2019年07月04日

2019(24)プランター11年目のユウスゲに花茎(7/4)

本日、プランターで育てて11年目になるユウスゲから花茎が出ているのを確認しました。

20190704yusuge_planter_11y-02.jpg
2019年7月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター11年目 花茎(12a)

ここ3年ほど、このプランターのユウスゲは6月20日ころには花茎が50a近くまで達し、軽井沢草花館の庭の中ではベスト5に入るくらい早い成長ぶりでした。

20190704yusuge_planter_11y.jpg
2019年7月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター11年目 花茎(12a)

今年はようやく7月4日になって花茎を確認。とはいえ、ここ数年は春先からこの時期にかけての気温が高く、特に昨年(2018)は春先から記録的な暖かさでした。一方、今年の6月の平均気温はほぼ平年並み、日照時間においても平年値の約93%でやや少なめ程度となりました。ここ数年と比べてしまうと、ユウスゲの成長が著しく遅く感じてしまいますが、今年はむしろ平年並みに戻ったのかもしれません。

メモ:プランター11年目のユウスゲは一部の葉っぱが黄色くなってしまったので、剪定しました(下写真)。

20190704yusuge_planter_11y-03.jpg
2019年7月4日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター11年目 剪定した葉っぱ

【その他のユウスゲ】

今年最初に花茎を確認したユウスゲは花茎の高さが119aになっていました。
花茎の本数は合計で16本、昨日より2本増えました。

posted by kusabanakan at 15:38| ゆうすげ日記

2019年07月03日

2019(23)ユウスゲのつぼみが出てきました&プランターにも花茎(7/3)

6月29日以来、4日ぶりの更新です。
相変わらず、梅雨らしい天気が続いています。
ユウスゲは、あちらこちらから花茎が出始めています。
現在確認できただけで花茎は14本ありました。
4日前は、まだ4本しかありませんでしたから、4日で10本。まずまずのペースといったところ。

一番最初に花茎を確認した苗は、その後順調に成長して、今も花茎の高さが一番です(114a)。

20190703yusuge_tsubomi02.jpg
2019年7月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ

そして、花茎の先端につぼみを確認しました(今季初)。

20190703yusuge_tsubomi01.jpg
2019年7月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ つぼみ(7〜8_)

このまま順調に育ってくれれば、開花はあと2週間前後。
7月16日くらいではないかと思います。

その他、プランターで育てているユウスゲに初めて花茎が出始めました(下写真)。

20190703yusuge_planter_5y_01.jpg
2019年7月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ プランター5年目(2015年5月10日種まき)

種から育てて、5年目にして初めて花茎が出ました。
花茎の高さは34a。開花が楽しみです。

【その他の花】

先日、咲き始めたばかりのヤマホタルブクロ。
たくさんあるつぼみが次々に開いてきました。

20190703yamahotarubukuro.jpg
2019年7月3日 軽井沢草花館 ヤマホタルブクロ

また、オミナエシにはつぼみが付き始めました。
これから順次咲いてきそうです。

20190703ominaeshi.jpg
2019年7月3日 軽井沢草花館 オミナエシ(つぼみ)
posted by kusabanakan at 16:50| ゆうすげ日記

矢ヶ崎公園 池の東側 オオヤマザクラは実の季節&遊具新設工事完了(2019.7.3)

6月21日以来、12日ぶりの更新です。

梅雨らしい天気が続きます。

20190703yagasaki-sakura01.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 北側歩道 オオヤマザクラ並木

矢ヶ崎公園の北側歩道沿いに並んだオオヤマザクラ。
前回(6/21)の時点で実が落ちきってしまった旨、レポートしました。
ところが、矢ヶ崎公園の東側の街路樹として植えてあるオオヤマザクラには赤や黒に熟した実がたくさんついていました!
普段、通ることの少ないエリアだったので、前回は確認していなかったのですが、今回確認できたので、写真(下)と共に記録しておきます。
何故、公園の北側に植栽されているオオヤマザクラは実が熟す前に落ちてしまったのか?
定かなことは分かりませんが、苗の状態が良くないことが一つ挙げられるかもしれません。
今回、北側遊歩道沿いのオオヤマザクラ並木を通ってみると、弱っていた枝がしっかり剪定されていました。
サッパリして来年以降、実がたくさんつけてくれることを祈ります。

