2020年08月09日

2020(54)ユウスゲ8輪 7/26以来の一桁開花数(8/9)

本日、ユウスゲの開花数は8輪。7月26日以来、久しぶりに一けた台となりました。
今日もあまり気温が上がらず、18時までの最高気温は25.0度(平年比-1.4度)。涼しくて過ごしやすい一日となりました。

20200809yusuge_jiueA_1652.jpg
2020年8月9日 16:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200809yusuge_entrance_1643.jpg
2020年8月9日 16:45 軽井沢草花館 入口 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 17:55| ゆうすげ日記

カラスvsアスター(180)

カラスvsアスター(180)

カラス&アスター089ブログ用.jpg
第89(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新。

posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2020年08月08日

【開催中】石川功一の水彩・油彩展「和歌に詠まれた草花たち」−ヤマハギ(山萩)−

小さな美術館軽井沢草花館 2020年度展示のご案内

【8月以降の営業日程について】

現在、新型コロナウィルス「感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策をとりながら「石川功一の水彩・油彩展 和歌に詠まれた草花たち」開催中です。8月は「火曜日のみ休館」9月以降は「火、水曜日休館」で営業を続けてまいります。但し、今後のコロナ感染状況によって休館日や営業時間を変更する可能性がありますので、来館予定の方におかれましては、事前にホームページ(kusabana.net)で開館日を確認していただきますようお願いします。
また、引き続き、来館の皆さまには1.マスクの着用、2.チェックシートの記入(名前、連絡先、健康状態の確認)、3.手指消毒をお願いするとともに、入館者の人数制限(同時に6名まで)を実施いたします。 ご理解・ご協力をお願いいたします。
営業カレンダー(8月〜11月)※今後の状況によって変更になることがあります。

は休館日 
2020calender_new08.jpg

2020calender_new09.jpg

2020calender_new10.jpg

2020calender_new11.jpg
は休館日 

【石川功一の水彩・油彩展 「和歌に詠まれた草花たち」】

museum-2020-exhibit_03.jpg

今年の企画テーマは「和歌」。日本の和歌と、石川功一の作品で歌の中で詠まれた草花図を並べて展示し、合わせて鑑賞していただこうとするものです。
和歌は、日本最古の歌集である「万葉集」を中心に、勅撰集「古今和歌集」、「拾遺和歌集」、「後拾遺和歌集」など、5世紀から11世紀までに詠まれたものより選出。そして、石川功一の描いた草花図の中からは、和歌の中で詠まれた草花を厳選し、水彩画と油彩画を合わせて40数種を紹介しています。

展示予定の作品(一部)
エゾカワラナデシコ、ウメ、サクラ、ヤマブキ、ハギ、フジ、スミレ、ヤブカンゾウ、カタクリ、ニワトコ、ヌルデの紅葉、ダンコウバイの黄葉、等。

【ヤマハギ(山萩)】

展示作品より石川功一の描いた油彩画と万葉集の歌をご紹介します。
20200808yamahagi19900819_ishikawa.jpg
石川功一 水彩スケッチ ヤマハギ(山萩) 1990.8.19

「ヤマハギ」は万葉集の中で最も多く詠まれた植物。石川功一の描いた水彩スケッチと万葉集より大伴家持が歌った下の歌を一緒に展示しています。

*****************
我が宿の 萩の下葉は 秋風も
 いまだ吹かねば かくぞ黄葉てる

万葉集 巻第8・1628 大伴家持
*****************
※館内では、現代訳も併記して紹介しています。

開催日:2020年6月13日(土)~2020年11月23日(月)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館

開館時間 10:00から17:00
休館日 8月:火曜日9月以降:火、水曜日(但し、祝日は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料
駐車場 専用の無料駐車場あり(最大5台)

チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

小さな美術館軽井沢草花館 公式ホームページ https://kusabana.net



posted by kusabanakan at 17:41| 展示紹介

2020(53)暑さ和らぐ一日、ユウスゲ13輪(8/8)

今日はほとんど日差しが出ることなく、日中の最高気温は25.9度(平年比-0.5度)。この時期としては涼しい一日となりました。ユウスゲの花は13輪で、16時を過ぎたころには完全に花びらが開いていました。

20200808yusuge_planter12y_1611.jpg
2020年8月8日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター12年目)

