2019年07月27日

2019(45)ユウスゲ開花2、ノハラアザミもきれいに開花(7/27)

本日、軽井沢草花館でユウスゲが2輪咲きました。
今日は午前中に日差しが出たり隠れたりしていましたが、台風の影響もあり、午後からは曇天続き。
夕方は今にも降りそうな雲行きになりましたが、雨が降る前に美しく咲きました。

20190727yusuge01-1626.jpg
2019年7月27日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ

20190727yusuge02-1627.jpg
2019年7月27日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ

【その他の花】

すでに数日前から咲きはじめていますが、ノハラアザミが数か所で咲きだしました。つぼみがたくさん出ているので、これからしばらくの期間、花が楽しめそうです。

20190727noharaazami.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 ノハラアザミ


posted by kusabanakan at 16:04| ゆうすげ日記

緑のカーテン2019(14)ウチワドコロ花(雄花)咲く(7/27)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

20190727midori01.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン

前回7月22日以降、5日ぶりの更新です。
気温は徐々に上がってきており、7月下旬になってから日照時間も長くなってきました。
それでも、まだ梅雨明けしておらず、すっきりしない天気が続いています。

緑のカーテンは全体的には前回からほとんど変わっていません。
今年はウチワドコロの葉っぱの状態が悪く、傷んだ葉っぱを日々剪定しています。そのため、成長して増えた分の葉っぱと剪定した葉っぱが差し引きすると、「少しづつプラス」といったところ。でも、見た目にはあまり変化を感じません。
最近は、ウチワドコロの葉と同様、ヤマノイモの葉の表面に斑点の出た葉っぱがみられるようになり、すぐに剪定した注意しているところです。
現時点のつる性植物の構成比(%)は
ウチワドコロ45:ヤマノイモ(ジネンジョ)30:ノブドウ12:イケマ12:チョウセンゴミシ1といったところです。

さて、状態が悪いとはいえ、ウチワドコロに花の時期がやってきました。
蔓からたくさんの花序が出ていて、小さな花が咲きはじめました。

20190727midori_uchiwadokoro01.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの雄花序

ウチワドコロは雌雄異株の植物です。
草花館で緑のカーテンにしているウチワドコロはほとんどが雄株のようで、現在咲いているのも、確認したかぎり雄花だけです。
面白い形の実が付くので、雌花も咲いてほしいです。
(去年は実が付きませんでしたが、一昨年は実が付きました)

20190727midori_uchiwadokoro02.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの雄花序

20190727midori_uchiwadokoro03.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの雄花

20190727midori02.jpg
2019年7月27日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 15:58| 緑のカーテン