2021年09月18日

ブナ日記(191)冬芽11.5_に、幹回りは0.5_増(9/17)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(9/17)観察した日記となります。前回9月8日以来9日ぶりの更新です。

今年は春の芽吹きから順調に成長を続けていたブナの崇さんですが、8月に入ってから枝の先端から芽吹きが始まり、3枚の若葉が広がりました。現在、若葉の成長も落ち着いています。

以下詳細です。

下写真:現在の全体の姿です。天辺についた3枚の葉っぱが8月に芽吹いた若葉ですが、色が他の葉っぱとほぼ同じになって落ち着きました。樹高は27aで、前回(9/8)から変化がありません。

20210917buna_su_8y_00.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高27a

20210908buna_su_8y_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高27a

20210830buna_su_8y_00.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高27a

20210821buna_su_8y_00.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高26a

下写真:8月11日撮影の一枚です。この時は8月の若葉(3枚)が成長過程で、色が赤茶色をしていました。

20210811buna_su_8y_00.jpg
2021年8月11日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高26a

下写真:8月1日に撮影の一枚です。8月の若葉が芽吹く直前です。

20210801buna_su_8y_00.jpg
2021年8月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高24.0cm)

次は若葉(葉っぱ)についてです。

下写真:上から見た崇さんです。8月に芽吹き始めた頃、3枚の葉は赤茶色をしていましたが、徐々に赤味が消えていき、今日現在、春に芽吹いた葉っぱとほぼ同じになりました。但し、形や柄の長さが5月に芽吹き始めた葉っぱとは違っていて、違和感は残ります。

20210917buna_su_8y_01a.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210908buna_su_8y_01b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210830buna_su_8y_01a.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210821buna_su_8y_01a.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:8月11日撮影の一枚です。3枚の葉っぱは赤茶色をしていました。

20210811buna_su_8y_01.jpg
2021年8月11日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:四角枠の部分を拡大したものです。

8月に入ってから芽吹いたところから伸びた枝は67.5_で8月21日以降変化はありません。但し、枝の先端についた冬芽は成長を続けていて前回9月8日の6.0_から今回7.5_へと、この9日間で1.5_伸びていました。

20210917buna_su_8y_02a.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210908buna_su_8y_02b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210830buna_su_8y_02b.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210821buna_su_8y_06.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

次は、観察中の冬芽です。

下写真:白い四角で囲った部分のさらに丸で囲った冬芽を6月12日から定期的に観察して長さを測定しています。

20210917buna_su_8y_01b.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(冬芽の測定部分)

下写真:冬芽の長さは前回(9/8)の10.0_から11.5_へと9日間で1.5_長くなりました。
6/12:1.0_ → 6/22:1.5_ → 7/2:2.0_→7/12:3.0_→7/22:4.0_→8/1:5.0_→8/11:7.0→8/21:8.0_→8/30:9.0_→9/8:10.0_→9/17:11.5_へと順調に成長が続いています。

20210917buna_su_8y_03.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さんの冬芽(長さ11.5_)

最後は幹の直径です。

(下写真)幹の直径は8月11日から9月8日までφ12.0_で変化がありませんでしたが、今回の測定ではφ12.5_あり、前回(9/8)から0.5_太くなっていました。

20210917buna_su_8y_04.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径12.5_

下の写真は前回(9/8)の撮影で、幹の直径は12.0_でした。

20210908buna_su_8y_04.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径12.0_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
(右上がブナの崇さんで左はイヌブナの檀さんです)
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。


20210917inubuna10y_dan_buna_su_8y.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん
【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降

posted by kusabanakan at 11:42| ブナ日記

ブナ日記【記録編】

軽井沢草花館のブログ「ユウスゲ日記」よりブナ日記の成長記録をまとめたものです。


ブナの成長記録(2015年5月1日以降)

【樹高】

ブナ(崇さん) 2015.5/1:122_、5/9:125_、5/28:130_、6/12:130_、6/28:132_、7/12:132_、7/22:137_、8/10:137_、9/5:140_、9/18:140_、10/5:140_、10/24:140_、11/12:140_、11/29:140_、12/30:140_、2016.4/1:140_、4/23:140_、5/1:140_、5/8:180_、5/20:180_、5/29:190_、6/5:190_、6/22:190_、7/4:190_、7/17:200_、8/5:200_、8/25:210_、9/7:210_、9/24:210_、10/13:210_、10/27:210_、11/15:210_、11/28:210_、12/25:210_、2017.4/26:220_、5/31:280_、6/28:250_(※6/13鉢に植え替えした)、7/7:260_、7/30:290_、8/11:300_、8/22:300_、9/8:300_、9/23:300_、10/26:300_、11/15:300_、11/26:300_、2018.1/8:300_、4/1:320_(測定誤差か?)、4/23:320_、5/10:320_、5/16:320_、5/20:320_、5/26:320_、6/14:320_、6/30:345_、7/14:345_、7/23:325_、8/6:335_、8/13:335_、8/20:335_、8/27:325_(鉢に約1cm分の土補充)、9/3:320_、9/10:320_、9/17:320_、9/24:320_、10/1:320_、10/8:320_、10/15:320_、10/22:320_、10/29:320_、11/5:320_、11/12:320_、2019.4/1:350_、5/5:350_、5/11:350_、5/15:350_、5/25:350_、5/31(幹剪定):140_、6/12:140_、6/27:145_、7/5:145_、7/18:145_、7/30:145_、8/12:145_、8/26:145_、9/8:145_、9/22:145_、10/6:145_、10/20:145_、11/3:145_、11/11:145_、11/20:145_、11/23:145_、2020.4/1:145_、2020.4/12:145_、4/24:145_、5/1:145_、5/3:145_、5/4:145_、5/5:145_、5/12:170_、5/16:170_、5/24:170_、6/1:170_、6/14:170_、6/23:170_、7/3:170_、7/12:170_、7/24:170_、8/2:170_、8/12:170_、8/23:170_、9/3:170_、9/13:170_、9/22:170_、10/2:170_、10/12:170_、10/22:170_、11/5:170_、11/19:170_、2021.3/20:180_、4/16:180_、4/25:180_、4/30:180_、5/4:180_、5/9:180_、5/17:190_、5/23:20a、6/2:20a、6/12:20.5a、6/22:20.5_、7/2:21a、7/12:22a、7/22:23a、8/1:24a、8/4:25a、8/11:26a、8/21:26a、8/30:27a、9/8:27a、9/17:27a