20200808yusuge_entrance_1607.jpg
2020年8月8日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200808yusuge_jiue_1610.jpg
2020年8月8日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 17:00| ゆうすげ日記

2020年08月07日

篠原良子さんのパンフラワー作品【ヤマホタルブクロ】&【ミズヒキ】(2020年新作)

現在、軽井沢草花館で展示中の篠原良子さんのパンフラワーアート作品【ユウスゲとススキ】と共に展示している【ヤマホタルブクロ】と【ミズヒキ】2点の紹介です。※今年(2020)は篠原さんの新作を計3点お借りして、展示させていただいております。

作品はすべて、樹脂粘土で作られたもの。写真では作品の良さが伝わりにくいかもしれませんが、目に見えない工夫が各所で施され、野の花の自然な雰囲気を感じられるところが魅力です。
2020年11月23日まで、軽井沢草花館の館内でご覧いただけます。

 軽井沢草花館の展示案内「石川功一の水彩・油彩展 和歌に詠まれた草花たち」期間中 

202008篠原涼子パンフラワーアート_ヤマホタルブクロ.jpg
篠原良子 ヤマホタルブクロ パンフラワーアート 2020年

202008篠原涼子パンフラワーアート_ミズヒキ.jpg
篠原良子 ミズヒキ(水引) パンフラワーアート 2020年

【参考 2020年6月28日 ブログ】
posted by kusabanakan at 20:27| 草花館日記

2020(52)ユウスゲ16輪、今年はアブラムシが少ない(8/7)

本日、ユウスゲの花が16咲きました。今年は開花数が少なく、一度にたくさん咲くことはありませんが、7月27日に二けたの開花数(10輪)になってから、安定して10以上の花が咲き続けています(最大18輪)。
残りのつぼみが数少なくなってきましたが、お盆過ぎくらいまでは少しづつでも咲いてくれそうです。

尚、今年はユウスゲに付くアブラムシが非常に少なく、助かっています。全く付かないというわけでもありませんが、今年はまだ5回くらいしか駆除していません。逆に毎日のように駆除しないといけない年もあり、理由は分かりませんが、不思議です。

20200807yusuge_entrance_1618.jpg
2020年8月7日 16:20 軽井沢草花館 入口 ユウスゲ(地植え)

20200807yusuge_jiueA_1638.jpg
2020年8月7日 16:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 17:50| ゆうすげ日記

ヒメシロネ咲く(2020.8.7)

今日も気温(最高気温27.1度、平年+0.6度)が上がりましたが、風があり、雲も多かったころから、昨日の暑さに比べると少し楽でした。
軽井沢草花館の庭の一角でヒメシロネが咲いていました。毎年この時期になるとひっそりとユウスゲの苗の隙間で咲いています。姿がとても涼しげで、上品です。

20200807museum-himeshirone.jpg
2020年8月7日 軽井沢草花館 ヒメシロネ(姫白根)

一方、雲場池では同じ仲間のエゾシロネが咲いています。全体の姿は似ているようで違います。

20200807kumoba-ezosirone.jpg
2020年8月7日 雲場池 エゾシロネ(蝦夷白根)
posted by kusabanakan at 17:00| 草花館日記

2020年08月06日

2020(51)暑い一日、ユウスゲ15輪(8/6)

今日も暑い一日となりました。
日中の最高気温は28.1度でしたが、今日を含めてここ3日雨が降っていません。
今日は午後から夕方にかけてひと雨降る予報でしたが、今のところ雨の恵みはありません(17時現在)。
気温が下がるので、ひと雨ほししいところです。

さて、軽井沢草花館の庭のユウスゲは15輪、夕暮れにしっかりと咲きました。

20200806yusuge_jiueA_1621.jpg
2020年8月6日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200806yusuge_jiueB_1624.jpg
2020年8月6日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 16:56| ゆうすげ日記

ゲンノショウコ&ツユクサ咲く(2020.8.6)

駐車スペースの一角でゲンノショウコとツユクサが咲いていました。
ユウスゲなど盛夏の花が咲く中、さらに色どりが加わりました。

20200806museum-benibanagen_noshouko.jpg
2020年8月6日 軽井沢草花館 (ベニバナ)ゲンノショウコ

20200806museum-tsuyukusa.jpg
2020年8月6日 軽井沢草花館 ツユクサ
posted by kusabanakan at 11:59| 草花館日記

