2019年07月16日

2019(34)ユウスゲ花茎150cm&野反湖のキスゲ(7/16)

今日も梅雨空。
霧が舞ったり、雨が降ったりと一日中ぐずついた天気となりました。
現在、軽井沢草花館のユウスゲで一番大きな株は、花茎の高さが150a。そしてつぼみの長さは2.2aです。

20190716yusuge01.jpg
2019年7月16日 軽井沢草花館 ユウスゲ

20190716yusuge02.jpg
2019年7月16日 軽井沢草花館 ユウスゲ

今年は(特に7月に入ってからの)日照不足や気温が低く開花が遅れています。
軽井沢草花館で2006年から記録しているユウスゲの開花日を見ると、過去一番遅くに開花が始まったのは、2012年の7月25日で、その次は2015年の7月15日です。
2012年はユウスゲが開花する前にヒョウ被害に遭い、葉っぱが破れるなどの大きなダメージを受けてしまったので開花が遅れ、ちょっと特異なケースでした。ですから、実質的に一番遅くに咲いたのは、次の2015年7月15日となります。
今年は7月16日になっても開花がなく、2006年からの開花記録の中で、(実質的に)最も遅い開花となりました。
ユウスゲも日をたっぷり浴びて、気温が高くなればまもなく咲き始めそうですが、あと1週間前後は同じような天気が続きそうで、開花はもう少し先になりそうです。

【野反湖のノゾリキスゲ(ニッコウキスゲ)】

本日、群馬県・野反湖までノゾリキスゲ(ニッコウキスゲ)を見に行ってきました。
現地は軽井沢と同様に深い霧に包まれて、視界がかなり悪かったですが、咲き始めのニッコウキスゲがとてもきれいでした。
まだ、つぼみがたくさんついているので、本格的な見ごろは来週中?くらいでになりそうです。

20190716nozoriko-kisuge00.jpg
2019年7月16日 野反湖畔 霧の遊歩道

ニッコウキスゲは昼間咲く花、ユウスゲは夕方から咲き始めます。

20190716nozoriko-kisuge01.jpg
2019年7月16日 野反湖畔 ニッコウキスゲ(ノゾリキスゲ)
posted by kusabanakan at 21:51| ゆうすげ日記