2014年10月11日

【展示紹介】サルマメの実 10月15日(水)より

現在、会期中の「石川功一の描き残した軽井沢の草花たち(4)」は10月13日(月)までで終了です。
火曜日の休館(展示替)を挟んで、10月15日(水)より、展示内容が変わります。

====================
石川功一の描き残した軽井沢の草花たち(5)
秋の木の実を中心とした水彩スケッチと油彩画計47点を展示予定

2014年10月15日(水)~2014年11月24日(月)
10:00~17:00
火曜日休館
会場:小さな美術館軽井沢草花館
====================

以下に15日から展示予定の作品より、サルマメの実を紹介します。
樹高20~50aの落葉小低木。
軽井沢では6月頃に花が咲き、10月以降には赤い実を付けます。
作品と共に展示されるエッセーには石川曰く、「ルビーのような…」と表現しています。

sarumame01.jpg
石川功一 水彩スケッチ サルマメの実 2003年11月1日

sarumame02.jpg
写真:2012年11月20日撮影 軽井沢 サルマメの実

サルマメの他、ナナカマド、ミズキ、カンボクなど木の実の作品が多く並びます。
posted by kusabanakan at 21:44| 展示紹介