2020年08月05日

2020(50)暑い一日、ユウスゲ13輪(8/5)

最高気温28.5度(平年+1.9度)で、8月に入ってから一番の暑さとなりました。
今年に入ってから30度を超えた日はまだありませんが、7月は比較的気温の低い日が多かったので、このくらいの気温でも暑く感じます。
本日のユウスゲは13輪。決して多い数ではありませんが、7月27日以降、10輪以上の開花が続いています。

20200805yusuge_entrance_1622.jpg
2020年8月5日 16:20 軽井沢草花館 入口 ユウスゲ(地植え)

20200805yusuge_jiueB_1623.jpg
2020年8月5日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) 

20200805yusuge_jiueA_1624.jpg
2020年8月5日 16:25 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) 
posted by kusabanakan at 17:46| ゆうすげ日記

レンゲショウマ咲く&フシグロセンノウは見ごろ(2020.8.5)

今日は、気温が28.5度(平年+1.9)まで上がり、真夏の暑さとなりました。
草花館の庭では、長いつぼみの時期を経て、レンゲショウマが咲き始めました。また、フシグロセンノウが見ごろの時期となっています。

20200805museum-rengeshouma.jpg
2020年8月5日 軽井沢草花館 レンゲショウマ(咲き始め)

20200805fushigurosen_no.jpg
2020年8月5日 軽井沢草花館 フシグロセンノウ(みごろ)
posted by kusabanakan at 17:00| 草花館日記

2020年08月04日

2020(49)榛名湖のユウスゲ&草花館ユウスゲは10輪(8/4)

本日、ユウスゲの群生地として有名な群馬県立榛名公園内「ゆうすげの道」に行ってきました。

20200804harunako01.jpg
2020年8月4日 群馬県立榛名公園「ゆうすげの道」入口

「ゆうすげの道」は榛名湖畔から車で5分ほどの場所にあります。大草原の中に遊歩道(木道)が整備されていて、ユウスゲをはじめ様々な野草が自生しています。今日はユウスゲの他、マツムシソウやギボウシ、ツリガネニンジン、チダケサシなど夏の野草がたくさん咲いていました。標高は1,000mを少し超えるくらいで軽井沢とよく似ています。

20200804harunako_yusuge00-1626.jpg
2020年8月4日 16:25 榛名湖「ゆうすげの道」 ユウスゲ

ユウスゲの開花状況ですが、現在「見ごろ」といったところ。但し、7月の天候不順(多雨、日照不足)などもあり、全体的な開花数は少なめだと思いました。

20200804harunako_yusuge01-1628.jpg

2020年8月4日 榛名湖「ゆうすげの道」 木道

20200804harunako_yusuge02-1701.jpg
2020年8月4日 17:00 榛名湖「ゆうすげの道」 ユウスゲ(メロディライン脇)

(下写真)マツムシソウが所々で咲いていました。

20200804harunako_yusuge-matsumushiso-1620.jpg
2020年8月4日 榛名湖「ゆうすげの道」 ユウスゲ(左)とマツムシソウ(右)

(下写真)軽井沢草花館のユウスゲです。今日の開花数は合計10輪でした。

20200804yusuge_jiueA_1954.jpg
2020年8月4日 19:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 22:30| ゆうすげ日記

タマアジサイ&コバギボウシ咲く(2020.8.4)

タマアジサイの球が割れ始めたのは8月1日のことですが、本日(8/4)花が咲きました!

20200804museum-tamaajisai01.jpg
2020年8月4 軽井沢草花館 タマアジサイ(開花)

(下写真)3日前(8/1)撮影のタマアジサイです。球が割れて、中からたくさんのつぼみが出てきましたが、まだ咲いてはいませんでした。

20200801museum-tamaajisai00.jpg
2020年8月1日 軽井沢草花館 タマアジサイ

(下写真)本日(8/4)撮影したタマアジサイです。開花が始まったとはいえ、まだ半分以上が球の状態です。
これからしばらく花が楽しめそうです。

20200804museum-tamaajisai02.jpg
2020年8月4 軽井沢草花館 タマアジサイ(球)

