2020年06月09日

【エゾカワラナデシコ】石川功一の水彩・油彩展「和歌に詠まれた草花たち」

小さな美術館軽井沢草花館 2020年度展示のご案内

【6月13日(土)よりオープンします(6/9更新)】

新型コロナウィルス「感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策をとりながら「石川功一の水彩・油彩展 和歌に詠まれた草花たち」を開催します。6月13日以降、しばらくは「金、土、日、月曜日を開館日」、「火、水、木曜日を休館日」としますが、今後の状況によって休館日が変わる可能性がありますので、来館予定の方におかれましては、事前にホームページで開館日を確認していただきますようお願いします。
また、来館の皆さまには1.マスクの着用、2.チェックシートの記入(名前、連絡先、健康状態の確認)、3.手指消毒をお願いするとともに、入館者の人数制限(同時に6名まで)を実施いたします。 ご理解・ご協力をお願いいたします。
尚、6月18日までは、政府からの段階的な自粛の緩和方針に基づいて、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、北海道からの来館は6月18日まで自粛いただきますよう、こちらもご理解、ご協力をお願いいたします。

営業カレンダー(6/13からの臨時営業日で、今後の状況によって変更になることがあります)
2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
は休館日
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
は休館日

【石川功一の水彩・油彩展 「和歌に詠まれた草花たち」】

20200613exhibit_700.jpg

今年の企画テーマは「和歌」。日本の和歌と、石川功一の作品で歌の中で詠まれた草花図を並べて展示し、合わせて鑑賞していただこうとするものです。
和歌は、日本最古の歌集である「万葉集」を中心に、勅撰集「古今和歌集」、「拾遺和歌集」、「後拾遺和歌集」など、5世紀から11世紀までに詠まれたものより選出。そして、石川功一の描いた草花図の中からは、和歌の中で詠まれた草花を厳選し、水彩画と油彩画を合わせて40数種を紹介します。
尚、11月23日までの会期中、1か月に5点ほどの作品と和歌を入れ替えながら、総計60種程度の草花を紹介していく予定です。

展示予定の作品(一部)
エゾカワラナデシコ、ウメ、サクラ、ヤマブキ、ハギ、フジ、スミレ、ヤブカンゾウ、カタクリ、ニワトコ、ヌルデの紅葉、ダンコウバイの黄葉、等。

【エゾカワラナデシコ】

展示作品より石川功一の描いた水彩スケッチと万葉集の歌をご紹介します。

20200609ezokawaranadeshiko.jpg

石川功一 水彩スケッチ エゾカワラナデシコ

*****************
見わたせば 向ひの野辺の なでしこが
 散らまく惜しも 雨な降りそね

万葉集 巻第10・1970 作者未詳
*****************
※館内では、現代訳も併記して紹介しています。

開催日:2020年6月13日(土)~2020年11月23日(月)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火、水、木曜日(但し、今後の状況によって変更していきます)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 3.7MB)

小さな美術館軽井沢草花館 公式ホームページ https://kusabana.net
posted by kusabanakan at 21:47| 展示紹介

2020年06月08日

アヤメ開花(2020.6.8)

草花館の庭のアヤメが咲きました。
5月終わりころからつぼみが出ていたので、ようやく!という感じす。
軽井沢でこの花が咲き始めるのは、梅雨入りの時期。
いつの間にか、緑も深くなってきました。

20200608museum-ayame.jpg
2020年6月8日 軽井沢草花館 アヤメ
posted by kusabanakan at 21:25| 草花館日記

2020年06月06日

緑のカーテン2020(5)イケマのツルネットに絡み始める(6/6)

今年で10年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回、5月22日以来、半月ぶりの更新です。
ウチワドコロを中心に、ツルがネットに絡まり始め、ほんの少しですが、緑のカーテンらしくなってきました。
また、前回ツルが伸び始めたばかりだったイケマがネットに絡み始めました。

20200606midori01.jpg
2020年6月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン

20200522midori01.jpg
2020年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン

以下詳細です。

【ウチワドコロとチョウセンゴミシ】

(下写真)ウチワドコロの成長が活発です。放置しておくと、ツルとツルが絡み合ってしまったり、あっという間に天井に達してしまうので、毎日の手入れが欠かせない季節に入りました。
チョウセンゴミシ(写真の左下)のツルは、今のところそれほど伸びることがありませんが、ネットの下部で元気でいます。

