2019年07月10日

2019年夏休み、長野県ミュージアムスタンプラリー始まります(7/13から9/1)

2019_banner2.png
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

昨年に引き続き、2019年7月13日(土)から9月1日(日)まで、長野県、他主催のミュージアム・スタンプラリー2019「ミュージアム王国 信州とあそぼ!」が開催されます。 http://www.shinshu-to-asobo.net/

2019_flyer-c-1.jpg
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

長野県内のミュージアムの参加館(157館)を対象に、大人から子供まで気軽に参加できる企画で、軽井沢草花館も参加します(軽井沢町内では9館、ブログ文末に詳細)。
また、中学生以下を対象としたクイズ出題館としても参加。特典もございますので、是非ご参加ください。

【参加方法】
参加館などに置かれた専用のスタンプ用紙を入手して、各参加館でスタンプを押してもらってください。
(参加費はかかりません)
専用のスタンプ用紙は以下のサイトからダウンロードしてご自身で印刷しても利用が可能です。

【主な特典】

1.すべての方対象
参加館を訪れて、指定のスタンプ用紙に参加館のスタンプを3館分集めると
「達成賞オリジナル缶バッジ」、あるいは「2wayクリアファイル」を一つプレゼント(但し、商品は選べません)。
さらに、Wチャンス懸賞として抽選で信州の特産品等をプレゼント(はがきに応募する必要あり)

2.中学生以下対象(大人は対象外です)
(1)入館無料になります。(通常は小学生以下無料)
 ※軽井沢草花館を含む参加館ではスタンプラリーの参加有無にかかわらず、中学生以下は期間中(7月13日から9月1日まで)入館無料です。
(2)館内のクイズに答えて、正解すると、「本事業PRキャラクターオリジナルシール」プレゼント
 ※軽井沢草花館はクイズの出題館です。

2019_question.jpg
コピーライトマーク信州ミュージアム・ネットワーク事業

【周辺の参加館(軽井沢町内で合計9館)】
軽井沢草花館から徒歩圏内の参加館としては、「軽井沢型絵染美術館」(350m・徒歩5分)、脇田美術館(600m・徒歩8分・7/16-20休館)があり、その他、軽井沢町内では「軽井沢町歴史民俗資料館」、「旧近衛文麿別荘(市村記念館)」、「軽井沢千住美術館」、「軽井沢町植物園」、「軽井沢追分宿郷土館」、「堀辰雄文学記念館」が参加館となっています。入館してスタンプをゲットしましょう。※各館の休館日にご注意ください。軽井沢草花館は火曜日休館(8月は無休)。

スタンプラリーの参加館一覧や詳しい内容は、
「ミュージアム王国 信州とあそぼ!」のホームページでご確認ください。


posted by kusabanakan at 21:06| 草花館日記

2019(28)入口前のユウスゲは花茎93cm(7/10)

今日も日照がなく、ほぼ一日霧が出ていました。
気象観測所のある軽井沢追分では15時台から18時台にかけて37分間の日照が記録されましたが、軽井沢草花館のある軽井沢の東のエリアでは残念ながら日照はほとんどなかったように思います。

さて、軽井沢草花館のユウスゲは、成長こそ緩やかですが、着実に成長しています。
下の写真は、入口のところの看板前に植えているユウスゲ。
6本の花茎が出てきていて、一番大きなもので高さ93a。
このまま順調に成長すれば、7月の終わり頃から花を咲かせてくれそうです。

20190710yusuge01.jpg
2019年7月10日 軽井沢草花館 入口前 ユウスゲ

(上写真)入口前看板のまわりに植栽している植物はユウスゲのほか、オミナエシ、ワレモコウ、マツムシソウ、キキョウ、アカバナシモツケソウといったところ。7月終わりころから次々に開花が始まりそうです。

(下写真)もう少し近づいて撮影した一枚です。
花が咲く頃には花茎の高さが看板よりも高くなっていることでしょう。

20190710yusuge02.jpg
2019年7月10日 軽井沢草花館 入口前 ユウスゲ(花茎最大で93a)

(その他 メモ)

確認できた範囲で、花茎の総本数は28本。一昨日(7/8)の25本から3本増えました。
最も高く伸びている花茎は138a(つぼみ1.5a)。
posted by kusabanakan at 20:16| ゆうすげ日記