次はコバギボウシです。

こちらは8月に入ってから咲き始め、現在見ごろとなりました(5分咲きくらい)。

20200804museum-kobagiboshi02.jpg
2020年8月4日 軽井沢草花館 コバギボウシ

20200804museum-kobagiboshi01.jpg
2020年8月4日 軽井沢草花館 コバギボウシ

(下写真)2日前撮影したコバギボウシです。まだ咲き始めでした。

20200802museum-kobagiboshi.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 コバギボウシ
posted by kusabanakan at 11:36| 草花館日記

2020年08月03日

2020(48)ユウスゲは13輪(8/3)

夕方4時くらいから雨が降り出して、遠くから雷も聞こえてきました。
本日咲いたユウスゲは13輪、咲いたばかりの花が雨に打たれました。
(下の写真は雨が降る前に撮影したものです)

20200803yusuge_entrance_1545.jpg
2020年8月3日 15:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200803yusuge_jiueA_1546.jpg
2020年8月3日 15:45 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200803yusuge_planter12y_1549.jpg
2020年8月3日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター12年目)

【メモ】

梅雨が明けたばかりですが、軽井沢の気候は統計上、8月1~5日をピークに以降気温が下がっていきます。
また、軽井沢草花館のユウスゲの花は統計上、8月の第1週をピークに開花数が少なくなっていくようです。
下のグラフは2006年から2019年までの14年間、軽井沢草花館の庭に咲いたユウスゲの開花数の平均値(青色)と昨年2019年の開花数(黄色)を表したものです。

2019&2006-2019yusuge01.jpg
 ※縦軸:開花数 横軸:日付
posted by kusabanakan at 17:01| ゆうすげ日記

緑のカーテン2020(10)ウチワドコロの花が満開(8/3)

今年で10年目となる軽井沢草花館の緑のカーテン。
テラスにネットを張り、ウチワドコロ、ノブドウ、イケマ、ヤマノイモ、チョウセンゴミシ、ツルガシワといった蔓性の野草をネットに絡ませて観察しています。軽井沢の野に生える蔓性植物を使っているところが特徴です。

前回、7月20日以来、2週間ぶりの更新です。
7月の日照時間合計は54.4時間で、昨年(2019)の71.2時間よりもさらに短く、軽井沢の気象観測史上で1~2位を競うような記録的な日照不足となりました。緑のカーテンとしても十分な日照が得られず、2018年以前のような密度の高いカーテンにはなっていません。8月に入り、さらなる成長が見込めるのはヤマノイモくらいですが、今年は通気性のよいカーテンになったと思って、世話をつづけてまいります。なお、現在ウチワドコロの花が満開です。

20200803midori01.jpg
2020年8月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)2年前の同時期に撮影した写真です。この年は7月の平均気温(21.9度)が高く、日照時間(203.3時間)も長かったので、緑のカーテンの成長も活発でした。※今年(2020)7月の平均気温は18.7度、日照時間は54.4時間。昨年(2019)7月の平均気温は18.7度、日照時間は71.2時間。

20180805midori_01.jpg
2018年8月5日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)前回(7/20)2週間前の状態です。

20200720midori01.jpg
2020年7月20日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)本日(8/3)違う角度からの一枚

20200803midori02.jpg
2020年8月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)ウチワドコロの花(雄花)が満開です。実が生る雌花は今のところ咲いていないようです。尚、一時つぼみが付いていたイケマですが、花が咲く前につぼみがどこかに消えてしまい、結局咲きませんでした。

20200803midori03_uchiwadokoro.jpg
2020年8月3日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロの花
posted by kusabanakan at 16:23| 緑のカーテン

ブナ日記(156)7月の新芽に冬芽?(8/2)

(2014年春に種から発芽し、今年で7年目をむかえたブナの成長記録です)

※昨日(8/2)観察した日記となります。7月24日以来、9日ぶりの更新です。

前々回(7/12)の観察では季節外れの新芽が出て驚き、前回(7/24)その芽から葉が広がって成長していることを確認しました。今回の観察では葉の成長は中途半端に止まっていましたが、新たに冬芽が出ていることに気づきました。以下詳細です。

20200802buna_su_7y_00.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

下の写真は前回(7/24)撮影したものです。今回(8/2)との違いは特に感じられません。

20200724buna_su_7y_00.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目(樹高17.0cm)

(下写真)イヌブナの安さんや檀さんと一緒に撮影したものです。
中央がブナの崇さん(実生7年目)で、両サイドが実生から9年目のイヌブナです。

20200802inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)上方からの撮影です。左下の円で囲んだ部分に7月から出てきた新芽(若葉)の部分です。