【冬芽】:一番上の枝についた冬芽の長さを測定しています

ブナ(崇さん) 2015.9/5:11_、9/18:13_、10/5:14_、10/24:14_、11/12:14_、11/29:14_、12/30:14_、2016.4/1:14_、4/23:25_、4/29芽吹きはじめ、8/5:5.0_、8/25:8.0_、9/7:11_、9/24:14_、10/13:15_、10/27:15_、11/15:15_、11/28:15_、12/25:15_、2017.4/26:22_、8/11:5_、8/22:6_、9/8:8_、9/23:10_、10/26:11_、11/15:11ミ_、11/26:11_、2018.1/8:11_、4/1:11_、4/23:12_、5/10芽吹き始め、7/23:3_、8/6:5_、8/13:6_、8/20:7_、8/27:8_、9/3:8.5_、9/10:9.5_、9/17:10.5_、9/24:11.5_、10/1:12.5_、10/8:13.0_、10/15:13.0_、10/22:13.0_、10/29:13.0_、11/5:13.0_、11/12:13.0_、2019.4/1:13.0_、5/5:13.0_、5/11:13.0_(ほかの芽吹き始まる)、5/15:13.0_(ほかの若葉広がる)、5/25:13.0_、5/31(芽吹く前に枝剪定):13.0_、7/5:1.0_、7/18:2.5_、7/30:3.5_、8/12:4.0_、8/26:4.5_、9/8:6.5_、9/22:8.0_、10/6:10.0_、10/20:10.0_、11/3:10.5_、11/11:10.5_、11/20:10.5_、11/23:10.5_、2020.4/1:10.5_、4/12:10.5_、4/24:12.0_、5/1:15.5_、5/3:19.0_(他の冬芽芽吹く)、5/4:22.0_、5/5:22.0_で芽吹き始め、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:3.0_、7/24:4.0_、8/2:5.0_、8/12:6.0_、8/23:8.0_、9/3:10.0_、9/13:11.0_、9/22:12.5_、10/2:13.5_、10/12:14.0_、10/22:14.0_、11/5:14.0_、11/19:14.0_、2021.3/20:14.0_、4/16:14.0_(別の冬芽9.5_)、4/25:14.0_(別の冬芽11.0_)、4/30(別の冬芽13.5_)、5/4:14.0_で成長せず(観察していなかった他の冬芽が芽吹く)、6/12:1.0_、6/22:1.5_、7/2:2.0_、7/12:3.0_、7/22:4.0_、8/1:5.0_、8/4:芽吹き始め(※観察中の冬芽以外)、8/11:7.0_、8/21:8.0_、8/30:9.0_、9/8:10.0_、9/17:11.5_

【幹サイズ(直径)】

ブナ(崇さん) 2016.5/1:φ4.5_、6/5:φ5.0_、7/4:φ5.0_、7/17:φ5.0_、8/5:φ5.0_、8/25:φ5.0_、9/7:φ5.5_、9/24:φ6.0_、10/13:φ6.0_、10/27:Φ6.0_、11/15:Φ6.0_、11/28:Φ6.0_、12/25:Φ6.0_、2017.4/26:Φ6.0_、5/31:Φ6.0_、6/28:Φ7.0_、7/7:Φ7.0_、8/11:Φ8.0_、8/22:Φ8.5_、9/8:Φ8.5_、9/23:Φ8.5_、10/26:Φ8.5_、11/15:Φ8.5_、11/26:Φ8.5_、2018.1/8:Φ8.5_、4/1:Φ8.5_、4/23:Φ8.5_、5/16:8.5Φ、5/20:Φ8.5_、5/26:Φ8.5_、6/14:Φ8.5_、6/30:Φ9.0_、7/14:Φ9.0_、7/23:Φ9.0_、8/6:Φ9.0_、8/13:Φ9.0_、8/20:Φ9.0_、8/27:Φ9.5_→9.0_に訂正、9/3:Φ9.0_、9/10:Φ9.0_、9/17:Φ9.0_、9/24:Φ9.0_、10/1:Φ9.0_、10/8:Φ9.0_、10/15:Φ9.0_、10/22:Φ9.0_、10/29:Φ9.0_、11/5:Φ9.0_、11/12:Φ9.0_、2019.4/1:Φ9.0_、5/5:Φ9.0_、5/11:Φ9.0_、5/25:Φ9.0_、5/31:Φ9.0_、6/12:Φ9.0_、6/27:Φ9.0_、7/5:Φ9.0_、7/18:Φ9.0_、7/30:Φ9.0_、8/12:Φ9.0_、8/26:Φ9.0_、9/8:Φ9.0_、9/22:Φ9.0_、10/6:Φ9.0_、10/20:Φ9.0_、11/3:Φ9.0_、11/11:Φ9.0_、11/20:Φ9.0_、11/23:Φ9.0_、2020.4/1:φ9.0_、4/12:φ9.0_、4/24:φ9.0_、5/1:未測定、5/3:未測定、5/4:未測定、5/5:φ9.0_、5/12:φ9.0_、5/16:φ9.0_、5/24:φ9.0_、6/1:φ9.0_、6/14:φ9.0_、6/23:φ9.0_、7/3:φ9.5_、7/12:φ9.5_、7/24:φ9.5_、8/2:φ9.5_、8/12:φ9.5_、8/23:φ9.5_、9/3:φ9.5_、9/13:φ9.5_、9/22:φ9.5_、10/2:φ9.5_、10/12:φ9.5_、10/22:φ9.5_、11/5:φ9.5_、11/19:φ9.5_、2021.3/20:φ9.5_、4/16:φ9.5_、4/25:φ9.5_、4/30:φ9.5_、5/4:φ9.5_、5/9:φ9.5_、5/17:φ9.5_、5/23:φ9.5_、6/2:φ9.5_、6/12:φ9.5_、6/22:φ10.5_、7/2:φ10.5_、7/12:φ11.0_、7/22:φ11.0_、8/1:φ11.5_、8/4:未測定、8/11:φ12.0_、8/21:φ12.0_、8/30:φ12.0_、9/8:φ12.0_、9/17:φ12.5_
続きを読む
posted by kusabanakan at 11:41| ブナ日記

2021年09月17日

長野県花、リンドウ咲く(2021.9.17)

本日、秋口の花、リンドウが咲きました。
リンドウは長野県の県花にもなっていて、親しみのある花(軽井沢町は長野県にあります)。
自生地で咲くものは徐々に減りつつあるので、毎年開花を楽しみにしている花の一つです。

20210916museum-rindo01.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 リンドウ

20210916museum-rindo02.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 リンドウ

下写真:開いた花の中を覗いてみるとアリが5匹ほどいました。蜜をなめているのでしょうか?

20210916museum-rindo03-ant.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 リンドウの花の中にいた蟻(アリ)
posted by kusabanakan at 16:19| 草花館日記

イヌブナ日記(239)ほのかに黄葉、冬芽12_に(2021.9.17)

(2012年5月に種から発芽した実生から10年目のイヌブナ成長日記です)

9月8日以来、9日ぶりの更新です。

前回をふり返ると、9月1日から8日まで低温&雨(日照不足)が続きました。9月上旬の平均気温は15.4度で(平年値18.9度)、軽井沢の気象観測史上2番目の寒さとなりましたが、イヌブナの成長が鈍化することはありませんでした。
今回9/8~9/17の期間においても気温はやや低め、そして日照時間の短い傾向が続きましたが、イヌブナ安さんと檀さんの冬芽はしっかりと成長していました。また、黄葉が少しづつ進んでいて、一部の葉は茶色になって落葉し始めました。

20210917inubuna10y_an_dan_buna8y_su01re.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

20210908inubuna10y_an_dan_buna8y_su01b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

以下、安さんと檀さんの詳細です。

【イヌブナ安さん 実生10年目】

樹高は96.5aで前回(9/8)よりも0.5a高くなっていました。
8月11日の樹高99aをピークに8/21:98a→9/30:97a→9/8:96aと樹高が低くなってきましたが、今回は久しぶりに高くなりました。8月11日以降、冬芽の成長と共に重みが増して枝がたわんだのではないかと思われますが、今回はそうなりませんでした。一部の葉っぱが落葉して軽くなったことが枝を上向きに立ち上げさせた要因かも知れませんし、黄葉が少しづつ進んで、乾燥して軽くなることもあるかもしれません。

20210917inubuna10y_an_00re.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(樹高96.5a、幅148a)

下の写真は前回(9/8)撮影です。

20210908inubuna10y_an_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(樹高96a、幅148a)