20190703yagasaki-sakura02.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 池の東側 オオヤマザクラの実

(下写真)大賀ホールの西側に植栽されているシダレザクラ。
前回(6/21)からほとんど変わっていない感じですが、芝や周辺のツツジなどがきれいに手入れされていて、気持ちの良い場所になっています。

20190703yagasaki-shidare-sakuraA01.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西側のシダレザクラ

(下写真)大賀ホールの西側に植栽されている別のシダレザクラも特に変化は感じませんが、どっしりとして安定感があります。

20190703yagasaki-shidare-sakuraB.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール南側のシダレザクラ

【矢ヶ崎公園 遊具取り換え工事が終わっていました】

7月24日までの予定で行われていた遊具の撤去/新設工事がいつの間にか終了していました。
ブランコが撤去された後に新設されており、その脇にあった小さな砂場は引き続き残っていました(あるいは作り替えたかもしれません)。
その他、今まであったジャングルジム、すべり台、鉄棒などの遊具はすべて撤去され、新たな遊具は設置されていませんでした。

20190703yagasaki-yugu_after02.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園
 撤去後、設置された新しいブランコ 左手前の砂場は以前のまま、あるいは作り替え

20190703yagasaki-yugu_after03.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園
 撤去後、設置された新しいブランコ 左手前の砂場は以前のまま、あるいは作り替え

20190703yagasaki-yugu_after01.jpg
2019年7月3日 軽井沢 矢ヶ崎公園 遊具の取り換え、撤去 工事後の様子

下の写真は遊具が撤去される前の状態です。にぎやかに並んでいた遊具のほとんどが撤去され、残ったのはブランコと砂場だけでした。

20190527yagasaki-yugu02.jpg
2019年5月27日 矢ヶ崎公園 東側芝生広場 全景 遊具撤去前

つづく
posted by kusabanakan at 16:04| オオヤマザクラ

2019年07月02日

【軽井沢の薬草展】薬研(やげん)

小さな美術館軽井沢草花館 2019年度展示のご案内

全5期 薬効・薬理をもつ植物 石川功一の描く「軽井沢の薬草展」開催中。
明日7月3日(水)より第3期目の展示に変わります。

exhibit.jpg

画家・石川功一が描いた軽井沢に自生する草花画(油彩画・水彩スケッチ)の中から、薬効、あるいは薬理をもつ植物を紹介する企画展です。
ゲンノショウコ、アケビ、クズなど、日本では古くから漢方薬や民間薬として利用されている植物がたくさんあります。本展では4月20日から11月24日までを5期に分け、展示替えをしながら、各期40点前後の草花画(薬草)を展示します。

第3期目(7月3日から9月2日まで)は45種の薬草(計49作品)を展示します。

主な展示作品は:ミツバアケビ、クズ、ゲンノショウコ、イカリソウ、ワレモコウ、マタタビ、リンドウ、トチバニンジン、ツチアケビ、ウワミズザクラ、オトギリソウ、メギ、ヒルガオ、ヤマトリカブト、ヒキオコシ、サンショウ、マタタビ、クララ、オオバコ、ヤマユリ等、油彩画と水彩スケッチ合わせて49点(薬草45種類)です。

以下、展示中の資料より薬研(やげん)をご紹介します。

【薬研(やげん)】

20190702yagen.jpg
複製の薬研(やげん) 2019年11月24日まで展示予定

薬研とは漢方薬や民間薬などをつくるとき、薬効を持つ薬種(草・根・木など)を細粉にひくのに用いる器具です。石製のほか、鉄製、木製、陶製があります。展示品は1/4程度の複製品(鉄製)ですが、実際に使われるものは車輪の直径が25cm前後あります。
posted by kusabanakan at 22:03| 展示紹介

