2021年09月12日

2021(95)今年最後の一輪が開花!(9/12)

軽井沢草花館の庭のユウスゲは本日、今年最後の一輪が咲きました!

20210912ユウスゲ_地植04-1918.jpg
2021年9月12日 19:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(2021年最後の一輪)

今年は咲きはじめの7月10日から咲き終わりの9月12日まで、花期が2か月以上ありました。
開花総数は587輪で、過去最少だった昨年の288輪の約2倍。過去最多は2008年の2,939輪なので、それに比べると数は減っていますが、日々、少しづつでも咲いてくれていたので、とても楽しめました。
尚、今年開花数の一番多かったのは8月7日の30輪でした(下グラフ)。



2021ユウスゲ開花数グラフ02.jpg
上:2021年のユウスゲ開花を一日ごとに表したグラフ

軽井沢草花館では種から育てたユウスゲが2006年から咲いていて、開花数は2006-2021までの16年間で総数18,444輪となりました。
下のグラフは、16年間の合計数を一日ごとの変化としてあらわしたものです。
きれいな放物線のグラフになっていて、ビックリします。
一番たくさん咲くのは8月5日から8月7日となっていて、軽井沢では最も気温の高い頃と重なります。

2006-2021ユウスゲ開花数グラフ01.jpg
上:2006年から2021年までのユウスゲ開花数の合計を一日ごとに表したグラフ

以下は、本日最後の一輪が開花するまでの過程を撮影した写真です。

下写真:17時半を過ぎてようやく花びらが半分開きました。

20210912ユウスゲ_地植03-1734.jpg
2021年9月12日 17:35 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:16時になって、つぼみが開き始めました!

20210912ユウスゲ_地植02-1600つぼみ.jpg
2021年9月12日 16:00 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:15時20分につぼみの先端が割れ始めました!
この時点でつぼみの長さが67_になっていて、昨日の44_から23_も伸びていました。
一日でこれほど大きくなるとは予想外で、正直、今日は咲かないと思っていたので、驚きました。

20210912ユウスゲ_地植01-1521つぼみ.jpg
2021年9月12日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:昨日(9/11)の状態です。

20210911ユウスゲ_地植01-1556つぼみ.jpg
2021年9月11日 15:55 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

以下、9月3日までさかのぼったつぼみの成長記録です。

20210910ユウスゲ_地植01-1610つぼみ.jpg
2021年9月10日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210909ユウスゲ_地植01-1511つぼみ.jpg
2021年9月9日 15:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210908ユウスゲ_地植01-1604つぼみ.jpg
2021年9月8日 16:05 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210907ユウスゲ_地植01-1550つぼみ.jpg
2021年9月7日 15:50 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210906ユウスゲ_地植01-1518つぼみ.jpg
2021年9月6日 15:20 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210905ユウスゲ_地植04-1341つぼみ.jpg
2021年9月5日 13:40 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210904ユウスゲ_地植01-1612つぼみ.jpg
2021年9月4日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)

20210903ユウスゲ_地植01-1515つぼみ.jpg
2021年9月3日 15:15 軽井沢草花館 ユウスゲ(今年最後のつぼみ)
続きを読む
posted by kusabanakan at 20:43| ゆうすげ日記

駐車場、イロハモミジ秋めく&ススキ、ワレモコウ、ヤマハギ、オミナエシ等美しく(2021.9.12)

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジ。
9月に入って夏の緑から、ほんのりと赤みを帯びた緑へと変わってきました。
紅葉シーズンにはまだ1か月以上早いものの、しっかりと秋の気配を感じる季節になりました。

20210912museum-irohamomiji01.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 イロハモミジ

また、軽井沢草花館の庭ではワレモコウが見ごろの状態となり、その他、ススキ、オミナエシ、キキョウといった秋の七草もきれいな状態です。

20210912museum-waremokou.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ワレモコウ

20210912museum-susuki01.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ススキの穂

20210912museum-susuki02.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ススキの穂の拡大

下写真:オミナエシも長い期間咲いてくれています。現在、花びらの8割くらい散ってしまっていますが、種になる部分は鮮明な黄色が残り、咲いているように見えます。

20210912museum-ominaeshi_yamahagi.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 オミナエシ(背景のピンクはヤマハギ)

20210912museum-hiyodoribana.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 ヒヨドリバナ

下写真:今年もたくさんのキキョウが咲きましたが、ほぼ咲き終わりとなりました。

20210912museum-kikyou.jpg
2021年9月12日 軽井沢草花館 キキョウ
posted by kusabanakan at 16:21| 草花館日記

カラスvsアスター(207)

カラスvsアスター(207)

カラス&アスター386ブログ済.jpg
第386(ショッパーでの連載番号)

第2、第4日曜日に再連載

※カラスvsアスターは、石川功一がペンネーム”石川エカ”として描いていた4コマ漫画で、1972年10月から1991年2月までの19年半にわたって、東京新聞の週刊地方版「ショッパー」で掲載されました。2013年4月4日より、小さな美術館軽井沢草花館のブログ「ゆうすげ日記」にて再連載。第2、第4日曜日に更新。
posted by kusabanakan at 00:00| カラスvsアスター