2019年11月17日

緑のカーテン2019(22)葉っぱ落ち切り今年最終回&マツムシソウ咲く(11/17)

今年で9年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
前回11月3日以来、2週間ぶりの更新です。

テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回(11/3)の時には、黄葉した葉っぱがまだ3割ほど残っていましたが、すでにほとんどの葉が落ちきって、わずかに残っている葉っぱも枯れて、茶褐色化しています。
この後、残っている葉っぱや枯れた蔓をネットからきれいに取り除き、来年に備えます。
最後のまとめは、このブログの最後に記します。

20191117midori01.jpg
2019年11月17日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回11月3日に撮影したものです。

20191103midori01.jpg
2019年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下は違う角度から見た緑のカーテンです。

20191117midori02.jpg
2019年11月17日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(11/3)撮影したものです。

20191103midori02.jpg
2019年11月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【今年2019年の緑のカーテンを振り返って】

今年も緑のカーテンとして、十分に役割を果たし、きれいな姿で楽しませてくれました。特に大きな問題も生じず、例年通りの活躍でした。
欲をいえば、つる植物にもう少し花が咲いてほしかった点です。ことしはウチワドコロとチョウセンゴミシしか花が咲きませんでした。ヤマノイモ、イケマ、ノブドウ、ツルガシワには花が咲かず、また花の咲いたウチワドコロは雄花ばかりで実が付かず、チョウセンゴミシもまだ苗が若いからなのか、実が付くことはありませんでした。
今年はこれで終わりですが、また来年が楽しみです。

【おまけ】

秋も深まり、ほとんどの花が枯れている中、庭の一角でマツムシソウが咲いています。
8月下旬から咲き始めた苗ですが、その後もつぼみが出て、3カ月近く咲き続けています。
いつまで咲き続けるのか? 観察中です。

20191117matsumushisorindo.jpg
2019年11月17日 軽井沢草花館 マツムシソウ
posted by kusabanakan at 15:05| 緑のカーテン