2019年07月22日

2019(40)今年の最初のユウスゲ開花!予想外の株から…(7/22)

本日、今年初めてユウスゲが咲きました。
例年に比べてだいぶ遅い開花となりましたが、ようやくユウスゲの季節をむかえました。
これからしばらく、ユウスゲの花が楽しめそうです。

20190722yusuge_jiueB04-1622.jpg
2019年7月22日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最初の一輪)

※ブログ後半で詳しくレポートしますが、昨日までブログで紹介してきたユウスゲは今日咲かず、咲いたのは違う株のユウスゲでした。

20190722yusuge_jiueB01-1622.jpg
2019年7月22日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最初の一輪)

今年は5月の日照時間が軽井沢の気象観測史上最長となるなど天気に恵まれて成長は順調でした。ところが花茎が出始める6月後半以降、日照が少なく、特に7月に入ってから記録的な日照不足と低温で、ユウスゲの成長い勢いがなくなりました。
こうした気候の影響もあり、例年に比べて、開花が大幅に遅れました。
以下は、過去の開花日をまとめたものですが、最初の開花が7月22日というのは、少なくても2011年以降では2番目に遅い結果となりました。一番遅かったのは2012年で、この時はヒョウ被害と台風被害の影響が大きく7月25日が最初の開花となりました。

【2019年】
花茎の確認:6月19日 確認時の高さ20.0a
最初の開花:7月22日
【2018年】
花茎の確認:6月13日 確認時の高さ25.0a
最初の開花:7月7日
【2017年】
花茎の確認:6月21日 確認時の高さ50.0a
最初の開花:7月8日
【2016年】
花茎の確認:6月11日 確認時の高さ31.0a
最初の開花:7月3日
【2015年】
花茎の確認:6月17日 確認時の高さ22.5a
最初の開花:7月15日
【2014年】
花茎の確認:6月27日 確認時の高さ65a
最初の開花:7月14日
【2013年】
花茎の確認:6月24日 確認時の高さ45a
最初の開花:7月14日
【2012年】
花茎の確認:7月2日 確認時の高さ20a
最初の開花:7月25日
※この2012年は5/28にひょう被害、6/19に台風被害があり、ユウスゲたちにとって過酷な年でした。
【2011年】
花茎の確認:?
最初の開花:7月10日

【予想外のユウスゲが咲きました】

下の写真にあるように、朝9時前の時点では、昨日まで紹介してきたユウスゲ(A)が咲くのでは?
と思っていましたが、すぐ脇に生えている違うユウスゲ(B)の蕾も同じくらい大きなものになっていて、もしかしたらこちらも一緒に咲くかもしれないと思っていました。

20190722yusuge_jiueA01.jpg
2019年7月22日 8:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(開花前)

ユウスゲAの蕾は以下の写真のように時間の経過とともに大きくなっていきました。

20190722yusuge_jiueA02re-0849.jpg
2019年7月22日 8:50 軽井沢草花館 ユウスゲA(開花前)

20190722yusuge_jiueA03-1238.jpg
2019年7月22日 12:40 軽井沢草花館 ユウスゲA(開花前)

20190722yusuge_jiueA04-1552.jpg
2019年7月22日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲA(開花前)

ところが… 結局夜8時を回ってもつぼみが開くことはありませんでした。

一方、その隣で花茎の低いユウスゲBがつぼみを大きくしていました(下写真)。

20190722yusuge_jiueB01-0851.jpg
2019年7月22日 8:50 軽井沢草花館 ユウスゲB(開花前)

そして、14時を過ぎたころに、つぼみの先端が開き始め(下写真)

20190722yusuge_jiueB02-1405.jpg
2019年7月22日 14:05 軽井沢草花館 ユウスゲB(開花前)

15時台になって、開花しました。
今年最初の一輪です!

20190722yusuge_jiueB03-1550.jpg
2019年7月22日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲB(開花)

さらに、16時を過ぎたころには満開の状態になりました(下写真)。

20190722yusuge_jiueB04-1622.jpg
2019年7月22日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲB(開花)

花茎が出始めるのも、つぼみの付くのも一番だったユウスゲAですが、開花一番は、あとから花茎の出たユウスゲBとなりました。以下はユウスゲAとユウスゲBの花茎の成長記録をグラフにしたものです。

20190722yusuge_jiueA_B.jpg

最初に咲いたユウスゲBは6月28日に花茎(36a)を確認し、その後24日間で開花しましたが、ユウスゲAは花茎を確認してから1か月以上をかけてようやく開花しそうです。

20190722yusuge_jiueB01-1622.jpg
2019年7月22日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最初の一輪)

ともあれ、初開花、うれしいです。

つづく
続きを読む
posted by kusabanakan at 22:30| ゆうすげ日記

緑のカーテン2019(13)ウチワドコロにイモムシ(7/22)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20190722midori01.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回7月14日以降、8日ぶりの更新です。
気温は徐々に高くなってきているものの、日照不足は相変わらず。
7月に入ってから昨日(21日)までの日照時間はわずか21時間。
そろそろ梅雨明けしそうな気配ではありますが、記録的に少ない日照時間です。
5月は軽井沢の気象観測史上もっとも長い日照時間だっただけに、落差がすごいです!

前回同様、ウチワドコロの葉の状態があまりよくありません。そのため、毎日、粉が吹いたり、黄色い斑点の出た葉っぱを少しづつ剪定しています。
さらに、最近になって葉っぱが虫に喰われる量が増えてきました。朝になると葉っぱが虫に喰われて欠けているのですが、犯人の姿はなく、夜間にこっそり食べているようです。

20190722midori03_uchiwadokoro.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン 虫に喰われたウチワドコロの葉っぱ

今日は、たまたま?なのか、葉っぱの裏で葉っぱを食べていたイモムシを見つけました。
食べているのは状態の良いウチワドコロの葉っぱ。粉が吹いたり、黄色い斑点のでた葉っぱは食べないようです。

20190722midori04_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ

頭の部分が黒いのが特徴です。調べてみたものの、正体が分かりませんでした…
羽化すると、どんな蝶になるのでしょうか?

20190722midori05_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ(上から)

駆除してしまうのはやめて、再び、ウチワドコロの葉っぱに戻しておきました。

20190722midori06_uchiwadokoro_imomoshi.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チワドコロの葉っぱの裏にいたイモムシ(頭の部分)

20190722midori02.jpg
2019年7月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 22:26| 緑のカーテン