下写真:上から見た安さんです。前回よりもすこし黄葉が進みました。
また幹の下部の方の葉っぱが茶褐色化してきました(一部は落葉)。

20210917inubuna10y_an_01.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

下の写真は前回9月8日撮影です。

20210908inubuna10y_an_01.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

下写真:冬芽の長さは前回(9/8)の10.5_から12.0_へと、この9日間で1.5_長くなりました。
6/12:1.0_ → 6/22:1.5_ → 7/2:2.0_→7/12:3.0_→7/22:4.0_→8/1:5.0_→8/11:6.0_→8/21:8.0_→8/30:9.5_→9/8:10.5_→9/17:12.0_と着実に成長が続いています。

20210917inubuna10y_an_02.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(冬芽の長さ12_)

20210908inubuna10y_an_02.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(冬芽の長さ10.5_)

下写真:幹の直径は18.0_で、7月22日以降変化がありません。

20210917inubuna10y_an_03.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん 幹直径18.0_

【イヌブナ檀さん 実生10年目】

今回の測定でも樹高の変化はありませんでしたが、冬芽は順調に大きくなっていました。

20210917inubuna10y_dan_00re.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高49a、幅74a)

下の写真は前回(9/8)撮影です。

20210908inubuna10y_dan_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高49a、幅74a)

下写真:上から見た檀さんです。黄葉が少し進みました。

20210917inubuna10y_dan_01.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん

20210908inubuna10y_dan_01.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん

下写真:冬芽の長さは前回(9/8)の10.0_から11.0_へと、この9日間で1.0_長くなっていました。
6/12:2.0_ → 6/22:2.0_ → 7/2:2.5_→7/12:3.0_→7/22:4.5_→8/1:5.0_、8/11:6.0_→8/21:7.0_→8/30:8.0_→9/8:10.0_→9/17:11.0_となり、順調に成長を続けています。

20210917inubuna10y_dan_02.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さんの冬芽(11.0_)

20210908inubuna10y_dan_02.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さんの冬芽(10.0_)

下写真:イヌブナ檀さんとブナ崇さんのツーショットです。
左側の黄緑色の葉がイヌブナ檀さんで、右側の緑色の濃い方がブナの崇さんです。

20210917inubuna10y_dan_buna_su_8y.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん(左)&ブナ実生8年目崇さん(右上)

下写真:幹の直径は13.0ミリで、7月12日から変化がありません。

20210917inubuna10y_dan_03.jpg
2021年9月17日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん 幹直径13.0_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

イヌブナ日記【記録編】 2014年7月24日以降
 ↓↓↓

【姉妹ブログ:ブナ日記】

ブナの崇さんの成長記録を綴った姉妹ブログです

以上
posted by kusabanakan at 16:02| イヌブナ日記

イヌブナ日記【記録編】

軽井沢草花館のブログ「ユウスゲ日記」よりイヌブナ日記の成長記録をまとめたものです。


イヌブナの成長記録(2014年7月24日以降)

【樹高】

A:安さん 2015.6/24:24a、7/17:25a、8/10:34a、9/3:37.5a、9/16:38.0a、10/3:38.0a、10/28:40.0a、11/8:40.0a、11/29:40.0a、12/30:40.0a、2016.4/1:47a、4/29:49a、5/7:47a、5/20:47a、6/8:41a、6/20:41a、7/3:41a、8/2:41a、8/25:42.5a、9/5:43a、9/24:40.5a、10/8:42a、10/24:42a、11/13:42a、11/30:42a、12/30:42a、2017年4/16:44a、5/28:38.5a、6/16:42.5a、7/3:46a、7/13:45a、7/24:45a、8/2:48.5a、8/14:52a、8/26:52a、9/11:52a、10/2:54a、11/8:56a、11/25:56a、2018年1/8:59a(土が盛り上がったため、実際には56a)、4/1:60a、4/15:60a、4/22:60a、4/23:60a、4/26:60a、4/28:60a、4/30:55a(枝が葉も重さでたわむ)、5/11:54a(枝が葉の重さでたわむ)、5/30:54a、6/14:54a、6/29:56a、7/13:56a、7/22:64a、8/5:62a、8/12:62a、8/19:62a、8/26:62a、9/2:60a(雨粒の重みで枝がたわむ)、9/9:62a、9/16:62a、9/23:63a、9/30:61a(雨の影響)、10/7:64a、10/14:64a、10/21:64a、10/28:64a、11/4:66a、11/11:66a、2019年4/1:80a、5/1:84a、5/5:82a、5/11:72a、5/22:67a、6/6:67a、6/17:69a、7/1:71a、7/15:71a、7/28:73a、8/11:73a、8/25:73a、9/7:73a、9/21:73a、10/5:73a、10/19:73a、11/2:76a、11/23:76a、2020年4/1:76a、4/12:76a、4/24:80a、4/30:80a、5/2:79a、5/3:78a、5/6:73a、5/14:70a、5/24:70a、6/1:74a、6/14:76a、6/23:88a、7/3:93a、7/12:93a、7/24:94a、8/2:94a、8/12:94a、8/23:94a、9/3:94a、9/13:94a、9/22:94a、10/2:94a、10/12:94a、10/22:96a、11/5:97a、11/19:98a、2021年3/20:107a、4/16:108a、4/25:108a、4/29:雨のため測定せず、5/1:未測定、5/2:107a、5/7:106.5a、5/10:104a、5/17:98a、5/23:98a、6/2:97a、6/12:96a、6/22:94a、7/2(雨天測定参考値):81a、7/12:94a、7/22:98a、8/1:98a、8/11:99a、8/21:98a、8/30:97a、9/8:96a、9/17:96.5a

 B:壇さん 2015.6/24:12a、7/17:12a、8/10:15a、9/3:16.5_、9/16:16.5a、10/3:16.5a、10/28:16.5a、11/8:16.5a、11/29:16.5a、12/30:16.5a、2016.4/1:17a、5/7:17a、5/20:17a、6/8:16.5a、6/20:20a、7/3:23.5a、8/2:27a、8/25:31a、9/5:29a、9/24:29a、10/8:31.5a、10/24:31.0a、11/13:31.0_、11/30:31a、12/25:31a、2017年4/16:20a(枝が折れたため)、5/28:20a、6/16:20a、7/3:21a、7/13:23a、7/24:23.5a、8/2:24.0a、8/14:24a、8/26:24a、9/11:27a(対象となる枝を変えたことで3a高くなるも、実質変化なし)、10/2:24a(8/26と同じに戻る)、11/8:24a、11/25:24a、2018年1/8:24a、4/1:24a、4/15:24a、4/22:24a、4/26:24a、4/28:24a、4/30:24a、5/11:24.5a、5/30:24.5a、6/14:24.5_、6/29:25a、7/13:27a、7/22:26a、8/5:27a、8/12:27a、8/19:27a、8/26:27a、9/2:27a、9/9:27a、9/16:28a、9/23:27a、9/30:26.5a(雨の影響)、10/7:27a、10/14:27a、10/21:27a、10/28:27a、11/4:27a、11/11:27a、2019年4/1:30a、5/1、30a、5/5:30a、5/11:28a、5/22:28a、6/6:30a、6/17:32a、7/1:32a、7/15:32a、7/28:35a、8/11:36a、8/25:36a,9/7:36a、9/21:36a、10/5:36a、10/19:36a、11/2:36a、2020年4/1:36a、4/12:36a、4/24:38a、4/30:38a、5/2:38a、5/3:39a、5/6:37a、5/14:35a、5/24:35a、6/1:34a、6/14:36a、6/23:38a、7/3:42a、7/12:42a、7/24:40a、8/2:40a、8/12:41a、8/23:41a、9/3:41a、9/13:41a、9/22:42a、10/2:43a、10/12:44a、10/22:47a、11/5:48a、11/19:47a、2021年3/20:49a、4/16:49a、4/25:49a、4/29:雨のため測定せず、5/1:未測定、5/2:47.5a、5/7:47.0a、5/10:45.0a、5/17:45.0a、5/23:46a、6/2:45a、6/12:45a、6/22:44a、7/2(雨天測定参考値):41a、7/12:47a、7/22:49a、8/1:49a、8/11:50a、8/21:49a、8/30:49a、9/8:49a、9/17:49a

