2021年06月06日

2021(15)1年目のユウスゲ発芽率100%達成!草丈最大は地植え70a(6/6)

前回6/3から3日ぶりのユウスゲ日記です。

まず、今年(2021)種まきしたプランター2つの内の1つのプランターで発芽率100%を達成しました。撒いた種がすべて発芽したことが今まで一度もなかったので、大変驚いていると同時にうれしいです。
もう一つのプランターも前回(6/3)52/66=79%だった発芽率が54/66=82%となり、こちらも優秀な発芽率となっています。

そして、状態が悪く、5月24日に裁断した鉢植え13年目のユウスゲですが、その後の成長が著しく、前回(6/3)最大草丈21aでしたが、今回(6/6)26aになっていました。3日間で5aの伸びたことになり、ハイペースでの成長を続けています。

その他のユウスゲでは
・プランター13年目のユウスゲ:草丈最大65a
・地植え:草丈最大70a(現在、軽井沢草花館の庭の中で最大)
といったところで、順調に成長しています。

以下、プランター1年目、鉢植え13年目(裁断後)の詳細です。

【ユウスゲ プランター1年目】

今年の4月4日、2つのプランターに種まきしたユウスゲです。

20210603yusuge_planter_1y_20210404_01.jpg
2021年6月3日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

2つのプランターには異なる種がまかれています。
1.草花館のユウスゲ苗をいったん軽井沢町大日向の知人宅で数年間育て、その種(2020年産)を再び草花館でまいたもの
2.草花館で昨年収穫した種をまいたもの

現時点(6/6)での発芽率は
 1.大日向採取の種:74/74=100%(最大草丈13a)
 2.草花館採取の種:54/66=82%(最大草丈10a)

大日向で育てた苗から採取した種の発芽率が100%となりました!
草花館で採取した種からの発芽率は80%を超えました。大日向産と比べると低いものの、優秀な発芽率と言えそうです。今後さらなる発芽も期待できそうです。
今回、大日向産と草花館産の種とでは種まき日と最初の発芽日は同時ですが、発芽率と成長スピードに差が出ています。大日向産の種は以前、草花館で育てた苗を知人に差し上げたもので、同じ町内の大日向で10年近く育っているものです。
日当たりも良く、毎年賑やかに花を咲かせているようで、苗としての状態が良いものです。草花館産の種は、ここ数年で開花数が減ってきていて全体的に状態がよいとは言えません。

20210606yusuge_planter_1y_20210404_02.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ種まき(2021年4月4日に種まき、2020年採取の種)

【鉢植え13年目のゆうすげ】

5月24日、苗の状態が悪かったので、葉のつけ根から裁断したユウスゲですが、その後、ハイペースで葉が伸びてきて、以下の写真のような姿になっています。
前回(6/3)の時点で最大草丈21aでしたが、本日(6/6)26aになっていました。花が咲くようなことがあるでしょうか?

20210606ユウスゲ_鉢植13年目01.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

20210606ユウスゲ_鉢植13年目02.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 ユウスゲ(鉢植え13年目)※5月24日に裁断

つづく
posted by kusabanakan at 16:38| ゆうすげ日記

駐車場、イロハモミジ初夏の緑に&アヤメ咲く(2021.6.6)

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジ。
淡い新緑から初夏の緑へと葉っぱの色がしっかりと濃くなってきました。
アヤメも咲きはじめ、夏が近づいています。

20210606museum-irohamomiji01.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 イロハモミジ

下の写真は5月22日に撮影したイロハモミジです。

20210522museum-irohamomiji.jpg
2021年5月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ

また、敷地内のアヤメが咲きはじめました。

20210606museum-ayame01.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 アヤメ

20210606museum-ayame02.jpg
2021年6月6日 軽井沢草花館 アヤメ
posted by kusabanakan at 14:00| 草花館日記