2022年08月20日

2022(64)ユウスゲ日記1000回目、雨の中、開花2輪(8/20)

軽井沢草花館の庭で育てているユウスゲの成長記録をつづっている、本ブログ「ゆうすげ日記」が今日で1000回目となりました。
第1回目は2011年7月1日なので、12年かけての達成です。引き続き、ユウスゲの生長記録として続けます。よろしくお願いします。

ゆうすげ日記 第1回目 「軽井沢草花館のゆうすげ日記始めます 2011年7月1日」


さて、今日は午後から雨が降り始め、ユウスゲの咲く時間帯になっても降り続けました。
雨の中、軽井沢草花館に庭でユウスゲが2輪開花しました。

20220820yusugeA01_1628.jpg
2022年8月20日 16:30 軽井沢草花館 ユウスゲ

20220820yusugeB01_1734.jpg
2022年8月20日 17:30 軽井沢草花館 ユウスゲ
posted by kusabanakan at 20:16| ゆうすげ日記

マツヨイグサ咲く(2022.8.20)

早朝、外に出ると、美しい黄色い花が目に留まりました。マツヨイグサでした。
この花は、南米原産で、日本に観賞用として渡来してきた帰化植物です。
夜に咲き、翌日しぼんでしまう一日花。その点では、ユウスゲの花と共通します。

マツヨイグサは他にもメマツヨイグサやオオマツヨイグサ、コマツヨイグサなどの種類がありますが、どれも帰化植物で日本の在来種ではありません。繁殖力が強く、他の在来植物の成長を妨げてしまうものが多いので、人為的に栽培するのは絶対に避けたい植物です。軽井沢町内でもマツヨイグサの仲間が帰化していて、空き地などでよく見かけますが、敷地内を圧倒的に支配していることがあります。今朝見たマツヨイグサは、かわいそうですが実が付く前に駆除します。

20220820museum-mematsuyoigusa01-0549.jpg
2022年8月20日 5:50 軽井沢草花館 マツヨイグサ(アカネ科)

20220820museum-mematsuyoigusa02-0550.jpg
2022年8月20日 5:50 軽井沢草花館 マツヨイグサ(アカネ科)

下写真は日中になってしぼんでしまった花(曇/雨の天気で比較的きれいな状態)

20220820museum-mematsuyoigusa03-1505.jpg
2022年8月20日 15:00 軽井沢草花館 マツヨイグサ(アカネ科)
posted by kusabanakan at 15:58| 草花館日記

ブナ日記(218)夏の芽吹きからの枝にも冬芽(8/20)

(2014年春に種から発芽し、今年で9年目をむかえたブナ(崇さん)の成長記録です)

8月12日以来、8日ぶりの更新です。

6月1日に枯れ枝を剪定して、その後は目立った変化がなかったのですが、7/10頃から剪定した枝の切り口付近から新たな芽吹きが始まりました。そして、現在、芽吹いた葉っぱの成長は落ち着いたようですが、枝から冬芽が付くようになりました。

下写真:大きさはこの8日間でほとんど変わりませんが、樹高が27.5aで前回(8/12)より0.5a高くなりました。
また、7月から芽吹いた葉っぱの色が5月に芽吹いた色の違いが大きく異なりますが、徐々に差が小さくなってきています。

20220820buna_su_9y_00b.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高27.5a

20220812buna_su_9y_00b.jpg
2022年8月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高27a

20220804buna_su_9y_00b.jpg
2022年8月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高26a

20220728buna_su_9y_00b.jpg
2022年7月28日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高26a

20220721buna_su_9y_00a.jpg
2022年7月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高25a

20220713buna_su_9y_00aa.jpg
2022年7月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高23a

下の写真は、夏の芽吹きが始まった頃(7/3)の状態です。

20220703buna_su_9y_00.jpg
2022年7月3日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 樹高21a

下写真:上から見た崇さんです。7月以降に芽吹いた上部の葉っぱが、徐々に濃くなってきました。

20220820buna_su_9y_01.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下の写真は前回8/12撮影です。

20220812buna_su_9y_01.jpg
2022年8月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

20220804buna_su_9y_01.jpg
2022年8月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下の写真は7/28撮影です。赤茶色から緑色への変わり目でした。

20220728buna_su_9y_01.jpg
2022年7月28日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下の写真は7/21撮影です。新たに芽吹いた葉っぱは赤茶色でした。

20220721buna_su_9y_01.jpg
2022年7月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下の写真は夏の芽吹きが始まった頃の7/13撮影です。葉っぱが1aにも満たないような小さなもので目立っていません。

20220713buna_su_9y_01.jpg
2022年7月13日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下写真:斜め上から撮影の一枚です。枝の成長は前回からほとんど動きがなく、落ち着いてきました。

20220820buna_su_9y_02.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

20220812buna_su_9y_02.jpg
2022年8月12日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

20220804buna_su_9y_02.jpg
2022年8月4日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

20220728buna_su_9y_02.jpg
2022年7月28日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

20220721buna_su_9y_02.jpg
2022年7月21日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下写真:上からの一枚です。

20220820buna_su_9y_03.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目

下写真:5月に芽吹いた枝からでた冬芽は長さが6.5_で前回(8/12)よりも1.0_長くなっていました。

20220820buna_su_9y_04.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 冬芽長さ6.5_(5月芽吹き)

上の写真の冬芽の対象になっているのは、下の写真の5月芽吹きの冬芽です。

20220820buna_su_9y_01b.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 

一方、7月に芽吹きが始まった枝からも冬芽が付き始めました。上写真の7月芽吹きの部分の拡大が下の写真です。長さは4_で、5月芽吹きの冬芽よりも小さいですが、今後年内にどこまで成長するのか興味深いです。

20220820buna_su_9y_06.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 冬芽長さ4.0_(7月芽吹き)

下写真:幹の直径はφ14.0_で、前回(8/12)と同じでした。

20220820buna_su_9y_05.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 ブナの崇さん 実生9年目 幹直径14.0_

(参考)下の写真は鉢植えで11年目をむかえたイヌブナの壇さん(左)と9年目のブナの崇さん(右上)です。
葉っぱの色やサイズに大きな違いがみられます。

20220820buna_su_9y-dan_11y-b.jpg
2022年8月20日 軽井沢草花館 イヌブナ檀さん(実生11年目)とブナ崇さん(実生9年目)

【成長記録】以下のリンク先に移動しました。

posted by kusabanakan at 14:40| ブナ日記