【冬芽】:一番上の枝についた冬芽の長さを測定しています。

 A:安さん 2015.8/10:10_、9/3:16_、9/16:18_、10/3:20_、10/28:20_、11/8:20_、11/29:20_、12/30:20_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:7.5_、8/25:11_、9/5:14_、9/24:18_、10/8:20_、10/24:20_、11/13:20_、11/30:20_、12/25:20_、2017年4/16:20_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:23_、11/25:23_、2018年1/8:23_、4/1:23a、4/15:30_、4/22:52_、4/23:52_、4/26:芽吹き始まる、8/5:8_、8/12:9_、8/19:10_、8/26:12_、9/2:14_、9/9:15_、9/16:15.5_、9/23:15.5_、9/30:16.5_、10/7:16.5_、10/14:16.5_、10/21:16.5_、10/28:16.5_、11/4:16.5_、11/11:16.5_、2019年4/1:16.5_、5/1:25_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:5_、8/11:7_、8/25:9.5_、9/7:12.0_、9/21:15.5_、10/5:17.0_、10/19:18.0_、11/2:18.0_、11/23:18.0_、2020年4/1:18.0_、4/12:19.0_、4/24:22_、4/30:29_、5/2:36_、5/3:43_で芽吹き始まる、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:4.0_、7/24:5.0_、8/2:6.5_、8/12:8.5_、8/23:10.5_、9/3:13.0_、9/13:15.0_、9/22:17.0_、10/2:19.0_、10/12:19.0_、10/22:19.0_、11/5:19.0_、11/19:19.0_、2021年3/20:19.0_、4/16:22.0_、4/25:27.5_、4/29:31.0_、5/1:35.5_、5/2:40.0_(他の冬芽が芽吹き始める)、6/12:1.0_、6/22:1.5_、7/2:2.0_、7/12:3.0_、7/22:4.0_、8/1:5.0_、8/11:6.0_、8/21:8.0_、8/30:9.5_、9/8:10.5_、9/17:12.0_

 B:壇さん 2015.8/10:10_、9/3:17_、9/16:20_、10/3:23_、10/28:25_、11/8:25_、11/29:25_、12/30:25_、2016.4/1:25_、2016年4/29:芽吹き始まる、8/2:10.0_、8/25:16_、9/5:19_、9/24:23_、10/8:25_、10/24:25_、11/13:25_、11/30:25_、12/25:25_、2017年4/16:17_、8/14:10.5_、8/26:13_、9/11:18_、10/2:21_、11/8:21_、11/25:21_、2018年1/8:21_、4/1:21_、4/15:23_、4/22:32_、4/26:46_、4/28:芽吹き始まる、8/5:10_、8/12:12_、8/19:13_、8/26:14_、9/2:16_、9/9:20_、9/16:20.5_、9/23:22.0_、9/30:23_、10/7:23_、10/14:23_、10/21:23_、10/28:23_、11/4:23_、11/11:23_、2019年4/1:23_、5/1:60_、5/5:芽吹き始まる、7/1:1.0_、7/15:2_、7/28:6_、8/11:8_、8/25:11.0_、9/7:12.5_、9/21:15.5_、10/5:16.0_、10/19:17.5_、11/2:17.5_、11/23:17.5_、2020年4/1:17.5_、4/12:19.0_、4/24:23_、4/30:36_、5/2:芽吹き始まる、6/23:1.0_、7/3:2.0_、7/12:4.0_、7/24:5.0_、8/2:6.0_、8/12:7.5_、8/23:8.5_、9/3:10.0_、9/13:12.0_、9/22:13.0_、10/2:14.5_、10/12:15.0_、10/22:15.0_、11/5:15.0_、11/19:15.0_、2021年3/20:15.0_、4/16_:16.5_、4/25:21.5_、4/29:27.5_、5/1:31.5_(他の冬芽が芽吹き始まる)、5/2:芽吹き始まる、6/12:2.0_、6/22:2.0_、7/2:2.5_、7/12:3.0_、7/22:4.5_、8/1:5.0_、8/11:6.0_、8/21:7.0_、8/30:8.0_、9/8:10.0_、9/17:11.0_

【幹サイズ(直径)】

 A:安さん 7.5_(2014.7/24)→8.0_(2015.6/5)→8.5_(6/24)→9.0_(9/3)→9.0_(9/16)→9.0_(10/3)→9.0_(10/28)→9.0_(11/8)→9.0_(11/29)→9.0_(12/30)→9.5_(2016.4/1)→10.0_(5/7)→10.0_(5/20)→10.0_(6/8)→10.0_(6/20)→10.5_(7/3)→10.5a(8/2)→11.0_(8/25)→11.0_(9/5)→11.0_(9/24)→11.0_(10/8)→11.0_(10/24)→11.0_(11/13)→11.0_(11/30)→11.0_(12/25)→11.0_(2017年4/16)→11.0_(5/28)→11.5_(6/16)→12.0_(7/3)→12.0_(7/13)→12.0_(7/24)→12.0_(8/2)→12.0_(8/14)→12.0_(8/26)、12.0_(9/11)、12.0_(10/2)、12.0_(11/8)、12.0_(11/25)、12.0_(2018年1/8)、12.0_(4/1)、12.0_(4/15)、12.0_(4/23)、12.0_(4/30)、12.0_(5/30)、12.5_(6/14)、12.5_(6/29)、13.0_(7/13)、13.5_(7/22)、13.5_(8/5)、13.5_(8/12)、13.5_(8/19)、13.5_(8/26)、13.5_(9/2)、13.5(9/9)、13.5_(9/16)、13.5_(9/23)、13.5_(9/30)、13.5_(10/7)、13.5_(10/14)、13.5_(10/21)、13.5_(10/28)、13.5_(11/4)、13.5_(11/11)、13.5_(2019年4/1)、13.5_(5/5)、13.5_(5/11)、13.5_(5/22)、13.5_(6/6)、13.5_(6/17)、14.0_(7/1)、14.0_(7/15)、14.5_(7/28)、14.5_(8/11)、14.5_(8/25)、14.5_(9/7)、14.5_(9/21)、14.5_(10/5)、14.5_(10/19)、14.5_(11/2)、14.5_(11/23)、14.5_(2020年4/1)、14.5_(4/12)、14.5_(4/24)、14.5_(4/30)、14.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、14.5_(5/14)、14.5_(5/24)、14.5_(6/1)、15.0_(6/14)、15.0_(6/23)、15.5_(7/3)、16.0_(7/12)、16.0_(7/24)、16.0_(8/2)、16.0_(8/12)、16.5_(8/23)、16.5_(9/3)、16.5_(9/13)、16.5_(9/22)、16.5_(10/2)、16.5_(10/12)、16.5_(10/22)、16.5_(11/5)、16.5_(11/19)、16.5_(2021年3/20)、16.5_(4/16)、16.5_(4/25)、未測定(4/29)、未測定(5/1)、未測定(5/2)、未測定(5/7)、16.5_(5/10)、17.0_(5/17)、17.0_(5/23)、17.0_(6/2)、17.0_(6/12)、17.5_(6/22)、17.5_(7/2)、17.5_(7/12)、18.0_(7/22)、18.0_(8/1)、18.0_(8/11)、18.0_(8/21)、18.0_(8/30)、18.0_(9/8)、18.0_(9/17)