2019年07月01日

イヌブナ日記(181) 節に冬芽が出てきました。安さんは幹0.5_太く(7/1)

(2012年5月に種から発芽したイヌブナ実生の生長日記です)

前回(6/17)から2週間ぶりの更新です。

20190701inubuna8y_an_dan_01.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ×2株(共に実生から8年目)

前回6月6日から6月17日の間に、イヌブナの檀さんだけ幹の直径が0.5_増しましたが、今回の測定では安さんの幹も直径が0.5_増していました。
そして、安さん、檀さん共に枝の節のところから冬芽が出てきていました。以下、詳細です。

【イヌブナ安さん(実生8年目)】

20190701inubuna8y_an_01.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 樹高:約71a 巾:約138a

今回も安さんの樹高が2a高くなっていました。この2週間で、枝がさらに上方向に立ち上がってきたようです。
下は2週間前の状態です

20190617inubuna8y_an_01.jpg
2019年6月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 樹高:約69a 巾:約138a

芽吹きから新緑時にかけては葉っぱの重みで枝がたわみ、一時的に樹高が低くなりましたが、6月に入ってから、再び枝が上向きに立ち上がってきたようです。5月以降における檀さんの樹高と巾の変化を以下のようにまとめました。

****************
5月からの樹高と巾の変化(安さん)
2019年7月1日 樹高:71a 巾:138a
2019年6月17日 樹高:69cm 巾:138cm
2019年6月6日 樹高:67cm 巾:140cm
2019年5月22日 樹高:67cm 巾:140cm
2019年5月11日 樹高:72cm 巾:130cm
2019年5月5日 樹高:82cm 巾:120cm
2019年5月1日 樹高:84cm 巾:120cm
****************

下の写真は真上から見た安さんです。

20190701inubuna8y_an_02.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 樹高:約71a 巾:約138a

下の写真は上部についている葉っぱですが、節のところから冬芽が出てきました。
長さは1.0_と小さいですが、これが来年の春に芽吹いて新しい若葉が出てくることを想像すると、感動します。

20190701inubuna8y_an_04.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 節に出てきた小さな冬芽

幹の直径は14.0_となり、前回(6/17)から0.5_太くなりました。

20190701inubuna8y_an_03.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 安さん 幹直径14.0_

【イヌブナ壇さん(実生8年目)】

檀さんは前回(6/17)のときから、樹高と全体の幅に変化がありませんでした。

20190701inubuna8y_dan_01.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん 樹高:約32a 幅:約68a

樹高に変化はなく、今後更に伸びることはなさそうですが、次回も観察しようと思います。

****************
5月からの樹高と巾の変化(壇さん)
2019年7月1日 樹高:32a 巾:68a
2019年6月17日 樹高:32cm 巾:68cm
2019年6月6日 樹高:30cm 巾:68cm
2019年5月22日 樹高:28cm 巾:68cm
2019年5月11日 樹高:28cm 巾:60cm
2019年5月5日 樹高:30cm 巾:55cm
2019年5月1日 樹高:30cm 巾:45cm
****************

20190701inubuna8y_dan_02.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ 実生8年目 壇さん 樹高:約32a 幅:約68a

幹の直径は前回(6/17)と同じ11.0_でした。

20190701inubuna8y_dan_03.jpg
2019年7月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生8年目 壇さん 幹直径11.0_

写真は割愛しますが、安さんと同様、檀さんにも冬芽が付き始めていました。長さは1.0_です。

【成長記録】

樹高:2019年6月17日から2019年7月1日の間に、安さんが2a高くなり、檀さんには変化がありませんでした。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。2019年7月1日、安さん、檀さん共に冬芽を確認しました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_

幹サイズ(直径):2019年6月17日から2019年7月1日の間、安さんのみ、幹サイズ(直径)が0.5_太くなりました。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)

以上
posted by kusabanakan at 15:49| イヌブナ日記