20200802buna_su_7y_04.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

(下写真)前回(7/24)と比べると、葉っぱの葉脈に沿って黄葉の兆しを感じます。
また、7月になってから芽吹いた若葉は成長が止まってしまったようで、変化が見られませんでした。

20200724buna_su_7y_04.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先の新芽

(下写真)上の写真の拡大です。葉の部分に関しては前回からの変化が見られませんが、節の部分に冬芽と思われる小さな突起が見られるようになりました。長さにして1_にも満たない小さなものです。

20200802buna_su_7y_03.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先

(下写真)前回(7/26)に撮影したものです。この時から冬芽らしい突起が付いていたようですが、今回(上写真)の方が成長して大きくなっているようです。

20200724buna_su_7y_03.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 枝先

(下写真)前回(7/24)長さ4_だった冬芽が、この9日間で1_増して5_になっていました。

20200802buna_su_7y_02.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 5.0mm

20200724buna_su_7y_02.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 冬芽 4.0mm

(下写真)幹の太さは前回(7/24)から変化がありませんでした。

20200802buna_su_7y_01_0803.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生7年目 幹直径9.5_
【成長記録】

【樹高】2020年7月24日から8月2日までの9日間、樹高の変化は見られませんでした。

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_、6/14:170_、6/23:170_、7/3:170_、7/12:170_、7/24:170_、8/2:170_

【冬芽】一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。7月24日から8月2日までの9日間で長さが1_伸びて5_になりました。

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き初め、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:3.0_、7/24:4.0_、8/2:5.0_

【幹直径】2020年7月24日から8月2日までの9日間で、幹の直径に変化はありませんでした。

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_、6/14:φ9.0_、6/23:φ9.0_、7/3:φ9.5_、7/12:φ9.5_、7/24:φ9.5_、8/2:φ9.5_
posted by kusabanakan at 11:28| ブナ日記

2020年08月02日

2020(47)暑すぎず過ごしやすい一日、ユウスゲは10輪(8/2)

日中は基本的に晴天でしたが、時々雲に覆われて、日差しが遮られ、気温が上がり過ぎずに(最高気温24.9度)大変過ごしやすい一日となりました。
開花したユウスゲは10輪。きれいに咲いてくれました。

20200802yusuge_jiueA_1605.jpg
2020年8月2日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)
posted by kusabanakan at 16:45| ゆうすげ日記

トモエソウ&コバギボウシ咲く(2020.8.2)

トモエソウが数日前から咲き始め、コバギボウシも咲き始めました。また昨日1輪だけ咲いたヤマユリも今朝になってプラス3輪咲きました。

20200802museum-tomoeso.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 トモエソウ

(下写真)コバギボウシが咲き始めました。しばらく花が楽しめそうです。

20200802museum-kobagiboshi.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 コバギボウシ

(下写真)昨日1輪だけ咲いたヤマユリですが、朝になってみるとプラス3で4輪になっていました。強い香りが漂います。

20200802museum-yamayuri.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 ヤマユリ
posted by kusabanakan at 16:33| 草花館日記

イヌブナ日記(207)冬芽の長さ6_超に(8/2)

(2012年5月に種から発芽した実生から9年目のイヌブナ成長日記です)

イヌブナ日記、7月24日以来9日ぶりの更新です。
昨日(8/1)ようやく梅雨が明けました。7月は長雨と日照不足となりましたが、イヌブナの安さん、檀さん共に順調に成長を続けました。
7/24から8/2の期間に樹高や幹回りの太さに変化はありませんでしたが、冬芽は成長していました。

以下、詳細です。

20200802inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

(下写真)前回(7/24)撮影したものです。樹高や全体の幅に変化はありませんでした。

20200724inubuna9y_an_dan_buna7y_su01.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生9年目の安さん、ブナ実生7年目の崇さん、イヌブナ実生9年目の檀さん

【イヌブナ安さん 実生9年目】

(下写真)前回(7/24)からの9日間で樹高、全体の幅共に変化が見られませんでした。

20200802inubuna9y_an_00.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:94a 巾:150a

20200724inubuna9y_an_00.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 樹高:94a 巾:150a

(下写真)幹の直径は16.0_で、前回(7/24)から変化がありませんでした。

20200802inubuna9y_an_01.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 幹直径16.0_