 B:壇さん 3.0_(2014.7/24)→4.2_(2015.6/5)→4.5_(6/24)→5.5_(9/3)→6.0_(9/16)→6.0_(10/3)→6.0_(10/28)→6.0_(11/8)→6.0_(11/29)→6.0_(12/30)→6.0_(2016.4/1)→6.0_(5/7)→6.0_(5/20)→7.0_(6/8)→7.0_(6/20)→7.0_(7/3)→7.0_(8/2)→8.0_(8/25)→8.0_(9/5)→8.0_(9/24)→8.0_(10/8)→8.0_(10/24)→8.0_(11/13)→8.0_(11/30)→8.0_(12/25)→8.0_(2017年4/16)→8.0_(5/28)→9.0_(6/16)→9.0_(7/3)→9.0_(7/13)→9.5_(7/24)→9.5_(8/2)→9.5_(8/14)→9.5_(8/26)、9.5_(9/11)、9.5_(10/2)、9.5_(11/8)、9.5_(11/25)、9.5_(2018年1/8)、9.5_(4/1)、9.5_(4/15)、9.5_(4/30)、9.5_(5/30)、10.0_(6/14)、10.0_(6/29)、10.0_(7/13)、10.5_(7/22)、10.5(8/5)、10.5_(8/12)、10.5_(8/19)、10.5_(8/26)、10.5_(9/2)、11.0_→10.5_に訂正(9/9)、10.5_(9/16)、10.5_(9/23)、10.5_(9/30)、10.5_(10/7)、10.5_(10/14)、10.5_(10/21)、10.5_(10/28)、10.5_(11/4)、10.5_(11/11)、10.5_(2019年4/1)、10.5_(5/5)、10.5_(5/11)、10.5_(5/22)、10.5_(6/6)、11.0_(6/17)、11.0_(7/1)、11.0_(7/15)、11.5_(7/28)、11.5_(8/11)、11.5_(8/25)、11.5_(9/7)、11.5_(9/21)、11.5_(10/5)、11.5_(10/19)、11.5_(11/2)、11.5_(11/23)、11.5_(2020年4/1)、11.5_(4/12)、11.5_(4/24)、11.5_(4/30)、11.5_(5/2)、未測定(5/3)、未測定(5/6)、11.5_(5/14)、11.5_(5/24)、11.5_(6/1)、12.0_(6/14)、12.0_(6/23)、12.0_(7/3)、12.0_(7/12)、12.0_(7/24)、12.0_(8/2)、12.0_(8/12)、12.5_(8/23)、12.5_(9/3)、12.5_(9/13)、12.5_(9/22)、12.5_(10/2)、12.5_(10/12)、12.5_(10/22)、12.5_(11/5)、12.5_(11/19)、12.5_(2021年3/20)、12.5_(4/16)、12.5_(4/25)、未測定(4/29)、未測定(5/1)、未測定(5/2)、未測定(5/7)、12.5_(5/10)、12.5_(5/17)、12.5_(5/23)、12.5_(6/2)、12.5_(6/12)、12.5_(6/22)、12.5_(7/2)、13.0_(7/12)、13.0_(7/22)、13.0_(8/1)、13.0_(8/11)、13.0_(8/21)、13.0_(8/30)、13.0_(9/8)、13.0_(9/17)


以上
posted by kusabanakan at 16:02| イヌブナ日記

2021年09月16日

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【ヤマボウシの実】

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(9/16)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。
展示作品は不定期に少しづつ入れ替えを行っていますが、今回紹介するのは、9月8日から展示を始めたヤマボウシの実(水彩スケッチ)です。

【ヤマボウシ(山法師)】
20210916yamaboushi19870920.jpg
石川功一 ヤマボウシの実 1987年9月20日 水彩(9/8~11/23展示予定)

ヤマボウシと言えば白い花のイメージが強いのではないでしょうか。
軽井沢では山にもよく自生していて、5月下旬から6月上旬ころに白い花を咲かせ、遠くからでもよく目立ちます。
また、街路樹や公園内の植栽としても植えられ、例えば、軽井沢駅南口の駅前通り沿いであったり、北口側の矢ヶ崎公園内でも植えられていて、身近な花となっています。

秋になると上の水彩スケッチや下の写真のような赤い実が生ります。この時期になると、お客様からよく「駅前の木になっている赤い実は何ですか?」とよく聞かれます。食用にもなりますが、味が薄く、それほど美味しいものではないようです。

20210916yamaboushi20160911.jpg
2016年9月11日 軽井沢 ヤマボウシの花

20210916yamaboushi20150530.jpg
2015年5月30日 軽井沢 ヤマボウシの花

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。

軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

・長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

・「信州の安心なお店」認証店に登録されました。お得なクーポン券も販売中です(100部限定、売り切れ次第終了)

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2021calender_09.jpg

2021calender_10.jpg

2021calender_11.jpg
posted by kusabanakan at 16:41| 展示紹介

2021年09月15日

緑のカーテン2021(13)イケマ黄葉&落葉(9/15)

軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で11年目のシーズン。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。

前回8月29日以来、17日ぶりの更新です。

ここ数日でイケマの黄葉が進み、一部の葉が落葉を始めました。
今後冷え込みが厳しくなっていくと落葉が進み、今年の役割は終わりそうです。

20210915midori03_ikema.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン 黄葉したイケマの葉

以下、緑のカーテンの全体の様子です。

20210915midori01.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/29)の時の状態です。

20210829midori01.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

(下写真)別角度からの一枚です。

20210915midori02.jpg
2021年9月15日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回(8/29)の時の状態です。

20210829midori02.jpg
2021年8月29日 軽井沢草花館 緑のカーテン

つづく
posted by kusabanakan at 21:37| 緑のカーテン

2021年09月14日

紅白ミズヒキ咲く(2021.9.14)

すでに8月から咲きはじめていますが、9月を過ぎて本格的な見ごろとなり、現在も尚きれいな姿です。
軽井沢草花館の庭では赤と白のミズヒキが両方咲いています。
一般的にミズヒキといえば赤いミズヒキを指して言いますが、白いミズヒキはギンミズヒキ(銀水引)というそうです。
ギンミズヒキは軽井沢草花館の庭で元々生えていたものですが、自生のものかどうかは不明です。

ミズヒキは数が増えすぎるので、7月までに出てきた葉は適当に間引きして抜いていますが、花が咲く前なので、その時は赤なのか白なのか分かっていません。
今年はギンミズヒキ(白)の方が多く咲いています。

20210914museum-mizuhiki_red_white.jpg
2021年9月14日 軽井沢草花館 ミズヒキ(赤)とギンミズヒキ(白)

20210914museum-mizuhiki_white.jpg
2021年9月14日 軽井沢草花館 ギンミズヒキ(白)

20210914museum-mizuhiki_red.jpg
2021年9月14日 軽井沢草花館 ミズヒキ(赤)
posted by kusabanakan at 19:53| 草花館日記