20200606midori04.jpg
2020年6月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシとウチワドコロ

(下写真)前回(5/22)撮影分です。

20200522midori_uchiwadokoro01.jpg
2020年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン チョウセンゴミシとウチワドコロ

【ノブドウ】

葉っぱが完全に開きました。

20200606midori03.jpg
2020年6月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

(下写真)前回(5/22)撮影分です。

20200522midori_nobudou01.jpg
2020年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウ

【イケマ】

前回(5/22)、テラスのデッキ下から出たイケマの芽がツルを伸ばし、ネットに絡み始めました。

20200606midori05.jpg
2020年6月6日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマ
※イケマのツルは今のところ1本だけで、その他はウチワドコロ

(下写真)前回(5/22)撮影分です。

20200522midori_ikema01.jpg
2020年5月22日 軽井沢草花館 緑のカーテン イケマ

その他、ツルガシワのツルは前回から思ったほど伸びていません。

つづく
posted by kusabanakan at 21:33| 緑のカーテン

2020年06月03日

マツブサ日記(21)緑深く、花芽はまだ見られず(2020.6.3)

本来、2018年4月3日にマツブサの種を撒き、その後の成長日記にするつもりでしたが、2年経った現在でも芽は出てきておらず、成長記録の更新はできていません。その代わりに自生地のマツブサ観察を気まぐれに行って紹介しています。

5月4日以来、約1か月ぶりの更新です。
前回は芽吹きが始まったばかりでしたが、この1か月で葉が茂り、緑が深くなっていました。ただ、観察できた範囲で花芽は確認できませんでした。

【自生地のマツブサ】

3か所でマツブサを確認できました。
きれいな緑色の葉が生い茂り、順調に成長しているようでした。

20200603jisei-matsubusa02.jpg
2020年6月3日 軽井沢 自生地のマツブサ 

葉っぱのサイズが立派で、平年よりも大きくなっているように感じました。
ただ、花芽を確認できませんでした。おおむねこの時期から花芽が付き始め、7月に開花しています。
去年(2019)は、ほとんど花が咲きませんでしたが、今年も花が咲かないのでしょうか?
観察をつづけます。

20200603jisei-matsubusa01.jpg
2020年6月3日 軽井沢 自生地のマツブサ 

(下写真)前回(5/4)撮影した写真です。芽吹きが始まったばかりの時期で、葉っぱは淡くやわらかな色でした。

20200504jisei-matsubusa01.jpg
2020年5月4日 軽井沢 自生地のマツブサ 

つづく
posted by kusabanakan at 22:00| マツブサ日記

2020年06月02日

ブナ日記(150)緑豊かな姿に イヌブナとの葉っぱ比べ(6/1)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(6/1)観察した記事となります。
5月24日以来、8日ぶりの更新です。
そして、今回でブナ日記150回目となりました!

さて、この8日間で、やや垂れ下がり気味だった葉っぱが、さらにしっかりと横向きに伸びるようになりました。

20200601buna_su_7y_01.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

下の写真は前回(5/24)撮影したものです。わずかな違いではありますが、今回(上写真)のほうが、より葉っぱが横向きにしっかりと伸びています。

20200524buna_su_7y_01.jpg
2020年5月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

(下写真)上方からみた崇さんです。しっかりと葉が生えそろい、緑豊かな姿になりました。
枯れそうだった、去年と一昨年の姿からは想像できない回復ぶりです!

20200601buna_su_7y_02.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

(下写真)枝の上方にある大きめの葉っぱの長さを図りました。長さにして約5.5a。

20200601buna_su_7y_04.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目

(下写真)参考までに、昨日撮影したイヌブナ安さん(実生9年目)の葉っぱです。長さにして約8aだったので、ブナの崇さんの葉っぱはイヌブナ安さんの葉っぱの3分の2くらいのサイズということです。色もツヤもだいぶ違います。(イヌブナ安さんの詳細はイヌブナ日記201にて)

