(9から48_)。

20190605yusuge_planter_1y_2018seed_20190502start_02.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月2日種まき分)

【地植えのユウスゲ】

地植えのユウスゲがだいぶ大きくなりました。
最大の草丈は約75aで前回(6/1)から4日間で10aも伸びました。
これで、プランター11年目の苗の草丈を抜いて、軽井沢草花館のユウスゲの中で最も大きな株となりました。

20190605yusuge_jiueA01.jpg
2019年6月5日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲ (草丈:最大で75a)

つづく
posted by kusabanakan at 17:07| ゆうすげ日記

2019年06月02日

緑のカーテン2019(6)デッキ下から蔓が続々! ゴミシは90cm (6/2)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回5月26日以来、1週間ぶりの更新です。
わずか7日間ですが、植物の成長が活発でした。
現在、ネットに絡みついている植物はウチワドコロ、ノブドウ、チョウセンゴミシの3種。
ツルガシワは芽が出ているものの、まだネットに絡むに至っておらず、ヤマノイモ、イケマに至ってはまだ芽自体が出てきていません。これからです。

20190602midori01.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)ネットの下部が部分的に緑色を帯びてきました。
手前の花壇のユウスゲもだいぶ草丈が高くなりました。
(下写真)下は前回、1週間前の状態です。

20190526midori01.jpg
2019年5月26日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)まだまだ部分的にですが、葉っぱのカーテンが形成されてきました。

20190602midori02.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(上写真)プランターにはノブドウの苗を植えてあって、すでに蔓がネットに絡みついています。
5月に入ってから新芽が出て、そこからさらに蔓を伸ばしています。
ネットに絡みついているのは、そのノブドウとウチワドコロです。

20190602midori03.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)プランターから出たツルガシワは、今のところネットのところまで蔓が伸びてきません。

20190602midori04_tsurugashiwa.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン プランターのツルガシワ

(下写真)チョウセンゴミシは前回(5/26)、地面から高さ70aにまで蔓を伸ばしてネットに絡みついていましたが、今日はさらに20a伸びて、高さ90aのところまで伸びてきました。

20190602midori05_chosengomishi.jpg
2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【デッキ下から伸びてくる蔓のお世話について】

蔓植物がネットに絡みつきやすいように、軒下の日当たりの良い場所で蔓植物を育てていましたが、
年月がたつにつれ、デッキの奥のほうから芽を出すウチワドコロが増えてきました。

20190602midori06_under.jpg

2019年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン デッキ下から芽を出したウチワドコロ

(下写真)デッキ下から出た芽はそのまま上に伸びようとして、床の隙間からツルが通過してくることがあります。
放っておくと、踏まれて折れてしまうため、それを再びデッキ下に戻し、さらにネットの外側に移動する必要が出てきます。

20190602midori07_under.jpg

2019年5月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン 床の隙間から出てきたウチワドコロ

そこで活躍しているのが下の写真のマジックハンドです。
デッキ下で伸びているウチワドコロの蔓を手前に引き出すのに欠かせない用具となっています。
それ以外でも、冷蔵庫の横の隙間に落としてしまった布巾や洗濯機の裏に落としてしまった靴下などを拾うのに、このマジックハンドに助けてもらっています。
たしか100円ショップで購入したと記憶していますが、大変優れたグッズなので一家に一台? お勧めです。

20190602midori00_hand01.jpg

デッキ下の蔓を手前に引き出すのに役立っているマジックハンド

つづく
posted by kusabanakan at 20:55| 緑のカーテン

2019年06月01日

マツブサ日記(16)自生地 つぼみ付き始める(6/1)

マツブサ日記、5月24日以来、8日ぶりの更新です。

自生地で3か所に自生するマツブサの観察です。
※1か所はまだマツブサかどうか未確定

【自生地での観察】

1.マツブサA(昨年から観察しているマツブサ)

20190601jisei-matsubusaA02.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサA

(上写真)前回(5/24)とは比べて、緑が少し濃くなりました。
(下写真)花のつぼみが付き始めていました。

20190601jisei-matsubusaA01.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサA 花のつぼみ

尚、つぼみの数は数える程度しか見つけられませんでした。

2.マツブサB(5/10新たに見つけた個体)

マツブサBもマツブサAのように花のつぼみが付き始めていました。このつぼみはマツブサAのつぼみと同じなので、この株がマツブサであると確認出来ました。

20190601jisei-matsubusaB01.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサB

下の写真で矢印が指しているものがマツブサのつぼみです。

20190601jisei-matsubusaB02.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサB

3.マツブサC(5/10新たに見つけた個体)

マツブサAやマツブサBにはつぼみが付き始めていますが、このマツブサCにはまだ付いていません。

20190601jisei-matsubusaC01.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサC?