2021年09月13日

マツブサ日記(30)房に付いた実は現在緑色(2021.9.13)

3年前(2018)、絡みついていた木の倒木でダメージを受けたマツブサの観察日記です。
前回8月29日以来、半月(15日)ぶりの更新です。

この半月で、実の色が多少変化しているのではないかと期待して自生地に出向きましたが、大きな変化はなく、緑色のままでした。
軽井沢に多く自生するチョウセンゴミシと同じマツブサ科の植物で、チョウセンゴミシの実とよく似ていますが、赤色のチョウセンゴミシに対して、マツブサは濃紫です。

現在、実の色はブドウでいうならばシャインマスカットのような薄い緑色をしていますが、これが熟してくると巨峰のような濃い紫色に変化します。

20210913jisei-matsubusa02.jpg

2021年9月13日 軽井沢 自生地のマツブサ 実

下の写真は前回8月29日のときの状態です。色の変化はほとんど感じられません。

20210829jisei-matsubusa02.jpg
2021年8月29日 軽井沢 自生地のマツブサ 実

下写真は、全体の様子で、マツブサの房は中央に見えます。今年も花がほとんど咲かなかったようで、観察している実以外は確認できていません。

20210913jisei-matsubusa01.jpg
2021年9月13日 軽井沢 自生地のマツブサ 実
posted by kusabanakan at 16:50| マツブサ日記

2021年09月12日

2021(95)今年最後の一輪が開花!(9/12)

軽井沢草花館の庭のユウスゲは本日、今年最後の一輪が咲きました!

20210912ユウスゲ_地植04-1918.jpg
2021年9月12日 19:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(2021年最後の一輪)

今年は咲きはじめの7月10日から咲き終わりの9月12日まで、花期が2か月以上ありました。
開花総数は587輪で、過去最少だった昨年の288輪の約2倍。過去最多は2008年の2,939輪なので、それに比べると数は減っていますが、日々、少しづつでも咲いてくれていたので、とても楽しめました。
尚、今年開花数の一番多かったのは8月7日の30輪でした(下グラフ)。



2021ユウスゲ開花数グラフ02.jpg
上:2021年のユウスゲ開花を一日ごとに表したグラフ

軽井沢草花館では種から育てたユウスゲが2006年から咲いていて、開花数は2006-2021までの16年間で総数18,444輪となりました。
下のグラフは、16年間の合計数を一日ごとの変化としてあらわしたものです。
きれいな放物線のグラフになっていて、ビックリします。
一番たくさん咲くのは8月5日から8月7日となっていて、軽井沢では最も気温の高い頃と重なります。

2006-2021ユウスゲ開花数グラフ01.jpg
上:2006年から2021年までのユウスゲ開花数の合計を一日ごとに表したグラフ

以下は、本日最後の一輪が開花するまでの過程を撮影した写真です。

下写真:17時半を過ぎてようやく花びらが半分開きました。

20210912ユウスゲ_地植03-1734.jpg
2021年9月12日 17:35 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:16時になって、つぼみが開き始めました!

20210912ユウスゲ_地植02-1600つぼみ.jpg
2021年9月12日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:15時20分につぼみの先端が割れ始めました!
この時点でつぼみの長さが67_になっていて、昨日の44_から23_も伸びていました。
一日でこれほど大きくなるとは予想外で、正直、今日は咲かないと思っていたので、驚きました。

20210912ユウスゲ_地植01-1521つぼみ.jpg
2021年9月12日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:昨日(9/11)の状態です。

20210911ユウスゲ_地植01-1556つぼみ.jpg
2021年9月11日 15:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

以下、9月3日までさかのぼったつぼみの成長記録です。

20210910ユウスゲ_地植01-1610つぼみ.jpg
2021年9月10日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210909ユウスゲ_地植01-1511つぼみ.jpg
2021年9月9日 15:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
続きを読む
posted by kusabanakan at 20:43| ゆうすげ日記

駐車場、イロハモミジ秋めく&ススキ、ワレモコウ、ヤマハギ、オミナエシ等美しく(2021.9.12)

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジ。
9月に入って夏の緑から、ほんのりと赤みを帯びた緑へと変わってきました。
紅葉シーズンにはまだ1か月以上早いものの、しっかりと秋の気配を感じる季節になりました。

20210912museum-irohamomiji01.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 イロハモミジ

また、軽井沢草花館の庭ではワレモコウが見ごろの状態となり、その他、ススキ、オミナエシ、キキョウといった秋の七草もきれいな状態です。

20210912museum-waremokou.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ワレモコウ

20210912museum-susuki01.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ススキの穂

20210912museum-susuki02.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ススキの穂の拡大

下写真:オミナエシも長い期間咲いてくれています。現在、花びらの8割くらい散ってしまっていますが、種になる部分は鮮明な黄色が残り、咲いているように見えます。

20210912museum-ominaeshi_yamahagi.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 オミナエシ(背景のピンクはヤマハギ)

20210912museum-hiyodoribana.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ヒヨドリバナ

下写真:今年もたくさんのキキョウが咲きましたが、ほぼ咲き終わりとなりました。

20210912museum-kikyou.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 キキョウ
posted by kusabanakan at 16:21| 草花館日記

カラスvsアスター(207)

カラスvsアスター(207)

カラス&アスター386ブログ済.jpg
第386(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新。
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター

2021年09月11日

2021(94)ユウスゲ種初収穫&最後のつぼみ長さ43_(9/11)

まずは、本日、今シーズン初めてユウスゲの種を収穫しました。
現在、ユウスゲには実がたくさん付いているのですが、まだ緑色をしたものが多いので、茶色くなって先端が割れているものを8つ選びました(下写真)。

20210911ユウスゲ_種子01.jpg
2021年9月11日 軽井沢草花館 ユウスゲの実 8つ

実を割ると、中から小さな種がたくさん出てきます(下写真)。

20210911ユウスゲ_種子02.jpg
2021年9月11日 軽井沢草花館 ユウスゲの実の中から出てきた種

種の数は8つの実で計142粒ありました(下写真)。
一部は来年の春にまいて、育てようと思っています。

20210911ユウスゲ_種子03.jpg
2021年9月11日 軽井沢草花館 ユウスゲの種(142粒)

次に、今年最後となっているつぼみの状況です。
今日は朝の7時台に一時的な雨が降ったものの、日中はおおむね晴れて良い天気。気温も平年を少し上回るくらいの暖かさでした。※最高気温23.7度(平年-0.8度)
つぼみの長さは昨日よりも9_長くなって44_になっていました。気温の上昇と共に成長のペースが上がってきて、開花まであと数日といったところでしょうか?
早ければ明日、遅くても来週の前半には咲きそうです。

20210911ユウスゲ_地植01-1556つぼみ.jpg
2021年9月11日 15:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210910ユウスゲ_地植01-1610つぼみ.jpg
2021年9月10日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210909ユウスゲ_地植01-1511つぼみ.jpg
2021年9月9日 15:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
posted by kusabanakan at 15:38| ゆうすげ日記

2021年09月10日

ヒオウギ日記(5)葉が3枚から5枚に(2021.9.10)

ヒオウギを種から育てて観察しています。
今年(2021)の3月28日に小さなプランターに13粒、さらに8月22日に14粒の種を鉢に植えました。

20210910hiougi01.jpg
2021年9月10日 軽井沢草花館 ヒオウギ
左:2021年8月25日 14粒種まき 右:2021年3月28日 13粒種まき

