2021年07月08日

2021(30)ユウスゲのつぼみ 黄色味増す、開花近し(7/8)

現在、軽井沢草花館敷地内ではユウスゲの花茎が計36本出ています(7/7+5本)。

そのうちの1本に付いたつぼみがあと数日で咲きはじめそうです。
つぼみの長さは37_で、色も黄色味を増してきました。
早ければ明日、遅くても週明け早々に咲きそうです。

20210708ユウスゲ_地植A02つぼみ.jpg
2021年7月8日 11:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え)つぼみ(37_)

花茎の高さは7月6日から3日続けて変化がなく142aのままです。

20210708ユウスゲ_地植A01花茎.jpg
2021年7月8日 軽井沢草花館 ユウスゲ(地植え) 花茎142a
posted by kusabanakan at 15:04| ゆうすげ日記

230a超のカラマツソウ咲く(2021.7.8)

毎年恒例になってきましたが、軽井沢草花館の庭の一角で背の高いカラマツソウが咲きました(実際には2日前が咲き始め)。
花茎の高さで230a超! 花の天辺までなら240aあり、今までで一番の高さです。

20210708museum-karamatsuso01.jpg
2021年7月8日 軽井沢草花館 カラマツソウ(花茎約230a、天辺まで約240a)

20210708museum-karamatsuso032.jpg
2021年7月8日 軽井沢草花館 カラマツソウ(花茎約230a、天辺まで約240a)

下の写真は昨年(2020)の同日に撮影した同じ株のカラマツソウです。
花の天辺までの高さは220cmでした。

20200708karamatsuso01.jpg
2020年7月8日 軽井沢草花館 カラマツソウ

一般的なカラマツソウは1b前後のものが多いように感じますが(牧野図鑑では90aくらいと説明)、
このカラマツソウは少なくても記録を残している2016年以降、花茎を2b以上の高さに成長させ、花が咲いています。
植えたものではなく自然に生えてきたもので、肥料を与えることもなく、自然に任せて成長を見守っています。
ただ、6月に入るころになると花茎が高く伸びすぎて、まっすぐに立っていられなくなってくるので、支柱を立てて、倒れないようにだけはしています。

軽井沢草花館の庭の植物は普通よりも大きなサイズになる植物が少なくなく、ユウスゲやワレモコウも毎年のように2bを超える丈になっています。
明確な理由は分かっていませんが、一つの要素としては、地下水位が低いので地面が乾いたり、水不足になることはありません。

以下、2019年、2018年、2016年に撮影したカラマツソウです。参考まで

【参考】

下写真:2019年は7月上旬に気温が低く日が続き、咲き始めが遅かったようです。

20190715karamatsuso01.jpg
2019年7月15日 軽井沢草花館 カラマツソウ

20180706karamatsuso.jpg
2018年7月6日 軽井沢草花館 カラマツソウ

20160702karamatsuso02.jpg
2016年7月2日 軽井沢草花館 カラマツソウ 高さ208a
posted by kusabanakan at 11:45| 草花館日記