(上写真)マツブサCの蔓です。
(下写真)マツブサCの隣(左)で、サルナシ?らしき蔓植物が生えています。この2つの植物は共に蔓性の植物で、似ています。

20190601jisei-matsubusaC04_sarunashi.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサC?

(下写真)尚、マツブサらしき植物にイモムシが付いて葉っぱを食べようとしていました。

20190601jisei-matsubusaC02imomushi.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサC?

(下の写真)よく観察すると、葉っぱの一部がすでに喰われていました。

20190601jisei-matsubusaC03imomushi.jpg
2019年6月1日 軽井沢 マツブサC? 葉っぱが虫に喰われる。

以上

posted by kusabanakan at 23:14| マツブサ日記

2019(13)今年種まきしたユウスゲが芽を出しました!(6/1)

前回(5/26)以来、6日ぶりの更新です。

本日、5月2日にまいたユウスゲの種から最初の芽が出ました。

20190601yusuge_planter_1y_2018seed_20190502start_02.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月2日種まき分)

プランター内に86粒まいた種のうち、芽が出たのは今日現在1つだけですが、これから順次芽が出てくるものと思われます。

20190601yusuge_planter_1y_2018seed_20190502start.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 1年目(2019年5月2日種まき分)

今年は種まきの時期が今までで最も遅く、5月に入ってからでした。
種蒔きから芽が出るまでの日数は30日。
過去の例から比べても平均的な日数となりました。

2012〜2019年までのユウスゲ種まき日と発芽日
==========================
左から年、種をまいた日、発芽した日、発芽にかかった日数
2019年 5月2日、6月1日、30日間
2018年 4月15日、5月12日、27日間
2017年 4月14日、5月19日、35日間
2016年 4月12日、5月12日、30日間
2015年 4月14日、5月9日、25日間
2014年 4月11日、5月25日、44日間
2013年 4月23日、5月31日、38日間
2012年 4月18日、5月9日、21日間
==========================

今年は時期をずらしながら4つのプランターに種をまいたので、残り3つのプランターからもそのうち芽が出てくるでしょう。楽しみです。

2019年のユウスゲ種まき日と種の数
==========================
【1回目】2019年5月2日 2018年収穫の種:86粒
【2回目】2019年5月10日 2018年収穫分の種:50粒 2017年収穫分の種:16粒 計66粒
【3回目】2019年5月13日 2018年収穫分の種:56粒
【4回目】2019年5月14日 2018年収穫分の種:56粒
==========================

その他、地植え、プランター、鉢植えともに大きく育っています。
以下に、11年目(プランターと鉢植え)、2年目(プランター)、および地植えのユウスゲの現況を以下に報告します。

【11年目、プランターのユウスゲ】

前回(5/26)と同様、現在、軽井沢草花館のユウスゲの中で最も草丈の高いユウスゲがプランターで11年目の苗です。
草丈は最大で70aに達し、前回から6日間で10a伸びました。

20190601yusuge_planter_11y.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 11年目(草丈:最大で70a)

【11年目、鉢植えのユウスゲ】

鉢植えのユウスゲも順調に成長しています。草丈は最大で65a。
プランター11年目の苗と同様に、前回(5/26)から6日間で10a高くなりました。

20190601yusuge_pot_11y.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 鉢植え ユウスゲ 11年目(草丈:最大で65a)

【2年目、プランターのユウスゲ】

2年目の苗は草丈最大で25a。前回(5/26)から6日間で3a高くなりました。
上の11年目の苗に比べると成長の度合いが緩やかですが、順調に大きく育っています。

20190601yusuge_planter_2y_2017seed_20180415start.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 プランター ユウスゲ 2年目(草丈:最大で25a)

【地植えのユウスゲ】

地植えのユウスゲが勢いを増して大きくなってきました。
最大の草丈は約65aで前回(5/26)から6日間で15a伸びました。
プランター(11年目)のユウスゲに迫る大きさになってきました。

20190601yusuge_jiueA03.jpg
2019年6月1日 軽井沢草花館 地植え ユウスゲ (草丈:最大で65a)

つづく
posted by kusabanakan at 16:51| ゆうすげ日記