2021年06月02日

緑のカーテン2021(4)成長が加速(6/2)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回、5月19日以来、2週間ぶりの更新です。
5月中頃から梅雨入りしたかのようなすっきりとしない天気が続きましたが、結局梅雨入りすることなく6月に入りました。
5月全体では日照時間がやや少なかったものの、気温は平年をやや上回るくらいの天候でした。

20210602midori01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

緑のカーテンは、ここ1週間でチョウセンゴミシ、ウチワドコロ、そしてノブドウの蔓が急成長しています。
一日10センチくらい蔓を伸ばすようになり、毎日の世話が必須になってきました。
というのも、蔓は上の方に伸びていくので、放っておくとすぐに天井に達してしまうのです。
そのため、ある程度ネットの上の方まで伸びた蔓を、ある程度ほどいて、少し下の方に移動するように補正するのです。

20210602midori02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン

【ノブドウ&ウチワドコロ&チョウセンゴミシ

前回に比べると、だいぶ葉っぱの面積が増えてきました。ノブドウは蔓を分岐させ、葉っぱも次々に開いてきました。

20210602midori_nobudou_uchiwadokoro01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ノブドウとウチワドコロ

下の写真は今年急成長&急拡大しているチョウセンゴミシとウチワドコロです。
まだ、部分的ではありますが、密度が濃くなってきました。

20210602midori_uchiwadokoro01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 緑のカーテン ウチワドコロとチョウセンゴミシ

つづく
posted by kusabanakan at 20:54| 緑のカーテン

イヌブナ日記(228)新緑から夏の葉っぱに(2021.6.2)

(2012年5月に種から発芽した実生から10年目のイヌブナ成長日記です)

5月23日以来、10日ぶりのイヌブナ日記です。
すっかり葉っぱが生えそろいました。
ふわふわしていた葉っぱもしっかり弾力のある葉っぱへと変わり、新緑から夏の緑へと成長を続けています。

20210602inubuna10y_an_dan_buna8y_su01re.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

下の写真は前回(5/23)撮影したものですが、この時よりも葉っぱの重みが増したのか、枝がたわみ、樹高がそれぞれ1a低くなっていました。また、葉っぱの色がだいぶ違って見えますが、光の違いで今回だいぶ黄色っぽく見えています。

20210523inubuna10y_an_dan_buna8y_su01.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

以下、安さんと檀さんの詳細です。

【イヌブナ安さん 実生10年目】

一枚一枚の葉っぱが前回よりもさらに横向きになりました。
全体的に葉っぱの重量が増したのか、枝がたわみ、樹高が1a低くなっていました。

20210602inubuna10y_an_00.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

20210523inubuna10y_an_00.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

下写真:上から見た安さんです。夏を前にした若々しい緑できれいです。

20210602inubuna10y_an_01.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

今までやわらかくてふわふわしていた葉っぱがしっかりと弾力のある葉っぱへと変わりました。
出始めの若葉は、葉っぱが下向きに垂れさがっていましたが、今は真横に伸びています。

20210602inubuna10y_an_02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さんの葉(裏と表)しっかりとごわごわした手触り

下の写真は前回(5/23)撮影です。
今回とほとんど同じに見えますが、葉っぱのやわらかさに大きな差があります。

20210523inubuna10y_an_02.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さんの葉(裏と表)やわらかくふわふわの手触り

葉っぱのサイズ(長さ)は、前回とほぼ同じで、最大で10a、多くの葉っぱが7~8aといったところ。

20210602inubuna10y_an_03.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さんの葉

下写真:幹の直径は17.0_で前回(5/23)からの変化はありませんでした。

20210602inubuna10y_an_04.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん 幹直径17.0_

【イヌブナ檀さん 実生10年目】

安さんと同様、檀さんの葉っぱも前回よりもさらに横向きにしっかりと出るようになりました。
葉っぱの重量が増したのか、枝がたわみ、樹高が1a低くなっていました。

20210602inubuna10y_dan_00.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高45a)

20210523inubuna10y_dan_00.jpg
2021年5月23日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高46a)

下写真:イヌブナ檀さんとブナの崇さんのツーショットです。
どちらも元気に成長しています。
イヌブナ檀さんの葉っぱは長さにして7~8aで、前期と同じような感じです。

20210602inubuna10y_dan_buna8y_su_02.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

下写真:幹の直径は、前回5月23日に測定したときの12.5_から変化がありませんでした。

20210602inubuna10y_dan_buna8y_su_03.jpg
2021年6月2日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん 幹直径12.5_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

イヌブナ日記【記録編】 2014年7月24日以降
 ↓↓↓
posted by kusabanakan at 19:18| イヌブナ日記