2020年03月27日

ダンコウバイ(壇香梅)が開花しました(2020.3.27)

本日(3/27)、草花館の庭のダンコウバイが開花しました。
例年であれば4月に入ってから開花しますが、温暖化とともに開花時期がだんだん早まってきている印象です。
3月の平均気温が過去最高を記録した一昨年(2018)でも3月31日の開花。
今年はそれを上回る早さで、草花館の庭の開花としては今までで最も早いです。
ちなみに東京の桜・ソメイヨシノの開花は平年より12日早い3月16日に開花宣言され、過去最も早い開花となりました。その後、22日に満開をむかえ、現在も見ごろが続いているようです。

20200327museum-dankobai01.jpg
2020年3月27日 軽井沢草花館 ダンコウバイ(壇香梅)の花

20200327museum-dankobai02.jpg
2020年3月27日 軽井沢草花館 ダンコウバイ(壇香梅)の花 

(下写真)黒文字のつぼみも膨らんできています。こちらの開花は4月中旬から始まりそうです。

20200327museum-kuromoji.jpg
2020年3月27日 軽井沢草花館 クロモジのつぼみ

posted by kusabanakan at 12:21| 草花館日記

矢ヶ崎公園オオヤマザクラ(2020.3.27)つぼみの情況

軽井沢、矢ヶ崎公園のオオヤマザクラのつぼみの情況です。
例年、おおむね4月下旬から5月初旬にかけて見ごろになり、その後、シダレザクラ、八重桜と開花が続きます。

昨年は4月の気温が比較的低かったものの、2月と3月気温が高かった影響なのか、オオヤマザクラの開花はG.W.前から始まり、4月末頃にピーク、5月に入ると散り始め、その後はシダレザクラ、八重ザクラと開花が続きました。

今年(2020)は、1月、2月、そして3月と気温の高い状態が続いていて、1月から3月までの3か月の平均気温が観測史上初めてプラス気温になろうかという状況です。
4月になってからの気候がどうなるか分かりませんが、今年も開花が早くに訪れそうです。

まだ3月ですが、本日27日現在のオオヤマザクラの状態を紹介します。

20200327yagasaki-sakura02.jpg
2020年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ つぼみ

暖冬とはいえ、軽井沢のような寒冷地では、まだ開花の気配は感じられません。つぼみも堅い状態でした。
撮影したオオヤマザクラは矢ヶ崎公園の北側の歩道沿いに並ぶオオヤマザクラです。

20200327yagasaki-sakura01.jpg
2019年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 オオヤマザクラ

大賀ホールの周りにあるシダレザクラもまだつぼみが固い状態です。

20200327yagasaki-shidare-sakuraA01.jpg
2020年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール西側のシダレザクラ

20200327yagasaki-shidare-sakuraB01.jpg
2020年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園 大賀ホール南側のシダレザクラ

(下写真)右奥に見える浅間山にはまだ雪が残っていますが、手前の離山(はなれやま)の雪はほとんど解けています。

20200327yagasaki-katsura02.jpg
2020年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園から見た左・離山(はなれやま)と右・浅間山

(下写真)公園と池の境界沿いカツラ並木があって、夏の緑が大変きれいなのですが、まだ芽吹きには早く、その背後のプリンススキー場ゲレンデが良く見えます。

20200327yagasaki-katsura01.jpg
2020年3月27日 軽井沢 矢ヶ崎公園からプリンススキー場ゲレンデ方面景色

つづく
posted by kusabanakan at 11:39| オオヤマザクラ