2019年09月10日

2019(89)ユウスゲの種 本年度初収穫(9/10)

台風明けの影響もあって、日中の気温が29.1度まで上がり、軽井沢では一年で最も暑い時期(8月上旬)を上回る、大変暑い一日となりました。
ユウスゲの花は9月4日を最後に咲き終わりましたが、本日(9/10)、実を採取して、中の種子を今年初めて収穫しました。

20190910yusuge-jiue_mi01.jpg
2019年9月10日 軽井沢草花館 ユウスゲの実

(上写真)緑色の実は、熟すと茶色くなって、さらに乾燥してくると先端が割れて中から種子が見えるようになります。
(下写真)実を採取し、中の種を取り出した状態です。2つの実から66粒の種が採れました。

20190910yusuge-jiue_mi02.jpg
2019年9月10日 軽井沢草花館 採取したユウスゲの実の中の種子(2つの実から66粒の種)

今日のところは2つの実を採取しただけですが、明日以降、他の実も状態を見ながら採取していくつもりです。
posted by kusabanakan at 22:01| ゆうすげ日記

【軽井沢の薬草展】クズ

小さな美術館軽井沢草花館 2019年度展示のご案内

全5期 薬効・薬理をもつ植物 石川功一の描く「軽井沢の薬草展」開催中。

exhibit.jpg

画家・石川功一が描いた軽井沢に自生する草花画(油彩画・水彩スケッチ)の中から、薬効、あるいは薬理をもつ植物を紹介する企画展です。
ゲンノショウコ、アケビ、クズなど、日本では古くから漢方薬や民間薬として利用されている植物がたくさんあります。本展では4月20日から11月24日までを5期に分け、展示替えをしながら、各期40点前後の草花画(薬草)を展示します。

現在、第4期目(9月4日から10月7日まで)を開催中で、47種の薬草(計51作品)を展示中です。

主な展示作品は:ミツバアケビ、チョウセンゴミシ、クズ、ゲンノショウコ、アマチャヅル、ワレモコウ、リンドウ、サラシナショウマ、センブリ、キセワタ、メハジキ、スイカズラ、アオツヅラフジ、イボタノキ、カラハナソウ、カナムグラ、クサボケ、オオバコ、ドクダミ、ヤマトリカブト等、油彩画と水彩スケッチ合わせて51点(薬草47種類)です。

以下、第4期に展示中の作品よりクズをご紹介します。

【クズ】

20190906kuzu-ishikawa19990820.jpg
石川功一 水彩スケッチ クズ(2019年11月24日まで公開予定)

20190906kuzu-karuizawa20100806.jpg
2010年8月6日 軽井沢 クズの花

20190906kuzu-karuizawa20100806-02.jpg
2010年8月6日 軽井沢 斜面に繁殖したクズ

秋の七草の一つでもあるクズ。都心でも鉄道線路沿いや高速道路の脇などで斜面を覆いつくすように一面に繁殖しているのを見かけます。
生薬名をカッコン(葛根)と呼び、漢方薬「葛根湯(カッコントウ)」の主成分でもあります。また、根から取れるデンプンはくず粉と呼ばれ、和菓子の原料として使われています。

【薬効・薬理をもつ植物 石川功一の描く「軽井沢の薬草展」】

2019年4月20日(土)から11月24日(日)
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

ホームページ https://kusabana.net
posted by kusabanakan at 12:00| 展示紹介