20200601inubuna9y_an_02.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん

(下写真)幹の太さはφ9.0_でした。2018年7月23日に9.0_を記録してから変化がありません。これから7月にかけて幹回りが太くなるようなので、今後の成長を注意深く観察しようと思います。

20200601buna_su_7y_03.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.0_
【成長記録】

【樹高】2020年5月24日から6月1日までの8日間、樹高の変化は見られませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_

【冬芽】2020年5月5日に芽吹きました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め

【幹直径】幹の直径に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_
posted by kusabanakan at 20:17| ブナ日記

2020年06月01日

イヌブナ日記(201)樹高、安さん上がり、檀さん下がる(6/1)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、5月24日以来8日ぶりの更新です。

安さんと檀さんに樹高の変化がありました。

20200601inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

前回(下写真5/24)に比べ、安さん・檀さん共に葉っぱの付き方に変化がありました。
少し下向きにお辞儀していた葉っぱも、葉っぱの面が上向きになるようにしっかりとしてきました。

20200524inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年5月24日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

前々回(下写真5/14)の状態は、若葉が垂れ下がるようについていました。

20200514inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年5月14日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

以下、安さんと檀さんの詳細です。

【イヌブナ安さん 実生9年目】

(下写真)樹高は74a、幅は約150aでした。大きな変化として、前回(5/24)比べて樹高が4a高くなりました。前回は葉っぱの重みで枝の先端部分がだいぶたわんでしまい、樹高が低くなってきましたが、今回は先端の枝が上向きに伸びて、その結果樹高が4a高くなりました。

20200601inubuna9y_an_00.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:74a 巾:150a

(下写真)前回(5/24)の時の状態です。枝の先端がだいぶたわんでいました。

20200524inubuna9y_an_00.jpg
2020年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:70a 巾:150a

(下写真)さらに前々回(5/14)の状態です。若葉が広がったばかりの頃は、葉っぱは下向きに垂れています。

20200514inubuna9y_an_00.jpg
2020年5月14日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:70a 巾:150a

(下写真)幹の直径は14.5_で、前回(5/24)の測定時、さらに昨年(2019)から変化がありません。

20200601inubuna9y_an_01.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 幹直径14.5_

(下写真)上方からみた安さんです。新緑の美しい季節が続いています。

20200601inubuna9y_an_03.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん

(下写真)葉っぱは、大きなもので長さが8aくらいでした。

20200601inubuna9y_an_02.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん

【イヌブナ檀さん 実生9年目】

(下写真)樹高が前回(5/24)の35aから34aへと1a低くなりました。
安さんは樹高が高くなりましたが、この檀さんは低くなり、対照的な結果でした。
檀さんの枝は安さんの枝に比べて細く、葉っぱの重みで枝がたわみやすいようです。

20200601inubuna9y_dan_00.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:34a 巾:75a

(下写真)前回(5/24)撮影の檀さんです。

20200524inubuna9y_dan_00.jpg
2020年5月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:35a 巾:75a

(下写真)幹の直径は11.5_で、前回(5/24)の測定時、さらに昨年(2019)から変化がありません。

20200601inubuna9y_dan_01.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 幹直径11.5_

(下写真)上方からみた檀さんです。新緑の美しい季節が続いています。

20200601inubuna9y_dan_03.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 檀さん

(下写真)葉っぱは、大きなものが長さが7.5aくらいで、安さんの葉っぱよりも全体的にやや小さい印象です。

20200601inubuna9y_dan_02.jpg
2020年6月1日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 檀さん

【成長記録】

樹高:2020年5月24日から2020年6月1日の間に、安さんは4a高くなり、檀さんは1a低くなりました。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a、5/3:78a、5/6:73a、5/14:70a、5/24:70a、6/1:74a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a、5/3:39a、5/6:37a、5/14:35a、5/24:35a、6/1:34a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。安さん、檀さん共にすでに2020年の芽吹きを始めています。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_、5/3:43_で芽吹き始まる

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる

幹サイズ(直径):2020年5月24日から2020年6月1日の間に、安さん、檀さん共に幹のサイズに変化はありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、14.5_(5/14)、14.5_(5/24)、14.5_(6/1)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、11.5_(5/14)、11.5_(5/24)、11.5_(6/1)

以上
posted by kusabanakan at 20:17| イヌブナ日記