2021年11月08日

マツブサ日記(33)房の実が濃い紫色に(2021.11.8)

3年前(2018)、絡みついていた木の倒木でダメージを受けたマツブサの観察日記です。
前回10月14日以来、25日ぶりの更新です。

この25日間で実の色には変化が感じられませんでしたが、粒状の実の数が減っていました。鳥か小動物にでもに食べられたのでしょうか?
また、秋が深まって、葉の色が黄色みを帯びてきました。
※マツブサは軽井沢に多く自生するチョウセンゴミシと同じマツブサ科の植物で、チョウセンゴミシの実とよく似ていますが、赤色のチョウセンゴミシに対して、マツブサは濃紫です。

下写真:前回(10/14)から実そのものに変化は感じられませんでしたが、実の数が減りました。

20211108jisei-matsubusa01.jpg
2021年11月8日 軽井沢 自生地のマツブサ 実(6粒)

下の写真は前回10月14日のときの状態です。この時は10粒の実がありましたが、11月8日は6粒しかありませんでした。

20211014jisei-matsubusa02.jpg
2021年10月14日 軽井沢 自生地のマツブサ 実(10粒)

下の写真は前回9月29日のときの状態です。この時は、まだ薄い紫色でした。

20210929jisei-matsubusa02.jpg
2021年9月29日 軽井沢 自生地のマツブサ 実(11粒)

下の写真は前々回9月13日のときの状態です。実の色はシャインマスカットのような薄い緑色でした。

20210913jisei-matsubusa02.jpg
2021年9月13日 軽井沢 自生地のマツブサ 実

下写真は、全体の様子で、マツブサの房は中央に見えます。全体的に葉っぱが黄色みを帯びてきました。

20211108jisei-matsubusa02.jpg

2021年11月8日 軽井沢 自生地のマツブサ 実

20211014jisei-matsubusa01.jpg
2021年10月14日 軽井沢 自生地のマツブサ 実
posted by kusabanakan at 16:46| マツブサ日記

駐車場、イロハモミジ紅葉、落葉して赤いじゅうたん(2021.11.8)

軽井沢草花館の駐車場にあるイロハモミジ。

例年に比べてゆっくりと進んでいた紅葉は11月3日頃をピークに散り始め、現在8割くらいの葉が落ちました。
赤く染まった葉が地面に落ちて、赤いじゅうたんを敷いたようになりました。

20211108museum-irohamomiji01.jpg

2021年11月8日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211108museum-irohamomiji02.jpg
2021年11月8日 軽井沢草花館 屋内から望むイロハモミジ

下写真:3日前(11/5)撮影です。3日ころから散り始めていましたが、きれいな状態が長く続きました。
以下、11/5からさかのぼって10/22まで2週間における紅葉変化です。

20211105museum-irohamomiji01.jpg
2021年11月5日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211103museum-irohamomiji01re.jpg
2021年11月3日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211102museum-irohamomiji01.jpg
2021年11月2日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211101museum-irohamomiji01.jpg
2021年11月1日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211031museum-irohamomiji01.jpg
2021年10月31日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211028museum-irohamomiji01.jpg
2021年10月28日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211025museum-irohamomiji01.jpg
2021年10月25日 軽井沢草花館 イロハモミジ

20211022museum-irohamomiji01.jpg
2021年10月22日 軽井沢草花館 イロハモミジ
posted by kusabanakan at 16:33| 草花館日記