2022年08月08日

2022(53)ユウスゲ開花20輪(8/8)

今日は日中29.5度まで気温が上がって、残暑厳しい一日となりました。

軽井沢草花館の庭に咲いたユウスゲは20輪でした。
昨日の時点で残りのつぼみが100くらいだったので、このペースで咲き続けてしまうと早い時期に咲き終わってしまいそうですが、つぼみの状態を見る限りあと1週間くらいは咲き続けそうです。開花数は減っていきそうです。

20220808yusugeA01_1612.jpg
2022年8月8日 16:10 軽井沢草花館 ユウスゲ 

20220808yusuge_pot01_1615.jpg
2022年8月8日 16:15 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え(種から育てて5年以上)
posted by kusabanakan at 16:49| ゆうすげ日記

緑のカーテン2022(9)うっすら黄葉(8/8)

前回7月23日以来、16日ぶりの更新です。
++++++++++++++++++
軽井沢草花館の緑のカーテンは2011年から始めて、この春で12年目のシーズンとなります。
テラスの軒にネットを這わせ、軽井沢に自生するつる性植物(ノブドウ、ウチワドコロ、ヤマノイモ、ツルガシワ、チョウセンゴミシ、イケマ)を緑のカーテンとして利用して、楽しんでいます。
草花館の場合、緑のカーテンとして熱や日射を遮る効果よりも、ガーデニングとしての楽しみや、視覚的な癒しの効果のほうが恩恵を得ています。
++++++++++++++++++

以下、本日(8/8)、及び(8/1)の様子です。

下写真:8月に入ったころから葉っぱの状態に変化がみられ、うっすら黄葉しはじめました。見た目にもすこし色がくすんだようになって、緑のカーテンは秋に差し掛かったようです。
現在、ヤマノイモがつるを伸ばし続けていますが、その他のウチワドコロ、ヤマブドウ、イケマにおいては成長がみられません。
また、今年花を咲かせたつる植物は、例年通りウチワドコロがたくさん花を咲かせたものの、今のところ雄花ばかりで、実をつける雌花の開花がみられません。
他では、5月〜6月にチョウセンゴミシがわずかに開花したものの。実は付きませんでした。イケマ、ヤマブドウはつぼみを付けることもなく開花しませんでした。

20220808midori01.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下写真は1週間前に撮影したものです。

20220801midori01.jpg
2022年8月1日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回、16日前の状態です。

20220723midori01.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は本日撮影で、違う角度からの一枚です。

20220808midori02.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 緑のカーテン

下の写真は前回、16日前の状態です。

20220723midori02.jpg
2022年7月23日 軽井沢草花館 緑のカーテン
posted by kusabanakan at 16:40| 緑のカーテン

ノハラアザミ&シュロソウ咲く(2022.8.8)

数日前から軽井沢草花館の庭でノハラアザミとシュロソウが咲き始めました。また、すでに咲き始めているレンゲショウマが2分咲程度になりました。こちらは満開になるまであと1週間くらいはかかりそうです。

【ノハラアザミ】

軽井沢の夏を代表する花のひとつかもしれません。山地でも町中でもよく見られます。
おおむね7月終わりころから咲き始め、「晩夏の花」という印象の強い花です。
花期が比較的長く9月に入ってからも咲いています。

20220808museum-nohara_azami.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 ノハラアザミ

【シュロソウ】

気品のある美しい花です。今年もきれいに咲いてくれました。
8月に入ってから咲き始め、今が見ごろの状態です。

20220808museum-syuroso01.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 シュロソウ

20220808museum-syuroso02.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 シュロソウ

【レンゲショウマ】

まだ大半がつぼみの状態ですが、次々に花が開いてきました。

2022080101rengeshouma.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 レンゲショウマ
posted by kusabanakan at 15:33| 草花館日記

ヒオウギ日記(16)植え替えから約2週間(2022.8.8)

ヒオウギを種から育てて観察しています。

前回(7/26)、植木鉢(直径20a)→プランター(幅60a)、小さなプランター(24a×11a)→鉢植え(直径20a)というふうに、少し大きなものに植え替えてから13日経ちました。
元気がなくなったり、枯れてしまうのではないかと心配しましたが、特に問題らしいところもみられず、植え替えは成功したようです。

20220726hiougi00植え替え.jpg
2022年7月26日 軽井沢草花館 ヒオウギ

成長に関しては、全体的に軽微なものでしたが、唯一2年目となる苗が草丈を3a伸ばしていました。

1.植木鉢(直径20a)→プランター(幅60a)
苗の成長はほとんどみられず。

2.小さなプランター(24a×11a)→鉢植え(直径20a)
5本の苗のうち1本だけ24a→27aと大きな成長がみられました。おそらくその1本は昨年、唯一発芽して、今年2年目となる苗ではないかと思います。

下の写真は、本日撮影です。葉っぱが生き生きと元気です。草丈は前回(7/26)とほとんど変わっていませんでしたが、鉢植えCの1株だけが草丈24a→27aと3a高くなっていました。

20220808hiougi01.jpg
2022年8月8日 軽井沢草花館 植え替えしたヒオウギ
上プランター:2021年8月25日 14粒種まき 下鉢:2021年3月28日 13粒種まき

下の写真は前回(7/26)撮影です。

20220726hiougi02植え替え後.jpg
2022年7月26日 軽井沢草花館 植え替えしたヒオウギ
上プランター:2021年8月25日 14粒種まき 下鉢:2021年3月28日 13粒種まき
posted by kusabanakan at 15:15| ヒオウギ日記