8月25日に種まきしたものは、まだ芽が出てきていませんが、3月28日に種まきした分はすでに8月22日に1つ発芽していて、今日の観察では、成長が見られました。

まず、草丈についてですが、こちらは前回の8月25日からほとんど変化がなく、最大で56_。
前回55_だったので、1_の伸びです。

20210910hiougi02.jpg
2021年9月10日 軽井沢草花館 ヒオウギの葉 草丈56_(2021年3月28日に種まき)

下写真:前回(8/25)撮影です。

20210825hiougi02.jpg
2021年8月25日 軽井沢草花館 ヒオウギの葉 草丈55_(2021年3月28日に種まき)

次に葉っぱの枚数です。発芽した8/22には3枚でしたが、今回5枚になっていて、いつの間にか2枚増えていました(下写真)。
横から見ると扇形になっていて、ヒオウギの名前の由来だということが納得できます。

20210910hiougi03.jpg
2021年9月10日 軽井沢草花館 ヒオウギの葉(5枚)(2021年3月28日に種まき)

下の写真は8月22日に撮影したものです。この時、葉の枚数は3枚でした。

20210822hiougi03.jpg
2021年8月22日 軽井沢草花館 ヒオウギの芽(2021年3月28日に種まき)
posted by kusabanakan at 17:52| ヒオウギ日記

2021(93)ユウスゲ最後のつぼみ、気温上がって長さ35_(+6_)(9/10)

残り一つとなっているユウスゲのつぼみが急成長し、昨日の長さ29_から35_へと一気に6.0_長くなりました。
明日、明後日に咲くことはなさそうですが、このペースでつぼみが大きくなっていけば、開花が見えてきそうです。

今日は朝方こそ曇り空でしたが、徐々に天気が良くなって、10時ころには晴天となりました。

17時までの気温は
最高気温:24.9度(平年+1.8度)
最低気温:15.7度(平年+1.2度)

と平年を上回る暖かさとなりました。
9月に入ってから、非常に気温の低い日が続き、ユウスゲのつぼみも成長が鈍化していましたが、昨日から平年並みの気温に戻ってきて、成長が加速してきました。

20210910ユウスゲ_地植01-1610つぼみ.jpg
2021年9月10日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210909ユウスゲ_地植01-1511つぼみ.jpg
2021年9月9日 15:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
posted by kusabanakan at 17:00| ゆうすげ日記

2021年09月09日

2021(92)ユウスゲ最後のつぼみ、長さ29_(9/9)

朝から雨となりましたが、徐々に天気が回復し、11時過ぎた頃には晴天となっていました。
そして、気温が23.3度(平年差±0度)まで上がって、9月に入ってから初めて20度を超えました!
昨日よりも10度近く気温が上昇し、

残り一つとなっているユウスゲのつぼみは、この暖かさで急成長したかと思いましたが、昨日と比べて3_伸びて29_。思ったほどの伸びではありませんでした。
この調子で成長が続くと、開花までははまだ1週間前後かかりそうですが、楽しみは続いています。

20210909ユウスゲ_地植01-1511つぼみ.jpg
2021年9月9日 15:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
posted by kusabanakan at 16:59| ゆうすげ日記

「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」【レンゲショウマ】その2

小さな美術館軽井沢草花館 2021年度展示のご案内(9/9)
「開館25周年記念 石川功一 軽井沢の草花展」を開催中です。

今年度(2021)の企画展では、石川功一の描いた軽井沢の草花図(水彩・油彩)を中心にしながら、記念展示としてマンガ、イラスト、人物画、風景画の作品を数点ずつ公開しています。

すでにレンゲショウマの油彩画を2点(15号と30号)を展示中ですが、9月8日より、新たに2点のレンゲショウマ(水彩と油彩)を追加展示していますのでご案内します。

【レンゲショウマ(蓮華升麻)】

油彩(9/8より展示開始)

20210909rengeshouma_10F2002.jpg
石川功一 レンゲショウマ 2002年 油彩 10号(9/8~11/23展示予定)

水彩スケッチ(9/8より展示開始)
20210909rengeshouma19940811.jpg
石川功一 レンゲショウマ 1994年8月11日 水彩(9/8~11/23展示予定)

【軽井沢草花館の利用案内】

現在、コロナ感染予防対策として、入館に際して以下の4つの協力をお願いしています。

1.館内でのマスクの着用
2.受付での検温:37.5度以上の方は入館をお断りしています
3.チェックシートの記入:氏名、連絡先、健康状態、渡航歴
4.手指のアルコール消毒

但し、今後のコロナウィルスの感染状況によって、人数制限や日程、営業時間の変更をする可能性がございます。
最新情報はこのページにてお知らせしていきますので、来館予定の方は、事前に確認いただきますようお願いいたします。

軽井沢草花館チラシ2021_1000×708.jpg
チラシのダウンロードはこちらから → 軽井沢草花館チラシ(PDF 5.0MB)

画家・石川功一(1937-2007)の個人美術館として誕生した軽井沢草花館は今年で開館25周年(1997−)をむかえました。
本展では、軽井沢自生の草花図(水彩と油彩画)約40点の他、25年目の記念展示として石川功一のマンガ、イラスト、人物画、風景画等、画業の軌跡を辿る作品を数点ずつ公開します。
マンガ家として出発した20代、画家として本格的な活動を始めた30代、そして軽井沢で草花に出会い、草花図の制作に生涯を捧げた40代以降の作品を一堂に集めました。石川功一の画業変遷や人物像と照らし合わせながらお楽しみ下さい。

開催日 2021年4月24日(土)~2021年11月23日(火・祝)まで
場所:小さな美術館軽井沢草花館
開館時間 10:00から17:00
休館日 火曜日(但し、11/23は開館)
 ※8月も火曜日休館となります
入館料 500円(中学生以上)、小学生以下無料

長野県民対象の県民応援前売り割/信州割Specialのクーポン利用できます。

「信州の安心なお店」認証店に登録されました。クーポン券はコロナウィルス感染防止の観点より8/26より販売自粛中

ホームページ https://kusabana.net

以下、営業カレンダー(予定)

2021calender_09.jpg

2021calender_10.jpg

2021calender_11.jpg
posted by kusabanakan at 11:24| 展示紹介

ブナ日記(190)長雨&低温も冬芽は順調に成長(9/8)

(2014年春に種から発芽し、今年で8年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

※昨日(9/8)観察した日記となります。前回8月30日以来9日ぶりの更新です。

今年は春の芽吹きから順調に成長を続けていたブナの崇さんですが、8月に入ってから枝の先端から芽吹きが始まり、3枚の若葉が広がりました。現在、若葉の成長も落ち着いて、成長を続けているのは冬芽だけのようです。

以下詳細です。

下写真:現在の全体の姿です。天辺についた3枚の葉っぱが8月に芽吹いた若葉ですが、色が他の葉っぱとほぼ同じになって落ち着きました。樹高は27aで、前回(8/30)から変化がありません。

20210908buna_su_8y_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高27a

20210830buna_su_8y_00.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高27a

20210821buna_su_8y_00.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高26a

下写真:8月11日撮影の一枚です。この時は8月の若葉(3枚)が成長過程で、色が赤茶色をしていました。

20210811buna_su_8y_00.jpg
2021年8月11日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 樹高26a

下写真:8月1日に撮影の一枚です。8月の若葉が芽吹く直前です。

20210801buna_su_8y_00.jpg
2021年8月1日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(樹高24.0cm)

