2022年05月30日

イヌブナ日記(251)葉っぱしっかりと固く&虫喰い

(2012年5月に種から発芽した実生から11年目のイヌブナ成長日記です)

前回5月16日以来、2週間ぶりの更新です。
この2週間で、やわらかかった新緑の葉っぱがしっかりと固い葉っぱへと変化しました。
ただ、葉っぱの色はまだうす緑色をしていてやさしい印象です。
また、一部の葉っぱが虫に喰われましたが、今日現在深刻な状態ではなく、毎年のことなので、あまり心配していません。

20220530inubuna11y_an_dan_buna9y_su01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生11年目の安さん、ブナ実生9年目の崇さん、イヌブナ実生11年目の檀さん

下の写真は前回5月16日に撮影したものです。葉っぱのボリュームはそれほど変わっていないように見えますが、安さん、檀さんともに、斜めに傾いている枝が上方向に立ち上がってきていて、樹高が3a高くなっていました。

安さんの樹高:5月16日=90a → 5月30日=93a
檀さんの樹高:5月16日=48a → 5月30日=51a

20220516inubuna11y_an_dan_buna9y_su01.jpg
2022年5月16日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生11年目の安さん、ブナ実生9年目の崇さん、イヌブナ実生11年目の檀さん

20220507inubuna11y_an_dan_buna9y_su01.jpg
2022年5月7日 軽井沢草花館
左から イヌブナ実生11年目の安さん、ブナ実生9年目の崇さん、イヌブナ実生11年目の檀さん

【イヌブナ安さん 実生11年目】

下写真は上から見た安さんです。

20220530inubuna11y_an_01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん

下の写真は前回5月16日に撮影です。こうやって比べると、この2週間で、葉っぱがしっかりと開いて、密度が高くなっています。

20220516inubuna11y_an_03jpg.jpg
2022年5月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん

20220507inubuna11y_an_01.jpg
2022年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん

下写真:一部の葉っぱが虫に喰われました。
虫の喰われ方にもいくつかのパターンがあって、下のパターンは小さな穴が開くもの。
※葉っぱのサイズは前回と同様、大きなもので長さ8セaくらい。

20220530inubuna11y_an_02.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん 虫喰い(その1)

下写真:葉っぱがかじられて、半分だけなくなってしまったもの。

20220530inubuna11y_an_03.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん 虫喰い(その2)

下写真:幹の直径は18.0_で、7月22日以降変化がありません。

20220530inubuna11y_an_04.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 安さん 幹直径18.0_

【イヌブナ檀さん 実生11年目】

下写真は上から見た壇さんです。
前回(5/16)に比べると、葉っぱが開いて全体のボリュームが増しましたが、安さんに比べると葉っぱのサイズは小ぶりです。
鉢のサイスが小さいので、栄養不足の面もあるかもしれません。水やりは毎日欠かさず行っています。

20220530inubuna11y_dan_01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 檀さん

下写真は前回(5/16)撮影です。

20220516inubuna11y_dan_01.jpg
2022年5月16日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 檀さん

20220507inubuna11y_dan_01.jpg
2022年5月7日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 檀さん

下写真:安さんと同様、一部の葉っぱが虫に喰われました。
この葉っぱの喰われ方は、細長い穴が開いていて、安さんの喰われ方と少し違うような気がします。
「犯人は誰だ!」と葉っぱの両面を探してみたりしますが、すでに逃げてしまっていてわかりません…
※葉っぱのサイズは前回と同様、大きなもので長さ6セaくらいで、安さんに比べて全体的に小ぶりです。

20220530inubuna11y_dan_02.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生11年目 檀さん 虫喰い 

下写真:幹の直径は13.0ミリで、昨年(2021)の7月12日から変化がありません。

20220530inubuna11y_dan_03.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 イヌブナ実生10年目 檀さん 幹直径13.0_

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

イヌブナ日記【記録編】 2014年7月24日以降
 ↓↓↓

【姉妹ブログ:ブナ日記】

ブナの崇さんの成長記録を綴った姉妹ブログです

以上
posted by kusabanakan at 21:14| イヌブナ日記

ナンバンハコベ日記(21)まっすぐ上に31a(20220530)

前回5/3以来23日ぶりの更新です。

20220530nanbanhakobe01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 プランター&鉢植え×2 ナンバンハコベ(共に20210503種まき)

去年(2021)の5月3日に種まきしてから2年目をむかえているナンバンハコベですが、昨年以上にすくすくと成長しています。
ただし、小さな鉢で育っているものは成長が遅く、環境によって成長に大きな差が出ています。

※去年の5月3日に小さな鉢に種をまいて発芽させたものですが、あまりにもたくさん芽が出たため、5月28日に鉢植え1つから2つに分散。さらに6月7日にプランタにも分散させ、以降、鉢×2、プランター×1で成長の観察を続けています。

【プランターのナンバンハコベ】

上に向かって茎が伸び、最大草丈は31aです。去年はこれほど上に伸びることはなく、20aを超えたくらいで横に伸び始めていました。他の植物に寄りかかって伸びていくような性質の植物なので、今後の変化が楽しみです。
うまくいくかどうかはわかりませんが、テラスのデッキに設けている「緑のカーテンに寄りかかって成長してくれたらいいな」とも思っています。

20220530nanbanhakobe_planter01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 プランター ナンバンハコベ(共に20210503種まき)

【鉢植え×2のナンバンハコベ】

鉢植えで育てて2年目のナンバンハコベはプランターで2年目の苗よりも成長がだいぶ遅れています。
草丈では、プランターは最大31aなのに対して、鉢植えでは深緑の鉢で20a、白い鉢で8aです。
鉢だと小さすぎるのか? あるいは密度が高すぎるのか? 理由ははっきりとわかりませんが、成長にかなりの差が出ています。

20220530nanbanhakobe_pot01.jpg
2022年5月30日 軽井沢草花館 鉢植え×2 ナンバンハコベ(共に20210503種まき)
posted by kusabanakan at 14:24| ナンバンハコベ日記