(下写真)冬芽の長さはこの9日間で1.5_伸びて6.5_になりました。

20200802inubuna9y_an_02.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 冬芽6.5mm

20200724inubuna9y_an_02.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん 冬芽 5mm

(下写真)上方から見た姿

20200802inubuna9y_an_03.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 安さん

(参考・下写真)上がイヌブナの安さんで下はブナの崇さんです。同じブナの仲間ですが、葉っぱの色がだいぶ異なります。

20200802inubuna9y_an_buna7y_su01.jpg
【イヌブナ檀さん 実生9年目】

(下写真)檀さんも前回(7/24)からの9日間で樹高、全体の幅共に変化が見られませんでした。

20200802inubuna9y_dan_00.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:40a 巾:75a

20200724inubuna9y_dan_00.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 樹高:40a 巾:75a

(下写真)幹の直径は12.0_で前回(7/24)測定時から変化がありませんでした。

20200802inubuna9y_dan_01.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 壇さん 幹直径12.0_
(下写真)枝の節の部分についた冬芽の長さは前回(7/24)の5_から6_へと1_伸びました。

20200802inubuna9y_dan_02.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 檀さん 冬芽 6mm

20200724inubuna9y_dan_02.jpg
2020年7月24日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 檀さん 冬芽 5mm

(下写真)上方から見た姿

20200802inubuna9y_dan_03.jpg
2020年8月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生9年目 檀さん

【成長記録】

樹高:2020年7月24日から2020年8月2日の間に、安さん、檀さん共に変化はありませんでした。

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a、5/3:78a、5/6:73a、5/14:70a、5/24:70a、6/1:74a、6/14:76a、6/23:88a、7/3:93a、7/12:93a、7/24:94a、8/2:94a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a、5/3:39a、5/6:37a、5/14:35a、5/24:35a、6/1:34a、6/14:36a、6/23:38a、7/3:42a、7/12:42a、7/24:40a、8/2:40a

冬芽:一番上の枝の先端についた冬芽の長さを測定しています。前回7/24からの9日間で安さんは1.5_、檀さんは1_伸びていました。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_、5/3:43_で芽吹き始まる、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:4.0_、7/24:5.0_、8/2:6.5_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:4.0_、7/24:5.0_、8/2:6.0_

幹サイズ(直径):2020年7月24日から2020年8月2日の間に、安さん、檀さん共に変化がありませんでした。

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、14.5_(5/14)、14.5_(5/24)、14.5_(6/1)、15.0_(6/14)、15.0_(6/23)、15.5_(7/3)、16.0_(7/12)、16.0_(7/24)、16.0_(8/2)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、11.5_(5/14)、11.5_(5/24)、11.5_(6/1)、12.0_(6/14)、12.0_(6/23)、12.0_(7/3)、12.0_(7/12)、12.0_(7/24)、12.0_(8/2)

以上
posted by kusabanakan at 15:47| イヌブナ日記

2020年08月01日

2020(46)梅雨明け!ユウスゲ10輪(8/1)

8月に入り、ようやく関東甲信地域で「梅雨が明けたらしい」との発表がありました。
昨年(2019)よりも8日、平年よりも11日遅いそうです(気象庁発表)。

20200801yusuge_entrance_1620.jpg
2020年8月1日 16:20 軽井沢草花館 入口 ユウスゲ(地植え)

今日の軽井沢は晴れたり曇ったりの一日でしたが、昨日までのような湿気を含んだ空気とは違って、さわやかな風が吹いていました。
夕方になって咲いたユウスゲは10輪。来週くらいまでが最盛期の期間で、その後は少しづつ開花数が減っていきそうです。中旬くらいまで咲いてくれるとうれしいですが、今年は7月の長雨と日照不足の影響もあって、ユウスゲの成長はあまりよくありませんでした。花茎の本数も少なく、つぼみの数も少なめです。
しかし、ユウスゲ以外の夏花(ヤマユリ、フシグロセンノウ、オミナエシ、キキョウ、マツムシソウ、ギボウシ(つぼみ)、ノハラアザミ他)が一斉に咲き始めていて、とてもきれいです。

20200801yusuge_jiueA_1654.jpg
2020年8月1日 16:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)

20200801yusuge_planter12y_1709.jpg
2020年8月1日 17:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(プランター12年目)
posted by kusabanakan at 19:55| ゆうすげ日記