2022年08月13日

2022(57)雨の中、ユウスゲ開花6輪(8/13)

今日は台風8号の影響で朝から曇天、昼に雨となり、その後いったん止んだものの夕方からは再び雨となりました。
雨粒に濡れながらもユウスゲは6輪開花しました。

20220813yusugeB01_1618.jpg
2022年8月13日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

20220813yusugeC01_1618.jpg
2022年8月13日 16:20 軽井沢草花館 ユウスゲ

下写真:鉢植えのユウスゲです。鉢を軒下に置いていたため、雨にぬれずに開花しました。

20220813yusugeA01_1616.jpg
2022年8月13日 16:15 軽井沢草花館 ユウスゲ 鉢植え(種から育てて5年以上)
posted by kusabanakan at 16:53| ゆうすげ日記

秋の5+1草咲く(2022.8.13)

本日、軽井沢草花館の庭でヤマハギが咲き始めました。毎年お盆のころに咲いて、晩夏の印象が強い花ですが、万葉集の中では秋の七草のひとつです。

秋の七草は、万葉集で山上憶良が読んだ歌2首
「秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数(かぞ)ふれば 七種(ななくさ)の花」
「萩の花 尾花(おばな)葛花(くずばな) なでしこの花 女郎花(おみなえし)また藤袴 朝貌(あさがお)の花」
がもとになっていて

1.ハギ(萩)、2.尾花→ススキ(薄)、3.クズ(葛)、4.ナデシコ(撫子)、5.オミナエシ(女郎花)、6.フジバカマ(藤袴)、7.朝顔→キキョウ(桔梗)の7種の花とされています。

7種の花のうち、軽井沢草花館の庭で5プラス1種がみられます。プラス1はヒヨドリバナで、軽井沢では自生しないフジバカマの代用とします。残りはクズの花ですが、軽井沢草花館の庭では自生がなく、代用できる草花も思いつかないので省略します。

20220813museum-yamahagi.jpg
1.ハギ→ヤマハギ 2022年8月13日 軽井沢草花館 咲き始め

20220813museum-susuki.jpg
2.オバナ→ススキ 2022年8月13日 軽井沢草花館 咲く前(まだ穂が出てきていません)

3.クズ:軽井沢草花館では生息しておらず省略。

20220813museum-ezokawaranadeshiko.jpg
4.ナデシコ→エゾカワラナデシコ 2022年8月13日 軽井沢草花館 花期終盤

20220813museum-omnaeshi.jpg
5.オミナエシ 2022年8月13日 軽井沢草花館 見頃

20220813museum-hiyodoribana.jpg
6.フジバカマ→代用でヒヨドリバナ 2022年8月13日 軽井沢草花館 見頃

20220813museum-kikyo.jpg
7.アサガオ→キキョウ 2022年8月13日 軽井沢草花館 見頃も散り始め
posted by kusabanakan at 14:43| 草花館日記