次は若葉(葉っぱ)についてです。

下写真:上から見た崇さんです。8月に芽吹き始めた頃、3枚の葉は赤茶色をしていましたが、徐々に赤味が消えていき、今日現在、春に芽吹いた葉っぱとほぼ同じになりました。但し、形や柄の長さが5月に芽吹き始めた葉っぱとは違っていて、違和感は残ります。

20210908buna_su_8y_01b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210830buna_su_8y_01a.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210821buna_su_8y_01a.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:8月11日撮影の一枚です。3枚の葉っぱは赤茶色をしていました。

20210811buna_su_8y_01.jpg
2021年8月11日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

下写真:四角枠の部分を拡大したものです。

8月に入ってから芽吹いたところから伸びた枝は67.5_で8月21日以降変化はありません。但し、枝の先端についた冬芽は8月30日の5.0_から6.0_へと1.0_伸びていました。

20210908buna_su_8y_02b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210830buna_su_8y_02b.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

20210821buna_su_8y_06.jpg
2021年8月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目

次は、観察中の冬芽です。

下写真:白い四角で囲った部分のさらに丸で囲った冬芽を6月12日から定期的に観察して長さを測定しています。

20210908buna_su_8y_01c.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目(冬芽の測定部分)

下写真:冬芽の長さは前回(8/30)の9.0_から10.0_へと9日間で1.0_長くなりました。
6/12:1.0_ → 6/22:1.5_ → 7/2:2.0_→7/12:3.0_→7/22:4.0_→8/1:5.0_→8/11:7.0→8/21:8.0_→8/30:9.0_→9/8:10.0_へと順調に成長が続いています。

20210908buna_su_8y_03.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さんの冬芽(長さ10.0_)

最後は幹の直径です。

(下写真)幹の直径はφ12.0_で8月11日以降、変化がありません。

20210908buna_su_8y_04.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生8年目 幹直径12.0_

【イヌブナとの比較】

下の写真には、実生から10年目、イヌブナの檀さんと一緒に撮影したものです。
(右上がブナの崇さんで左はイヌブナの檀さんです)
成長の違いはありますが、どちらも順調に成長を続けています。


20210908inubuna10y_dan_buna_su_8y.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん&ブナ実生8年目崇さん

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

ブナ日記【記録編】 2015年5月1日以降

posted by kusabanakan at 10:37| ブナ日記

2021年09月08日

イヌブナ日記(238)長雨、低温続くも冬芽10.5_に(2021.9.8)

(2012年5月に種から発芽した実生から10年目のイヌブナ成長日記です)

8月30日以来、9日ぶりの更新です。
8月下旬に残暑が厳しくなったものの、9月に入った途端、低温&雨(日照不足)の日々です。
昨日(9/7)は久しぶりに晴れとなりましたが、気温は18.4度までしか上がらずに平年値を-5.2度下回りました。
そればかりか、9月になってから20度を超えたことはまだありません。
日照時間も9月7日までの合計で9時間しかなく、日照不足となっています。

今日も午前中は何とか雨が降らずにいましたが、昼前から雨となり、午後は本格的に雨となりました。
(イヌブナの撮影は午前の早い時間帯に済ませました)

イヌブナの成長にもこの長雨と日照不足の影響があるのではないかと心配しましたが、測定してみると、冬芽がしっかりと成長していました。

20210908inubuna10y_an_dan_buna8y_su01b.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

20210830inubuna10y_an_dan_buna8y_su01.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生10年目の安さん、ブナ実生8年目の崇さん、イヌブナ実生10年目の檀さん

以下、安さんと檀さんの詳細です。

【イヌブナ安さん 実生10年目】

樹高は96aで前回(8/30)よりも1a低くなり、その分全体の幅が1a広くなっていました。
8月11日の樹高99aをピークに8/21:98a、9/30:97a、そして今回(9/8)96aと少1aづつ低くなってきました。
冬芽の成長で重量が増えて、枝がたわんできたのだろうと推測していますが、今回の場合、昨夜の雨で葉っぱが濡れて、その分重みが増していたかも知れません。

20210908inubuna10y_an_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(樹高96a、幅148a)

下の写真は前回(8/30)撮影です。

20210830inubuna10y_an_00.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(樹高97a、幅147a)

下写真:上から見た安さんです。

20210908inubuna10y_an_01.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん

下写真:冬芽の長さは前回(8/30)の9.5_から10.5_へと、この9日間で1.0_長くなりました。
6/12:1.0_ → 6/22:1.5_ → 7/2:2.0_→7/12:3.0_→7/22:4.0_→8/1:5.0_→8/11:6.0_→8/21:8.0_→8/30:9.5_→9/8:10.5_と着実に成長が続いています。

20210908inubuna10y_an_02.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(冬芽の長さ10.5_)

20210830inubuna10y_an_02.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん(冬芽の長さ9.5_)

下写真:幹の直径は18.0_で、7月22日以降変化がありません。

20210908inubuna10y_an_03.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 安さん 幹直径18.0_

【イヌブナ檀さん 実生10年目】

今回の測定でも樹高の変化はありませんでしたが、冬芽は順調に大きくなっていました。

20210908inubuna10y_dan_00.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高49a、幅74a)

下の写真は前回(8/30)撮影です。

20210830inubuna10y_dan_00.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん(樹高49a、幅74a)

下写真:上から見た檀さんです。

20210908inubuna10y_dan_01.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん

下写真:冬芽の長さは前回(8/30)の8.0_から10.0_へと、この9日間で2.0_も長くなっていました。
6/12:2.0_ → 6/22:2.0_ → 7/2:2.5_→7/12:3.0_→7/22:4.5_→8/1:5.0_、8/11:6.0_→8/21:7.0_→8/30:8.0_→9/8:10.0_となり、この天候不順の9日間で成長のペースが上がりました。

20210908inubuna10y_dan_02.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さんの冬芽(10.0_)

20210830inubuna10y_dan_02.jpg
2021年8月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さんの冬芽(8.0_)

下写真:イヌブナ檀さんとブナ崇さんのツーショットです。
左側の黄緑色の葉がイヌブナ檀さんで、右側の緑色の濃い方がブナの崇さんです。

20210908inubuna10y_dan_buna_su_8y.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目檀さん(左)&ブナ実生8年目崇さん(右上)

下写真:幹の直径は13.0ミリで、7月12日から変化がありません。

20210908inubuna10y_dan_03.jpg
2021年9月8日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん 幹直径13.0_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

イヌブナ日記【記録編】 2014年7月24日以降
 ↓↓↓

【姉妹ブログ:ブナ日記】

ブナの崇さんの成長記録を綴った姉妹ブログです

以上
posted by kusabanakan at 16:50| イヌブナ日記

2021(91)ユウスゲ最後のつぼみ、長さ26_(9/8)

昨日は貴重な晴れ日となりましたが、今日は朝から曇天で、昼前からは再び雨となりました。
相変わらず気温が低く、今日の最高気温は13.3度(17時まで)で、平年値を10.1度も下回りました。
ちなみに最高気温が13.3度というのは、本日の全国気象観測地点の中で4番目に低い気温でした(17時現在)。

のこり1つとなっているユウスゲのつぼみも、この寒さでは成長が鈍化。つぼみの長さは昨日の25.0_から26.0_へとわずか1_の成長と留まりました。つぼみの長さが5aくらいにならないと開花してくれないので、なんとか枯れずに成長を続けていってほしいと願います。

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
posted by kusabanakan at 16:44| ゆうすげ日記